ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiとは?失敗しない選び方とおすすめまで解説

ポケットWi-Fiという便利な商品をご存知でしょうか?

きっと多くの人が、

「なんとなくわかるけど具体的に何かよくわからない」

と感じているんじゃないかと思います。

ポケットWi-Fiとか、WiMAXとか、モバイルルーターとか、ワイモバイルとか…

これらはなんとなく似たような商品、機器だということは分かってもそれぞれ何が違うのか具体的に説明出来る人は少ないです。

本ページではこれらの用語のそれぞれの使い分けとポケットWi-Fi自体のメリットとデメリット、おすすめのポケットWi-Fiについて解説します。

小林
小林
わいふぁいとか全然わからない僕でもわかるようになりますか…?

ねとみ
ねとみ
これを読めばきっとわかりますよ^^

ポケットWi-Fiのオススメはこちら

ポケットWi-Fiとは

ポケットWi-Fiは簡単に言えばモバイルWi-Fiルーター(単にモバイルルーターと呼ぶこともある)のことです。

写真だとこんな感じです。左上は新機種のWiMAX。下は旧タイプのWiMAX。右は手持ちのスマホを大きさがわかるように置いてみました。

このポケットサイズの機器を持ち運ぶことで、どこでもWi-Fi接続ができるので「ポケットWi-Fi」と呼ばれるようになりました。

厳密には違うんですが、世間の認識がそうなっているのでその認識でOKです(※詳細は後述)。

小林
小林
厳密には違う…???
ねとみ
ねとみ
詳しくは後で解説しますよ。

モバイルルーターとは何か?ということですが、モバイルルーターは「持ち運びが出来る無線タイプのインターネット」という解釈でOKです。

  • ポケットWi-Fi=モバイルWi-Fiルーター
  • モバイルWi-Fiルーター=持ち運べるインターネット

すなわちポケットWi-Fiは持ち運びが出来る無線タイプのインターネットのことです。

 

上述したWiMAXやワイモバイル等はポケットWi-Fiを提供する事業者及び回線そのものの名称です。ちなみにポケットWi-Fi(モバイルルーター)は携帯電話でお馴染みのドコモやSoftbankも提供しています。

名称 解説
ポケットWi-Fi モバイルルーターのこと。
持ち運びが出来るインターネット。
モバイルルーター 持ち運びが出来るインターネット。
WiMAX ポケットWi-Fi提供業者であり、回線の名称でもある。
ワイモバイル ポケットWi-Fi提供業者であり、回線の名称でもある。
以前はイーモバイルという会社名だった。

※ポケットWi-Fiの名前の由来

ポケットWi-Fiという用語は現在持ち運びが出来る無線のインターネット、モバイルルーターを指していることが多いですが、厳密にはポケットWi-Fiとモバイルルーターは違います。

ポケットWi-Fiは元々ワイモバイルの商品名(商標)で、ワイモバイルが提供するモバイルルーターの名称がポケットWi-Fiと呼ばれるサービスです。

なので他社が提供するモバイル回線、例えばWiMAXやドコモのデータ通信サービス等は厳密にはポケットWi-Fiではありません。

ただ、ワイモバイル(以前はイーモバイルという会社だった)が先行して提供した持ち運びが出来るインターネット回線、ポケットWi-Fiが広く普及したため同様のサービスをポケットWi-Fiと呼称する人が増えました。

今ではポケットWi-Fi=モバイルルーターと解釈されることが基本なのでシャワートイレをウォシュレット(TOTOの商標)とと同じようなものかなと思ったりもするわけですが、元業界関係者だった身としては、テレビゲーム機をすべてファミコンと呼ばれるくらいの違和感が未だ拭えないでいます。

ポケットWi-Fiの具体的な使い方

下の画像がポケットWi-Fi(モバイルルーター)です。

だいたい今のスマートフォンよりも一回り小さいくらいの携帯用の通信機器です。ポケットWi-Fiには様々な種類があります(下画像参照)。

モバイルルーター ワイマックスクレードル

この装置で無線のインターネットを受信して、そこから更に無線で所持しているスマホやタブレット、ノートパソコンをインターネットに繋ぎます。

下の画像のようなイメージです。

モバイルルーター

「契約して電波を受信」とあるようにポケットWi-Fiは通信業者と回線契約して月額料金を支払って利用します。

その契約先としてWiMAXやワイモバイル、ドコモ、Softbank等があるわけです。

家でも外でもインターネットが使える

ポケットWi-Fiの最大のメリットは、なんといっても外でインターネットが使えることでしょう。

カフェなどにWi-Fiが増えてきたと言われていますが、まだまだ普及しているお店は多いとは言えませんし、回線速度もかなり不安定なのが現状です。パソコンを使うためにカフェに入ったのに、いざWi-Fiに繋いでみたら遅くて使い物にならなかった…。なんてことで時間を無駄にしかねません。

