ぷらら光

ぷらら光の料金や評判等をまとめ!契約して失敗する前に

光コラボレーションの中でも比較的安価で大手プロバイダで人気もあるぷらら光。

すでにプロバイダをぷららにしている人はもちろんそうでない人も、フレッツ光ユーザーであればぷらら光を勧誘された人は少なくないと思います。

余談ですがひかりTVがぷららのサービスなのでひかりTVを使っている人は一度は勧誘の電話があったかも?本当はこういう営業のために個人情報使っちゃいけないんですけどね・・・

とまあそんなことはさておきこのぷらら光、実際どうよ?って思っていろいろ調べたので解説しようかと思います。

光コラボレーションはぷらら光に限らず一度転用(移行)すると戻すことが出来ません。なのでしっかりプラン等を確認しましょう。

結論から言うとひかりテレビを利用する場合はかなりお得だと感じました。


⇒NTT ぷらら光の公式ホームページはこちら

ぷらら光のプラン等概要

ぷらら光の月額料金は至ってシンプル。

  • ファミリータイプ – 4,800円
  • マンションタイプ – 3,600円

です。

(価格は税別、以降登場する金額もすべて税別価格です)

もちろんプロバイダ料金込みの価格です。

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光、so-net光等多くの光コラボレーションのファミリータイプは月額5,200円前後なのでぷらら光は比較的安価です。

また、フレッツ光を利用している場合もNTTの回線使用料とプロバイダ料金を合わせると6,000円前後掛かっていることが多いので切り替えることで節約になる可能性が高いです。

回線そのものはフレッツ光と同じ

ぷらら光は光コラボレーションと呼ばれる光回線の一つで、利用する回線そのものはフレッツ光と同じです。

そのため回線速度は下り最大1Gbps(ベストエフォート)となっています。

ただ、実際にそこまでの速度が出るわけではなく、近年フレッツ系回線(フレッツ光及びドコモ光やソフトバンク光等も含まれる)は利用過多気味で、地域によってはピーク時間(夕方~深夜)に遅くなることも多いようです。

回線速度に関しては後述します。

ひかりTVとセット割

先述した通りぷららはひかりTVを提供している会社でもあるためぷらら光はひかりTVとセットで割引が可能です。

ひかりTVの詳細は下記ページの上の方をご覧ください。

フレッツ光のオプション、ひかりテレビとU-NEXT、光電話について解説

セット割引されるひかりTVのテレビおすすめプラン、もしくはビデオざんまいプランの月額調金は通常2,500円ですがぷらら光とセット月額1,600円程度安くなり、月額900円で利用できます。

※ひかりTV2ねん割適用時

例えばファミリープランの場合、

ぷらら光4,800円+ひかりTV2,500円=7,300円

のところ、セット割引で5,700円になります。

マンションタイプの場合は4,500円です。

ひかりTVを利用している人は結構安くてお得かなと思います。フレッツ×ひかりTV利用中の人はそのまま転用して大幅に値引き出来るのでおすすめですね。

<フレッツ光からぷらら光へ転用すると?>

※価格にはチューナー代が含まれていません。

※ひかりTVはチューナーがなければ視聴できません。稀にチューナーが内蔵されているTV、パソコンもありますが一部のハイエンドモデルのみのため原則チューナーレンタルが必要です。

※価格はひかりTV2ねん割適用時です。25カ月目以降は上記価格に1,000円加算されます。

ひかりTVのチューナーをレンタルする場合は月額500円のレンタル料金が発生します。上記のひかりテレビ割引が適用される場合はレンタル料が1年間無料となるようです。

ひかりTV2年割について

先述したぷらら光のセット割による1,600円の割引の内訳は厳密には、

  • ひかりTVの2年割 – 月額1,000円割引
  • ひかりTVぷらら光セット割 – 月額600円割引

となっています。

2年割はぷらら光に限らず新しくひかりTVを契約すると適用される割引サービスです。

そのため、例えば現在利用しているフレッツ光と当時に加入したひかりTVに2年割が適用されている場合があります。

2年割なので利用から2年経つと割引が適用されなくなり、月額料金が実質1,000円上がります。

フレッツ光の契約時に加入したひかりTVの2年割ですが、ぷらら光に転用すると新規申込扱いとなり2年割も新しく適用となります。

後者のひかりTVぷららセット割(月額600円割引)は契約している限りずっと適用され続けます。

ぷらら光のプロバイダはなに?

