スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

最適な光回線を検索してみよう

1.ご利用中のスマホの種類

ドコモ au ソフトバンク その他

2.同世帯で利用しているスマホの同一回線

1回線 2回線 3回線以上

3.お住まいの地域

関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)
中部地方(愛知・岐阜・三重・静岡)
その他

Y!mobile(ワイモバイル)のポケットwi-fiとWiMAXのコスパ比較

 

持ち運びが出来るインターネット、モバイルルーターと言えばおそらくワイモバイル(旧イーモバイル)か、WiMAXを思い浮かべる人が多いかと思います。

どちらもモバイルルーター(ポケットWi-Fiとも呼ばれる)の先駆者で、特にLTEがなかった時代に重宝されてきました。

現在どちらも月間通信制限なしのプランがありモバイルルーターの双璧的存在です。

ちなみにポケットWi-Fiはイーモバイル(現在社名が変わりワイモバイルになっています)の商標で、モバイルルーターと言えばイーモバイルのPoketWi-Fiのイメージが強かったので今でも持ち運びが出来るインターネット、モバイルルーターをポケットWi-Fiと呼ぶ人は多いようですね。

スマホのLTEが普及した今、モバイルルーターがそれほど重要でなくなったようにも思えますが反面スマホやタブレットなどのスマートデバイスが普及したことによりまだまだ利用者は多いです。

本ページに訪れた人もモバイルルーターを求めている人、興味がある人だろうと思います。


 

タグ : 

WiMAX    コメント:0

量販店で契約出来るエディオン光の料金や評判はどうだろう

 

ヤマダ電機、ビックカメラグループに次いで、業界売り上げ高3位の、大手家電量販店エディオンも光コラボレーション「エディオン光」を提供しています。

店舗へ行かれた方の中には、店頭でのPOP広告を目にしたり、店員から転用を勧められた方もいるのではないでしょうか。

料金プランが少し分かりにくい所があるエディオン光、そんなエディオン光の料金プランや評判等を解説していきたいと思います。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

VAIOPhoneもあるb-mobileの評判と料金プランの解説

 

日本通信の手掛ける格安SIM、b-mobile。

最安値で500円で使えるプランもあり、注目されている格安SIMのひとつです。

ネットでは速度について賛否両論ありますが、実際はどうなのか、また料金プランや特徴についても調査しました。


 

格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

ヤマダ電機で申し込みが出来るYAMADASIMの種類とプランを解説

 

家電量販店が次々と格安SIMに参入していますね。

大手家電量販店であるヤマダ電機も、YAMADASIMを販売しています。

YAMADASIMにはU-mobile・so-netFREETELと提携した3種類の格安SIMがあります。それぞれドコモ回線を利用した格安SIMで、それらをヤマダ電機が再販しているイメージです。

ヤマダ電機では名称をそれぞれ、

・U-mobile - YAMADASIM

・So-net - YAMADASIM play

・FREETEL - YAMADASIM Plus

となっているので以降もそのように表記し、それぞれを料金プラン等を解説します。

※プランは原則元となるSIMのプランと同じです。


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:2

ビックカメラで買えるBICSIMとBICモバイルONEのプランや特徴を解説

 

ビッグカメラはさまざまなSIMを取り扱っていますが、「BIC」の名前がついているビックカメラ独自のSIMを2種類販売しています。

みおふぉんなどで知られるIIJが手掛けるBICSIMとOCNが手掛けるBICモバイルONE
どちらも、ビッグカメラ独自のサービスやサポートも充実していて、顧客満足度が高いとも言われています。
プランや料金はどうなっているのか、2つのSIMの違いはあるのか?など、ビッグカメラのSIMに解説します。


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

月額3,000円以下でかけ放題プランがある格安SIM5選

 

格安スマホの最大のデメリットは通話料金にあります。

現在ドコモ、au、ソフトバンク(以下キャリア)のスマホはどれも通話定額のカケホーダイプランがあり、通話料を気にせず利用することが出来ます。

一方格安スマホは多くがカケホーダイはおろか通話パックサービスもないため090(または080、070)から発信する際は必ず30秒ごとに20円の通話料が発生します。

これがネックで格安スマホに変えたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし最近はこのデメリットを取っ払う通話定額サービス、通話し放題サービスを提供する格安スマホも続々と登場しています。

格安スマホは本来通話をほとんどしない方向けのサービスと言われていましたが、通話し放題のオプションがある格安スマホは通話の多い人にも適しています。

本ページでは通話定額、通話し放題のオプションを付けてもキャリアの半額以下、3,000円代で利用出来る格安SIMのプランを紹介します。


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホ比較    コメント:0

無料通話がある格安スマホ、Y!mobileの料金プランや特徴を解説

 

格安SIMの中でも最大手で、「ふてにゃん」のCMでも話題のY!mobile。最近は桐谷美玲ちゃんやあばれるくんが出ているCMも話題になっていますよね。

Softbankが運営しているので、格安SIMスマホ初心者の方や、良く解らないけど安いプランに入りたい!という方に人気。

ネットでの購入のみが多い格安SIMですが、Y!mobileは店頭販売も多く、専門のストアも次々にオープンしています。

そんなY!mobileのプランや特徴についてご紹介します。


 

タグ : 

格安スマホ    コメント:0

高額キャッシュバックもあるmarubeni光の料金プランや評判等まとめ

 

総合商社としては有名な「丸紅」のグループ会社である丸紅テレコムも光コラボレーションを提供しています。

商社としてはとても有名な丸紅。

平成25年-26年の総合商社ランキングでは第2位と大手ですが、光コラボレーションを取り扱っている事を知っている方は少ないのではないでしょうか?

もともとは「Mひかり」という名称でしたが、これだけでは丸紅グループだと分かりにくいので「marubeni光」に変更したみたいです。

本ページではmarubeni光について解説していきたいと思います。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0