ポケットWi-Fiがあることで、Wi-Fiのあるお店を探す必要もなく、どこでもパソコンを利用できます。

また、パソコンだけでなく、タブレット機器やゲーム機、スマートフォンにも接続できます。

Wi-Fi設定、接続もとても簡単

ポケットWi-FiはWi-Fi接続がとても簡単で気軽に使えることが最大のメリットです。

端末(Wi-Fiルーター)でWi-FiのSSIDとパスワードを確認して、スマホやタブレット、PCでパスワードを入力するだけ。

慣れれば30秒ほどでWi-Fiが利用出来るようになります。

下の動画はポケットWi-Fiとして人気のあるWiMAXのWi-Fi接続方法をiPhoneを使って解説しています。

 

ポケットWi-Fiの失敗しない選び方

ここまで読んでいただければなんとなくポケットWi-Fi(モバイルルーター)が何なのかが分かってきたと思います。

ポケットWi-Fiには先述した通りWiMAXやワイモバイル等が提供しており、これらは自社でそれぞれの通信網を持っています。

携帯電話業界で言うならドコモ、au、ソフトバンクと同じようなイメージです。

そのドコモやau、ソフトバンクの自社のLTE回線を利用して各社ポケットWi-Fiを提供してるため、現在日本にはポケットWi-Fiの種類がたくさんあります。

「どれを選んでいいか全然わからない…」

というのが現状かと思います。

ここからは「失敗しないポケットWi-Fi」について解説します。

ポケットWi-Fiは大きくわけて3種類

ポケットWi-Fiは様々会社がたくさんのプランを提供していますが、現在販売されているポケットWi-Fiは、

  • ドコモ回線のWi-Fi
  • ソフトバンク回線のWi-Fi
  • WiMAX回線のWi-Fi

の3つにわかれます。

現状ではWiMAX回線のWi-Fiがおすすめです。

回線種別 名称 提供会社
ドコモ
(クロッシィ)
ドコモデータ通信端末 ドコモ
スマモバ スマートモバイルコミュニケーションズ
オンリーモバイル レジェンド
ソフトバンク
(+ワイモバイル)
ソフトバンクデータ通信端末 ソフトバンク
ワイモバイルデータ通信端末 ワイモバイル
yahoo Wi-Fi yahooBB
WiMAX WiMAX UQコミュニケーションズ及び各プロバイダ
ドコモ
au
ソフトバンク
(トリプルキャリア)
どんなときもWi-Fi グッド・ラック

ドコモLTE(クロッシィ)系のWi-Fi

ドコモが提供しているクロッシィを利用したポケットWi-Fiで、エリアが圧倒的に広く安定しているのが特徴です。

ドコモ自体が自社でポケットWi-Fi(モバイルルーター)の販売も行っていますが、それ以外にもスマモバやプレミアモバイル、オンリーモバイル等知名度の低い業者が販売しているケースもあります。

ドコモ回線のポケットWi-Fiについては下記ページで詳しくまとめています。

ドコモのポケットWi-Fiの料金プラン、メリットとデメリットを分かりやすく解説する大手キャリアのドコモは携帯電話の他、ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)も取り扱っています。 料金プランが分かりにくく...

ワイモバイル、ソフトバンク系

ワイモバイルは元々はイーモバイルという会社で、ソフトバンクが買収して社名が変更されました。ちなみにワイモバイルはY!mobileと表記し、ソフトバンクが提供しているYahoo!のモバイルを意味しています。

旧イーモバイルはソフトバンクに吸収される前はドコモ、au、ソフトバンクに次いで第4位の無線通信会社でした。

イーモバイルはまだスマホやタブレットが普及する前からこのポケットWi-Fiを提供しており、独自に通信網を持っていました。

現在はワイモバイルが事業を引き継ぎ、親会社であるソフトバンクの回線も利用したポケットWi-Fiを提供しています。

softbankもまた自社でポケットWi-Fiを販売しており、softbankのエリアとワイモバイルのエリアをカバーしたものを提供しています。

ソフトバンクのポケットWi-Fiは買いか?料金プラン等解説携帯電話のイメージが強いソフトバンクですが、実はポケットWi-Fi(モバイルデータ端末)も扱っています。 「ソフトバンクのポケット...