光回線には必ずプロバイダが必要となり、ぷらら光の場合は「ぷらら」がプロバイダです。

当たり前に思えるかもしれませんが、意外とわかりにくい部分だったりします。フレッツ光の代わりにぷららが光回線を提供しているので、プロバイダが不要なのでは?と思われがちです。

ぷらら光の場合、光回線の提供もプロバイダもぷららがおこなっています。

最低利用期間、解約金について

ぷらら光は最低利用期間や解約金はありません。

なので新規申込で初期工事費を分割支払いしなければ解約時に料金が掛かるということは原則ありません。

ただし、ひかりTVの申し込みをした場合は2年以内に解約すると解約金が発生する場合があります。

ひかりTVの申し込みをすると通常2ねん割に加入することになるため、2ねん以内に解約すると解約金(9,000円)が発生してしまいます。

ひかりTVの2ねん割とは2年間の基本料金を1,000円安くするというものです。申込の際標準で付いてくるものなのであえて断らない限り加入することになる割引サービスのようなものです。

フレッツ光利用中とそうでない場合で違う?

前述した通り、プランはフレッツ光回線を利用した光コラボレーションと呼ばれる回線なので、現在フレッツ光を利用している人とそうでない人とで工事費や契約までの流れが違います。

それ以外の基本的な料金プランなどに関しては同じです。

フレッツ光利用者は工事費不要!初期費用について

転用の場合は工事は不要で簡単な手続きで切り替えることが出来ます。転用とはフレッツ光から光コラボレーションに乗り換えることを言います。

参考記事:フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

転用の場合は契約手数料3,000円と転用手続き費用3,000円が初期費用となります。ぷらら光はキャンペーンで手数料も無料となっています。


現在フレッツ光を利用していなくて、回線の新規工事の場合は工事費が発生します。

工事費はケースバイケースですが、基本工事費がファミリータイプで18,000円、マンションタイプで15,000円となっています。

それぞれ30回払いの分割が可能で、月額300円前後工事費が上乗せされます。

ぷらら光の新規回線工事費の詳細はこちら
ぷらら光の工事費(PDF)

ぷらら光の評判はどんな感じ?

では次に評判を調べてみます。

やはり既存のぷららwithフレッツのユーザー数が多いためか知名度は比較的高いですね。

実際使っている人の意見を見てみましょう。

 

↑1Mbpsを切ってくるとなかなかきついですね。快適にネットを使えません。

↑これだと通常のウェブサイト閲覧で画像を読み込むのに時間が掛かるレベルです。

・・・という感じで見ていたんですが、速いという意見もちらほらあるものの遅いと感じる人も多いようです。

普通に使える人は「普通に使える」と発言することはあまりないので悪い評判が目立ってしまいますね。

が、3Mbps以上出ていればよほどヘビーに使わなければ支障はきたさないと思うので快適に使えているという人もたくさんいると思います。

2016年夏ごろくらいに特に回線速度が遅いという意見が多かったため、現在は増強してかなり改善しているようです。

 

遅い声もやはりありますね。

まとめ

というわけで上記をまとめると、

  • 月額料金は他社と比べて安い
  • ひかりTVのセット割はお得
  • iPad miniとのセット割もある
  • 評判は速いという意見もあるが遅いという意見も多い

という感じですね。

ぷらら光の他社にない魅力的なサービスとしてはやはりひかりTVとのセット割なのでひかりTVを利用している人は特にオススメ出来ると言えます。

ぷららwithフレッツから転用するだけで大幅に安くなる可能性が高いです。

是非ご検討ください。

⇒NTT ぷらら光の公式ホームページはこちら

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください