コラム

海外製の安いパソコンって大丈夫?安いのにはわけがある。

ヤマダ電機やケーズデンキ等の家電量販店のパソコンコーナーに行くと、NECや富士通、東芝等の国内メーカーの製品が多く並べられています。

その価格は10年前と比べとても安くなりましたがそれでも10万位はする高価なモノばかり。

そんな国内製品の傍ら、lenovo(レノボ)やAcer(エイサー)、ASUS(エイスース)と言った海外メーカーが並んでいて安さに目を奪われることがあるかと思います。

国内メーカーの製品は10万くらいするのに海外メーカーは5万前後、安いモノだと3万くらいでもあるしなんでこんなに安いの?

買って大丈夫なの?

って思いますよね。本ページではそんな疑問にお答えします。

海外製品のパソコンが安い理由

一言に海外製と言っても様々です。数年前までは海外製のパソコンと言えばDELL(デル)やHP(ヒューレットパッカード)等のアメリカ製品がほとんどでしたが近年は先ほど上げたアジア系のメーカーが急増しました。

これらアメリカ系、アジア系の海外メーカーのパソコンは何故安いのでしょうか。

その1 ブランド力がない

特にlenovoやAcer、ASUSは日本では安いメーカーというイメージが定着しています。

そのためそれらのメーカーは安価なパソコンしか販売しないという戦略を取っています。安さが売りのメーカーが高額な製品を作っても売れませんからね。

逆に国内メーカーは「ノートパソコンは10万くらいするもんだ」というイメージを消費者が持っているため価格を海外メーカーに合わせなくても売れます。

そのため国内メーカーは価格を落とさず余計な機能を付ける方向に走るわけです。

その2 機能面を落としている

NECや東芝等の国内メーカーのパソコンの多くは他社に負けないようにと様々な機能を付けて販売しています。

パソコンコーナーに行くとすぐに気が付くと思いますがパソコンなのにテレビが観れるモノも多いです。他にもブルーレイが観れたり、同メーカーの機器(デジカメやスマホ)等と連携が出来たり・・・

海外メーカーのパソコンにテレビが観れる製品はほとんどありません(というかみたことない)。メディアドライブも一般的にDVDまでが主流でブルーレイドライブが標準搭載されているモデルもほとんどありません。

国内製のパソコンは最近ではフルハイビジョンより4倍高画質と言われている4Kが搭載されているモデルもあり高額なハイエンドモデルも多いです。

しかし海外メーカーは購入する側が「海外のパソコンは安いものだ」と思っているためブルーレイや4K等を搭載して高額にすると全く売れなくなってしまいます。

そのため海外メーカーの製品はどれも分かる人には分かるCPUやメモリ等パソコンの処理能力に関するスペックを上げる程度しかしません。

その3 オフィスソフトが入っていない

実はこれがかなり大きいです。

Microsoftのwordやexcel、powerpoint等のオフィスソフトは実はかなり高額です。

上記3点とメールを使用する際に使うoutlookが入った「office home and business」というソフトは普通に買おうとすると3万くらいします。powerpointのない製品だと2万くらい。

国内メーカーは標準でインストールされていることが多いですが安価な海外メーカー製だと付いていないことが多いです。そのためパソコンを5万で買ったとしてもオフィスソフトを3万で買って入れるとなると単純計算で8万掛かるので結構高く付きます。

海外製品のパソコンって大丈夫?

上記の理由で海外製のパソコンは国内メーカーに比べて破格に安いのですがやっぱり心配だなあという意見もあると思いますが、個人的には何の問題もないと思っています。

というのも私自身現在使用しているパソコンはアメリカ製のモノ(HP)ですし最近は大手メーカーや官公庁等でもDELLやlenovo等の海外製品を普通に導入しています。

昔と違って海外製だからだから壊れやすいというイメージもないですし、そもそもパソコン自体の商品サイクルが短いのでだいたい壊れる前に買い替えることが多いと思います。

というかそれ以前にパソコンって国内製品でも基本的に中身は海外製で、主要な部品やソフトウェアの多くはどのメーカーも同じです。ソフト面に関してはどのパソコンでもwindowsかmacでどちらもアメリカ製なわけですから。

少し前にlenoboに始めからインストールされているソフトウェアが問題になりましたがこれは自社のソフトウェアをインストールしていればどのメーカーでも起こりうる問題であるため、海外製はやっぱり怖いというのは安直な考え方です。

まとめ

海外製のパソコンは余計なソフトや機能がなく必要最低限の機能しかないため安価で販売されています。パソコンは本来自分が必要なソフトウェアをインストールして、自分が使いやすいように出来ることが特徴的でした。

そのため私を含めパソコンを使い慣れている人にとっては海外製のパソコンの方が使い安いと感じることが多いでしょう。

さらにベース価格も安いので私のようなお金のない人でも高性能なパソコンを手に入れることが出来ます。

ちなみに現在使用しているパソコンはHPの法人向けノートパソコンで価格は中古だけど2万くらい。CPUはcorei5で同等スペックのパソコンを国内メーカーで買おうとすると中古でも5万以上はします。だからHPにしたんだけどね。

安いモノには理由がある。高いモノにも理由がある。その理由を知り、考慮した上で判断することが重要ですね。

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。