WiMAX及びau

WiMAXはドコモ、au、ソフトバンクとは全く別の独自回線です

WiMAXはUQコミュニケーションズという通信会社が提供しています。ちなみにUQコミュニケーションズはauの関連会社なのでauが扱っているポケットWi-Fi(モバイルルーター)はWiMAXとなります。

※auの公式サイトでWiMAXが提供されている

WiMAXについての詳細はWiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説にて詳しく解説していますが、au関連会社のUQコミュニケーションズという会社が提供しています。

販売はUQコミュニケーションズの他、so-netやビッグローブ、GMO等プロバイダ業者が行っています。ちなみに私はso-netでWiMAXを購入しました。

参考記事:評判が良かったso-netのWiMAXを契約してみたので申込方法等解説

WiMAXはポケットWi-Fiの中でも回線速度が速く、速度制限も非常に緩い(月間では無制限のプランもある)ため最も人気があります。

また新規申込によってキャッシュバック等のキャンペーンを得られるのもこのWiMAXだけです。

WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことまとめ無線のインターネットとして人気のあるWiMAX。 WiMAXはauショップや家電量販店などで販売され、そこから購入する人が多いです...

クラウドSIMを活用したどんなときもWi-Fi

まだサービスが開始されたばかりですが、クラウドSIMを活用したどんなときもWi-FiというポケットWi-Fiが人気を集めています。

どんなときもWi-Fiはドコモ、au、ソフトバンクの3回線に対応したWi-Fiなのでとにかくエリアが広いことが特徴的です。

どんなときもwifiの詳細を見てみる

現状ではWiMAXがおすすめ

現在ドコモ、ソフトバンク回線を利用したポケットWi-Fiは原則月間通信制限が設定されています。

どちらも携帯電話での無制限プランはありませんよね。

たとえ「無制限」と表記がされていても、どこかで勝手に通信制限をしたり、無制限が利用できるエリアが極端に限られていたりします。

5Gが普及すればどうなるかわかりませんが、現状では3代キャリアが提供する回線を使い放題利用することは出来ないのです。

そのため現在最も人気のあるポケットWi-Fiは紛れもなくWiMAXで、最もおすすめ出来ます。

WiMAXには以下の特徴があります。

  • 月間通信制限なし(ただし3日間で10GB以上で制限)
  • 通信速度が速い(実測値で40Mbps以上)
  • 月額料金が安い(4,000円前後)
  • 新規申し込み特典がある
  • 機種変更が原則無料

関連記事:WiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説

3日間で10GB以上で制限が掛かってしまいますが、月間制限なしで利用できるのでかなり快適に利用することが出来ます。

通信速度も実測値で下り40Mbps以上(経験則)は出るのでハイビジョン動画もスムーズに視聴が出来ます。

また詳しくは後述しますが、新規申し込みによって特典があり、また長く利用していると無料で最新機種に変更できるキャンペーンもやっているのでおすすめです。

新幹線で利用する場合はソフトバンク回線がおすすめ

WiMAXは月額料金が安く、月間制限もないため現在最もおすすめできるポケットWi-Fiですが、大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べて電波が弱いところがデメリットとして上げられます。

そのため、新幹線のような高速で移動する乗り物でWi-Fiを利用したい場合、WiMAXよりもソフトバンク回線のポケットWi-Fiが圧倒的におすすめです。

WiMAXのエリアは人工カバー率90%以上のためエリアが対応していない場所は少ないですが、人里離れた山間部ではエリア外になってしまうことが多いです。

「新幹線で使えるポケットWi-Fiを契約したい」

「人里離れた地方でもできる限り電波の入るWi-Fiが良い」

という場合は全体的にコスパは落ちますが、ソフトバンクのポケットWi-Fiを選びましょう。

電波重視でおすすめのWi-Fiは下記ページでまとめています。

結局どれが使いやすい?電波の良いポケットWi-Fi比較ポケットWi-Fiは各社様々な種類の製品を出していますが、会社によって使用している「電波、回線の種類」が少しずつ違います。 場所に...

おすすめのポケットWi-Fiはどれ?

ここまでポケットWi-Fiの基本的な使い方や選び方について解説してきました。

では数あるポケットWi-Fiのうちお勧めはどれか?

現状ではWiMAXか、マルチキャリアのどんなときもWi-Fiのどちらかとなります。

GMOとくとくBB WiMAX2+

トータル割引額No.1!

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が最大32,050円と高額です。

月額料金割引もあるので総合的なコストを考慮すると最もお得なWiMAXと言えるでしょう。

 

また、高額キャッシュバックだけでなく月額料金も他社に比べて安いのが魅力の一つです。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

GMOとくとくBBはとにかく総合的にお得です。

  • キャッシュバックが高額
  • 月額料金が安い
  • 初月無料
  • 20日以内であればキャンセル可能

これらの理由から現在最も選ばれています。

また、使ってみて不満があれば利用料金、違約金なしでキャンセル出来るので気軽に申込が出来るところも魅力ですね。

詳細ページ公式ページ

 

どんなときもWi-Fi
どんなときもwifi

通信制限も制限の人気Wi-Fi!

どんなときもWi-FiはクラウドSIMというサービスを利用した新しいポケットWi-Fiです。

キャッシュバックこそありませんが、月額料金が非常に安く、通信制限もないのでとくとくBBのWiMAXと同じくらいおすすめできます。

回線速度はWiMAXに劣りますが、対応エリアが広く安定的な通信ができるのでネット上でも評判が良いです。

どんなときもWi-Fiのおすすめポイント

どんなときもWi-Fiは以下のメリットがあります。

  • 月額料金が安い
    (24カ月まで3,480円、25カ月目以降3,980円)
  • 通信制限なし
    (3日間の制限もない)
  • キャリアのLTEを利用しているためエリアが圧倒的に広い
  • オプションで海外利用も可能

これらの理由から人気沸騰中です。

クラウドSIM、クラウドWi-Fiが広く普及する火付け役になりそうな予感がしますね。

詳細ページ公式ページ

 

broadWiMAX
ブロードワイマックス

2年間月額料金が圧倒的に安い

月額料金最安級と評価の高いbroadWiMAXはキャッシュバックこそありませんが、ランニングコストが安く総合的にお得です。

特に利用開始から24ヶ月間、月額3,500円を切るので光回線と比べても圧倒的に安いです。

broadWiMAXの月額料金は下記の通りです。

月額料金

利用開始月:日割り

1~2カ月目:2,726円

3~24カ月目:3,411円

26か月目以降:4,011円

2年間は通常料金(4,380円程度)に比べて大幅に安くなっています。3年目以降割引キャンペーンは終了してしまいますが、それでも他社に比べて月額料金は安くなっています。

broadWiMAXのおすすめポイント

broadWiMAXキャンペーンが魅力的なのも一つのポイントですが、それ以外にも、

  • 店頭受け取り対応(渋谷、秋葉原、大宮、梅田のみ)
  • 乗り換え時他社違約金還元
  • 8日以内であれば初期解約が可能

というのが魅力で、特に他社からの乗り換えの際に違約金分の還元(最大19,000円分)があるのが大きいですね。

こちらは他社にないメリットなので、現在他社WiMAXやソフトバンクWi-Fiなどを利用している方に特におすすめです。

詳細ページ公式ページ

 

ビッグローブWiMAX
「BIGLOBE WiMAX 2+」

キャッシュバックと月額料金割引が魅力!

光回線のプロバイダとしても知名度の高いビッグローブは月額料金大幅割引 or キャッシュバック最大30,000円+値引き特典という2つのキャンペーンを実施しています。

また、支払い方法はクレジットカード払いのみが多い中、口座振替を選択できる数少ないプロバイダです。

ビッグローブのおすすめポイント

ビッグローブはプロバイダ回線としても知名度が高く信頼性も高いので非常にお勧めできます。利用者も多いです。

  • キャッシュバックが非常に受け取りやすい
    (普段使っているメールアドレスを指定できるので見逃さない)
  • 振込先の金融機関情報の登録も簡単に行える
    (ビッグローブのマイページから)
  • 月額料金大幅割引 or キャッシュバック最大30,000円+値引き特典

総合的に見てビッグローブが最もおすすめです。

どうしてもキャッシュバックの受け取りが不安・・・という方は、36ヶ月間一律月額3,620円の月額料金大幅値引き特典がおすすめです。

詳細ページ申込ページ

価格重視ならY!mobile系列の601ZT

Y!mobileで月額料金最安のプランは『601ZT』『506HW』という機種で契約できる『Pocket WiFiプラン2ライト』で月額2,480円(税別)です。

