ぷらら光の月額料金と評判

やさしくねっと.

光コラボレーションの大本命、ぷらら光の料金や評判等まとめ

 

ぷらら光

光コラボレーションの中でも比較的安価で大手プロバイダで人気もあるぷらら光。

すでにプロバイダをぷららにしている人はもちろんそうでない人も、フレッツ光ユーザーであればぷらら光を勧誘された人は少なくないと思います。

余談ですがひかりTVがぷららのサービスなのでひかりTVを使っている人は一度は勧誘の電話があったかも?本当はこういう営業のために個人情報使っちゃいけないんですけどね・・・

とまあそんなことはさておきこのぷらら光、実際どうよ?って思っていろいろ調べたので解説しようかと思います。

まずは料金システムから。


⇒NTT ぷらら光の公式ホームページはこちら

ぷらら光のプラン等概要

ぷらら光の月額料金は至ってシンプル。

    • ファミリータイプ - 4,800円
    • マンションタイプ - 3,600円

です。

(価格は税別、以降登場する金額もすべて税別価格です)

もちろんプロバイダ料金込みの価格です。

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光、so-net光等多くの光コラボレーションのファミリータイプは月額5,200円前後なのでぷらら光は比較的安価です。

また、フレッツ光を利用している場合もNTTの回線使用料とプロバイダ料金を合わせると6,000円前後掛かっていることが多いので切り替えることで節約になる可能性が高いです。

モバイルとのセット割

bsss76_simmotuyo14172412

ぷららはご多分に漏れずモバイルサービス、「ぷららモバイルLTE」とセットで利用すると若干ですが割引がされます。

と言っても本当に若干レベルでLTE1回線に付き月額200円割引、最大5回線で1,000円割引のでそれほど大きい割引とはなりません。

なのでわざわざ揃える必要はなく、「どうせなら・・・」というくらいで考え方がいいですね。

ひかりTVとセット割

先述した通りぷららはひかりTVを提供している会社でもあるためぷらら光はひかりTVとセットで割引が可能です。

ひかりTVの詳細は下記ページの上の方をご覧ください。

フレッツ光のオプション、ひかりテレビとU-NEXT、光電話について解説

セット割引されるひかりTVのテレビおすすめプラン、もしくはビデオざんまいプランの月額調金は通常2,500円ですがぷらら光とセット月額1,600円程度安くなります。

※ひかりTV2ねん割適用時

例えばファミリープランの場合、

ぷらら光4,800円+ひかりTV2,500円=7,300円

のところ、セット割引で5,700円になります。

マンションタイプの場合は4,500円です。

ひかりTVを利用している人は結構安くてお得かなと思います。フレッツ×ひかりTV利用中の人はそのまま転用して大幅に値引き出来るのでおすすめですね。

ひかりTVセット割

※価格にはチューナー代が含まれていません。

※ひかりTVはチューナーがなければ視聴できません。稀にチューナーが内蔵されているTV、パソコンもありますが一部のハイエンドモデルのみのため原則チューナーレンタルが必要です。

※価格はひかりTV2ねん割適用時です。25カ月目以降は上記価格に1,000円加算されます。

ひかりTVのチューナーをレンタルする場合は月額500円のレンタル料金が発生します。上記のひかりテレビ割引が適用される場合はレンタル料が1年間無料となるようです。

iPadとのセット割

上記ひかりTVセットにiPad Proが加わったひかりTVパックという新しいセット割引もあるようです。

こちらはファミリータイプで(チューナー込み)で8,200円、マンションで7,000円で上記セットにiPad Proが付くイメージです。

最低利用期間、違約金について

ぷらら光は最低利用期間や違約金はありません。

なので新規申込で初期工事費を分割支払いしなければ解約時に料金が掛かるということは原則ありません。

ただ、ひかりTVの申し込みをした場合は2年以内に解約すると違約金が発生する場合があります。

ひかりTVの申し込みをすると通常2ねん割に加入することになるため、2ねん以内に解約すると違約金(9,000円)が発生してしまいます。

ひかりTVの2ねん割とは2年間の基本料金を1,000円安くするというものです。申込の際標準で付いてくるものなのであえて断らない限り加入することになる割引サービスのようなものです。

ぷらら光の初期費用について

ぷらら光は光コラボレーションモデルなのでフレッツ光からの転用(フレッツからの移行)が出来ます。

転用の場合は工事は不要で簡単な手続きで切り替えることが出来ます。

参考記事:フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

転用の場合は契約手数料3,000円と転用手続き費用3,000円が初期費用となります。キャンペーンで安くなっている場合が多いですが。

回線の新規工事の場合は工事費が発生します。

工事費はケースバイケースですが、基本工事費がファミリータイプで最大18,000円、マンションタイプで最大15,000円となっています。

それぞれ30回払いの分割が可能です。

ぷらら光の評判はどんな感じ?

では次に評判を調べてみます。

やはり既存のぷららwithフレッツのユーザー数が多いためか知名度は比較的高いですね。

実際使っている人の意見を見てみましょう。

↑3Mbpsはちょっとツライですね。通常のネット閲覧やSNSくらいなら問題ないですが動画を続けて観ていると止まるかもしれない・・・というレベルです(元ツイートは現在削除されています)。

↑遅い方の7Mbpsですが、7Mbpsあればまあそれほどキツイ環境とは言えないと思います。

↑0.6Mbpsはキツイですね。快適に使うことはできません。

↑こちらはKbpsなので単位を合わすと0.3Mbpsほど・・・これだと通常のウェブサイト閲覧で画像を読み込むのに時間が掛かるレベルです。

・・・という感じで見ていたんですが、速いという意見もちらほらあるものの遅いと感じる人も多いようです。

普通に使える人は「普通に使える」と発言することはあまりないので悪い評判が目立ってしまいますね。

が、3Mbps以上出ていればよほどヘビーに使わなければ支障はきたさないと思うので快適に使えているという人もたくさんいると思います。

まとめ

というわけで上記をまとめると、

    • 月額料金は他社と比べて安い
    • ひかりTVのセット割はお得
    • iPad miniとのセット割もある
    • 評判はあまり良いとは言えない

という感じですね。

ぷらら光の他社にない魅力的なサービスとしてはやはりひかりTVとのセット割なのでひかりTVを利用している人は特にオススメ出来ると言えます。

ぷららwithフレッツから転用するだけで大幅に安くなる可能性が高いです。

是非ご検討ください。

⇒NTT ぷらら光の公式ホームページはこちら

 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。