ぷらら光のホームタイプとマンションタイプ

やさしくねっと.

ぷらら光のホームタイプとマンションタイプとは?

 

ぷらら光は月額料金が安価で、ひかりTVとのセット割でさらにお得になります。

料金を安くしたい人にとってはオススメの回線です。

導入の際に注意したいのが、ホームタイプマンションタイプのどちらなのか。

本ページではタイプによって異なる料金・工事費について解説します。

住んでいる建物によってプランが変わる

ぷらら光の契約タイプはホームタイプとマンションタイプの2種類があり、住んでいる建物によって変わります。

一戸建てに住んでいる場合はホームタイプ集合住宅に住んでいる場合はマンションタイプを契約することになります。

月額料金や工事費など、各種料金はホームタイプのほうが高くなっています。

しかし、契約するプランは建物によって決まるので、マンションタイプのほうが安いからといって一戸建てでマンションタイプを契約するというようなことはできません。

また逆にマンションタイプが導入されていない集合住宅ではマンションタイプを利用することはできません。その場合は工事が可能であればホームタイプを利用することになります。

ぷらら光は回線自体はフレッツ光なので、自宅にマンションタイプが導入されているかどうかは「フレッツ光が使えるかどうか」で決まってきます。

環境によってはマンションタイプのほうが遅いことも

ぷらら光の回線速度はホームタイプ、マンションタイプともに1Gbpsとなっています。そのため理論上の速度はホームタイプもマンションタイプも同じです。

が、まれにマンションタイプの中にはVDSL方式と呼ばれるタイプの回線があり、この場合は特に利用者の多い時間帯に通信速度が遅くなってしまうことがあります。

最近はVDSL方式から通信速度の速い光配線方式に置き換わりつつありますが、まだVDSL方式のプランしか導入されていない物件もあり、また、VDSL方式のフレッツ光から転用して「遅い」と感じるケースも少なからずあるようです。

どのプランが導入されているかはフレッツ光の公式サイト等で確認することが出来ます。

西日本エリアはこちら

東日本エリアはこちら

ファミリー・マンションの月額料金

ぷらら光の月額料金は下記の通りです。

    • ファミリータイプ:4,800円
    • マンションタイプ:3,600円


    光回線のファミリータイプの月額料金の相場が5,200円となっていることを考えると、ぷらら光はかなり安い部類になります。

    しかもぷらら光の月額料金にはプロバイダ利用料セキュリティ機能の料金も含まれています。それで相場より400円も安いのですから、料金面ではかなりお得と言えます。

    ひかりTVとセット割でさらに安く

    ぷらら光はそのままでもお得ですが、ひかりTVをセットにするとさらにお得になります。

    ひかりTVはフレッツ光などでも利用できるサービスですが、実は提供しているのはぷららになります。そのためぷらら光ではひかりTVのセット割を行っています。

    ひかりTVは通常だとインターネット料金にプラスで月額2500円かかります。ぷらら光のセット割(2ねん割が必須)を利用するとそこから1,600円割引され、月額900円で利用できるようになります。

    さらにひかりTVを視聴するのに必要なチューナーのレンタル代(500円)が1年間無料になります。

    割引内容の適応期間は下記の通りです。

    割引プラン名1年目2年目3年目以降
    チューナー代無料
    (月500円)
    ××
    2ねん割
    (月1,000円引き)
    ×
    セット割
    (月600円引き)
    料金
    (通常料金2,500円)
    900円1400円2,400円

    セット割を利用すればひかりTVの料金込みでもホームタイプなら5,700円、マンションタイプなら4,500円で済みます。ひかりTVと合わせてこの値段はかなり安いです。

    ぷらら光は基本料金も安いので、現在フレッツ光を利用している人はぷらら光に転用すると大きく料金を下げられる可能性があります。

    <フレッツから転用した場合の一例>

     

    ⇒ぷらら光の公式サイトはこちら

    ぷらら光の工事費は比較的安い

    光回線を契約する際にかかるのが開通工事の工事費ですが、こちらも契約タイプによって費用が異なります。

      • ホームタイプ:18,000円
      • マンションタイプ:15,000円

      通常光回線の工事費の相場2~3万程度なので、ぷらら光は工事費も比較的安いと言えます。

      また、フレッツ光からぷらら光に転用した場合はフレッツの回線をそのまま使用するので工事が不要になります。そのため工事費は無料で、しかも転用手数料もかかりません。フレッツ光から乗り換える場合はかなりお得ですね。

      基本的には違約金はない

      ぷらら光はホームタイプ、マンションタイプともに最低利用期間がありません。そのため基本的にはいつ解約しても違約金が発生しません。

      ただし、ぷらら光でも解約する際に下記の2つのケースはお金がかかるので注意しましょう。

      初期工事費を分割払いにしていた場合

      解約する際にお金がかかる可能性がある1つめのケースは新規回線工事によって発生した工事費を分割払いにしていた場合です。

      ぷらら光は工事費の支払方法を一括払いと分割払いから選ぶことができます。分割払いの場合は30ヶ月かけて少しずつ工事費を支払うことになります。

      もし30ヶ月以内、つまり分割払いの途中に解約した場合は、残った工事費を解約の際に支払わないといけません。

      ひかりTVに2ねん割が適用されている場合

      解約する際にお金がかかる可能性があるもう1つのケースは、ひかりTVに2ねん割が適用されている場合です。

      2ねん割は2年間ひかりTVの月額料金が、1,000円割引になるサービスです。

      ぷらら光とひかりTVのセット割を利用する場合は2ねん割への加入も条件になっているため、ひかりTVを利用するほとんどの方に2ねん割が適用されることになります。

      2ねん割に加入すると、2年以内に解約した場合は9,000円の違約金が発生してしまいます。ひかりTVを利用する場合は最低でも2年は使うつもりで契約したほうが良いでしょう。

      まとめ

      今回はぷらら光のホームタイプとマンションタイプの料金の違いなどを解説してきました。ぷらら光はタイプによって料金が異なり、多くの場合はマンションタイプのほうが安くなっています。

      ただし、どのタイプと契約するかは住んでいる建物によって異なり、自分で勝手に決めることはできません。一戸建てならホームタイプ集合住宅ならマンションタイプになります。

      ぷらら光を契約する際は必ず自分の住んでいる建物のタイプで料金や工事費を調べるようにしましょう。

      ⇒ぷらら光の公式サイトはこちら

       

      光回線    コメント:0

      この記事に関連する記事一覧

      コメントフォーム

      名前

       

      メールアドレス

       

      URL

       

       

      コメント

      トラックバックURL: 

      サイトコンテンツ

      各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
      フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
      スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。