こちらは月間5GBまでです。

この端末は主流のものよりLTE通信速度・Wi-Fi通信速度ともに遅めなので速さを重視される方は気をつけましょう。

⇒ワイモバイルWi-Fiのお申し込み・詳細はこちら

ポケットWi-Fiのデメリット

最後にポケットWi-Fiのデメリットについて触れておきましょう。

ポケットWi-Fiのデメリットは主に、

  • 固定回線に比べて不安定
  • 原則通信量に制限がある
  • ポケットWi-Fiの持ち運び、充電が必要
  • お金が掛かる

等があります。「お金が掛かる」は当然ですが…

固定回線に比べて通信が不安定

ポケットWi-Fiは無線のインターネットなので電波環境によって通信の品質が左右されます。

例えば厚い壁に覆われた室内や屋内でもビルに電波を遮られた場所ではネット接続がほとんどできなくなってしまう恐れがあります。

特にWiMAXは通信速度は速く環境が良ければとても快適に使うことが出来ますが、反面障害物に弱いという特性があります。

最近のポケットWi-Fiは電波環境の良い場所なら光回線並みに通信速度は速いですが、電波が悪いと昔のADSLのように遅くなってしまうため注意が必要です。

原則どのポケットWi-Fiにも通信制限がある

現在ワイモバイルやWiMAXでは通信制限なしのプランが提供されていますが、厳密にはそれぞれ3日間で10GBの通信制限があります。

10GBあればパソコンでHDの映画を1本視聴することには問題ありませんが、2時間映画を3本、4本視聴するとそれ以上消費してしまいます。

そのため毎日長時間動画を観たり、PS4などでオンラインゲームをすると規制されてしまう可能性があります。

自宅でガシガシネットを使いたいという人は光回線を選ばざるを得ないのが現状です。

図でわかる!WiMAXと光回線はどちらを選ぶべきか比較する自宅でインターネットを使うためには、通信環境が必要です。 通信環境を用意するにはいくつかの方法がありますが、大きく分けるとWiMA...

ポケットWi-Fiそのものを持ち歩く必要がある

ポケットWi-Fiは端末が電波を受信してそれをスマホやパソコンに接続するわけですから、ポケットWi-Fiそのものを常に持ち運ばなければいけません。

また、ポケットWi-Fiは電子機器なのでスマホと同じように充電が必要です。バッテリ容量は一度充電しておけば6時間~8時間接続しっぱなしでも大丈夫なので充電しておけば問題ありませんが、充電し忘れると全く使い物にならないただの箱となってしまいます。

月額料金が掛かる

当たり前ですがポケットWi-Fiを利用するにはお金が掛かります。

プランにもよりますがだいたい月額3,000円~4,000円程度のものがほとんどです。

端末そのもの(ポケットWi-Fi本体)は契約時に無料で支給されることが多いですが、毎月料金が掛かるためほとんど利用しなければ非常にもったいないです。

特に近年はスマホで事足りてしまう場合もあるので外出時にあまりネットを利用しない人には必要はありません。

また、スマホのように契約期間が定められているものが多く、場合によっては解約時に違約金が発生してしまうことがあります。

まとめ

ポケットWi-Fiは主に外出時にモバイルノートパソコンやタブレット等をインターネット接続したいという人に適しています。

そういう機会がほとんどないという人はスマホのテザリング(スマホから電波を飛ばしてパソコンやタブレット等をネット接続する)で十分な場合がほとんどです。

自宅に光回線、外出時にはスマホ、さらにポケットWi-Fiまでも持つと出費がかさむので効率良く利用できるかどうか検討して契約するようにしましょう。

スマホやタブレットでヘビーにデータ通信を行い、毎月制限が掛かってしまうという人にはおすすめです。

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

POSTED COMMENT

  1. 生活費節約せねば。 より:

    ワイファイ、ルーター、LA…言葉ひとつひとつわからず苦労しておりましたが、大変わかりやすく感謝しております。ありがとうございました。

  2. […] ポケットWi-Fiとは?メリットとデメリットまで分かりやすく解説 […]

  3. […] ポケットWi-Fiとは?メリットとデメリットまで分かりやすく解説|やさしくねっと.ポケットWi-Fiという便利な商品をご存知でしょうか? きっと多くの人が、 「なんとなくわかるけど具体 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください