四国限定のピカラ

やさしくねっと.

【四国限定】ピカラ大幅値下げでフレッツ光に対抗できるか。

 

map0

四国電力グループが提供するインターネット回線サービスのピカラ。

かつては圧倒的な価格の安さで価格.com等でもよく上位にくい込んでいましたが近年、フレッツ光西日本の大幅な値下げにより低迷していたように思います。

が、それに対抗してピカラも全体的に料金が下がりました。


スポンサーリンク

ピカラの月額料金

そんな厳しい状況に追い込まれたピカラ。

2015年2月から大幅値下げの新料金がスタートし、プランが大きく変更となりました。

現在5年契約、3年契約のプランに分かれていて、それぞれ長く使えば使うほど段階的に月額料金が下がっていくシステムとなっています。

 

ピカラの新料金表

ホームタイプ、マンションタイプの2通りあるので両方貼っておきます。

まずはホームタイプから。

ピカラホーム

マンションタイプ3年契約のみとなっています。

ピカラマンション

フラットコースはauのスマートバリュー(詳細は後述)適用時のプランです。

違約金について

ステップ5は5年契約、ステップ3は3年契約なのでそれ以内に解約するとそれぞれ高額の違約金が発生します。

それぞれの違約金は公式サイトから引用すると、

・ステップコース5の違約金

割引適用期間満了前にずっトク割ステップコース5の契約解除、または、ピカラ光ねっとの解約をされる場合は弊社所定の違約金(光ねっとサービスの利用期間が15ヶ月以内35,000円(税込37,800円)、16ヶ月以上108ヶ月以内15,000円(税込16,200)、109ヶ月以上10,000円(税込10,800円))をお支払いいただきます。

・ステップコース3の違約金
割引適用期間満了前にずっトク割ステップコース3の契約解除、または、ピカラ光ねっとの解約をされる場合は弊社所定の違約金(光ねっとサービスの利用期間が15ヶ月以内35,000円(税込37,800円)、16ヶ月以上10,000円(税込10,800円))をお支払いいただきます。

 

となっています。

また、auのスマートバリュー契約時に適用されるフラットコースは3年ごとの自動更新となり、利用期間が15ヶ月以内で35,000円(税込37,800円)、16ヶ月以上で10,000円(税込10,800円)の違約金が発生します。

違約金に関しては公式サイトの注意事項に詳しい記載があるので詳細を知りたい方はご一読ください。読んでも分からない場合は直接電話等で問い合わせするといいかも。

フレッツとの比較

フレッツ光、四国は当然西日本ですから下記の料金表となります。価格はプロバイダ料(OCN)込みです。

タイプ
ファミリー
マンション
(プラン2)
マンション
(プラン1)
マンション
(プランミニ)
月額料金
4,910円
3,340円
3,740円
4,230円

ピカラの値下げは以前フレッツ光西日本が実施していた協力な値下げ「どーんと割」に対抗してのものなので「どーんと割」が終了した現在はピカラが全体的に安いです。

ピカラの優位性

ピカラの良いとこは2つ。

ひとつはプロバイダが分かれていないので一括で契約、解約、請求や支払ができてわかりやすいところ、もう一つは光電話に標準でナンバーディスプレイ(相手の電話番号表示)が付いているところです。

月額はフレッツ光と同じ500円ですがNTTでナンバーディスプレイを申し込むと+400円掛かるのでその分お得です。固定電話を割と使うなら結構お勧めですね。

そしてピカラなら光電話同士だと通話無料ってのも優位な点の一つです。

 auスマホでスマートバリュー

もうひとつピカラの特色にau光と同じくスマートバリューが適用されることです。

Pikara×au auスマートバリュー

サービス内容は同じ。

スマホ1契約ごとに最大二年間1410円の値引き(それ以降は934円)が適用されます。これはお得!

au光のホームタイプは5200円(プロバイダ込)なのでそれと比較するとピカラはかなり安いです。

auユーザーにとっては最もお得な固定回線ですね。四国限定ですが。

ピカラまとめ

1.月額料金はフレッツ光といい勝負。auひかりよりは圧倒的に安い。

2.プロバイダ込でわかりやすい。

3.光電話を使うならナンバーディスプレイ込みでかなりお得。

4.auユーザーなら間違いなく買いである。

っていう感じですね。

四国にお住まいなら今回の大幅値下げによって最もおすすめできる回線であるといえます。

もちろんキャッシュバックもあります。地元市民としてNTTに対抗してもらいたいもんですね。

※ずっトク割は別途お申込みが必要な場合があります。詳しくは販売店等に問い合わせしてみてください。

ピカラ公式サイト

 

スポンサーリンク

 

タグ :

光回線 その他電力系等 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。