壊れたパソコンからデータを取り出す方法

やさしくねっと.

壊れたパソコンのハードディスクから直接データを移行する方法

 

パソコンが壊れて画面が映らなくなったり、電源が入らなくなっても、データを記録しているHDD(ハードディスクドライブ)さえ壊れていなかったらデータを取り出すことが可能です。

壊れたパソコンからデータを取り出す方法はいくつかありますが、本ページでは、ハードディスクから直接データを取り出す方法を解説します。

手順は大きく分けて3つ。

    • 壊れたパソコンのハードディスクを取り出す
    • 専用ケーブルと移行先のパソコンを接続する
    • データを取り出す

必要な機器、工具は2つ。

一つはデータ移行以降のための専用ケーブル(詳細は後述)と、もう一つは壊れたパソコンのハードディスクを取り出すためのドライバー(ノートPCの場合は精密ドライバー)です。

壊れたパソコンのハードディスクを取り出す

まずは壊れたパソコンからハードディスクを取り出します。

取り出す手順は機種によって変わってきますが、ほとんどの機種で割と簡単に取り出すことが出来ます。

※アップルのマックの場合は困難な場合があります。

今回は手近にあったNECのノートパソコンで解説します。同タイプのものであれば別メーカーのものでも同様の手順で取り外しが可能です。

まずノートパソコン裏向けてハードディスクが格納されているパネルを探します。

パッと見ても分からない場合はパネルを適当に精密ドライバーを使って開けてみてください。

NECの場合は下画像の右上のパネルを開くとハードディスクがありました。

こんな感じで精密ドライバーでパネルを開けるとハードディスクが見えてきます。ハードディスクの大きさは様々ですが、形状はだいたい同じで、10cm前後の長方形となっています。

取り出し方は機種によって変わってきますが、多くの機種でパネルを外し、固定金具に止まっているネジを取るとハードディスクを取り出せるようになっています。

機種によっては取り出しにくいものもありますが、ほとんどの機種でほとんどバラさずにハードディスクのみ取り出すことが可能です。

パネルがノリみたいものでくっついていることもあるので取り出すのに手間が掛かることがありますが、結構強引に取り出しても大丈夫だと思います。固定金具さえ外せれば後は簡単に取り出せます。

専用ケーブルでPCとHDDを接続する

次に専用のケーブルでハードディスクと移行先のパソコンを接続します。

ケーブル(変換アダプタ)はアマゾン等で結構安く売っています。

中身はこのようになっています。

それぞれ役割を説明すると真ん中のケーブルがパソコンとハードディスクを接続する変換アダプタ、残り2つは電源ケーブルとアダプタです。右のやつと左のやつは組み合わせて使います。

電源ケーブルは2本を1本にして使う。

上の2本のケーブル(片方は組み合わせて1本にしたもの)をハードディスクに接続します。

差し込み口を見ればどれをどこにつなぐか分かると思います。

※パソコンから取り出したハードディスクに電源を供給しなければならないため、新パソコンへ接続するケーブルと電源ケーブルを接続する必要があります。

後はそれぞれUSBをパソコンへ接続し、電源プラグはコンセントに接続します。電源ケーブルには電源スイッチがあり、電源をONにすることでハードディスクに電源が入ります。

これで準備は整いました。

後はデータを移行するだけです。

移行先のパソコンでデータを取り出す

この段階で取り出したハードディスクは外付けHDDやフラッシュメモリとほぼ変わらない状態となります。

デスクトップのPC(コンピュータ)を開けば接続したハードディスクのフォルダを見ることが出来ます。

ローカルディスク(E)と表示されているものが前のパソコンでローカルディスク(C)だったものとなっていました。

ローカルディスク(E)を開くと…

どこに何が入っているか、どのようになっているかはケースバイケースだと思います。開いてみて確認してください。

ちなみに今回は「ユーザー」フォルダに取り出したいファイルがほとんどありました。

このフォルダにアクセスする許可がありません。と表示される場合

アクセス権限を求められるフォルダでは下画像のように「このフォルダにアクセスする許可がありません。」と警告が出てきます。

が、多くの場合「続行」をクリックすると開くことが可能です。

開くことが出来ない場合はこちらのページ(外部サイト)を参考にしてみてください。

まとめ

上記のやり方でハードディスクさえ壊れていなければデータを取り出すことが可能です。

Windowsのパソコンであればハードディスクを取り出すことは割と簡単なので是非試してみてください。マックは難しいかもしれません。

また、SSDの場合でも同様の手順で取り出すことが出来ると思います(※未確認です)。

パソコンショップ等に依頼すると作業料1万円~掛かるので、出来そうな場合は自分でやってみましょう。

 

コラム    コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. ちび より:

    とても参考になりました!
    ずっと、データの移動どうしようと悩んでいたので。。。
    ありがとうございました!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。