スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

最適な光回線を検索してみよう

1.ご利用中のスマホの種類

ドコモ au ソフトバンク その他

2.同世帯で利用しているスマホの同一回線

1回線 2回線 3回線以上

3.お住まいの地域

関東地方(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)
中部地方(愛知・岐阜・三重・静岡)
その他

光回線とのセットもあるhi-hoの格安SIMの料金プランを解説

 

あまり知名度は高くありませんが、他のSIMにはないバースト転送と呼ばれるシステムや、高速通信のON・OFF機能などで差別化を図っているhi-ho(ハイホー)のSIM。

気になる料金プランや特徴について解説します。

ちなみにhi-hoを提供している株式会社ハイホーはパナソニックのISP(プロバイダ)関連子会社でしたが現在はIIJの子会社としてインターネット関連の事業を行っている会社です。

⇒公式サイトはこちら


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

SIMフリースマホのコスパは最強!フリーテルの料金プラン等を解説。

 

格安SIM業界の中でもかなり注目されているFREETEL

独自モデルのスマートフォンなどを販売していて、ネットでの評判も高いです。新機種も出ていますし、佐々木希さんをイメージモデルとして起用するなど知名度もぐんぐん上がっています。

料金プランも非常に豊富で気になる、という方も多いFREETEL。詳しいプラン内容や特徴について解説します。


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

最安プランは月額480円!ワイヤレスゲートの料金やプランについて解説

 

安い無制限プランが使えることで話題のワイヤレスゲート。無線LANスポットの使い放題など、データを多く利用する方に注目されています。SIMサービスのプラン内容や料金について解説します。

ちなみにワイヤレスゲートは法人向けのWi-Fi環境の構築や個人向けにWiMAXやデータ通信サービスなどを提供している会社です。


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

ひかりテレビがオススメ?hi-hoひかりの料金やプランを解説

 

NTTが光コラボレーションを開始して、多くの会社が参入してくる中、プロバイダ業者として多少知名度のあるhi-hoも光コラボレーションを開始しています。

hi-hoは格安SIM、格安スマホも提供していて同社が提供している格安SIMと光コラボレーションとセットでの割引サービスも有ります。

このページではそんなhi-hoひかりの料金や割引サービス、評判を解説していきます。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

動画配信サービスがセットで付いてくる!TSUTAYA光は映画ファン必見の光回線。

 

音楽ソフト・映像ソフトなどのレンタル店として日本最大手のチェーン店「TSUTAYA」が、光コラボレーション「TSUTAYA光」の提供を始めました。

TSUTAYA光はTSUTAYAらしい映画やドラマ見放題のサービスがあり、頻繁にDVDを借りていたり、遅滞金で泣いている方には、とても便利なサービスではないでしょうか。

本ページでは「TSUTAYA光」のサービス内容や料金プランなどを、解説していきます。


 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

使った通信量で料金が決まる!エキサイトモバイルのプラン等を解説

 

格安プロバイダとして知名度の高いBB.exciteですが、現在exciteモバイルという格安SIMサービスも提供しています。

エキサイトモバイルの特徴としては通信量によって料金が決まってくる半従量制の料金プランとなっているところです。

他にも豊富なデータ容量から選べるプランなどが特徴で早くも話題になっています。

本ページでは気になる料金やプラン、特徴などについて解説します。


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

白ロムのiPhoneも買える!もしもシークスの料金プランや評判等解説

 

豊富なスマホ機種を取り扱っていたり、新しいプランの導入をいち早く行うなど格安SIM業界でも話題になることが多い「もしもシークス」。

特に通信業者としては異例とも言えるドコモiPhoneの白ロムを扱っているということで話題にもなりました。

※白ロムとはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯電話(スマホ、ガラケーを含む)のSIMを取り除いた状態のもののことです。

本ページではそんな一風変わった性質をもつもしもシークスの料金プランや評判などをまとめます。


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

値下げしたDMMmobileって実際どうなの?評判、プラン等解説

 

先日業界最安値と言われるMVNO、DMMmbile(DMMモバイル)が7GBプランの値下げに踏み切りました。

DMM mobile、ぷらら対抗で7GBプランを値下げ - ケータイ Watch

7GBのデータ通信専用で1,880円、音声対応SIMで2,580円とまさに格安ちなみに私が使っているIIJmioの音声対応SIMは5GBで2,220円ですから360円安くてしかも容量が7GBです。

業界最安値と言われるわけですね。

しかしこのDMMmobile、安いのはいいけど実際どうなんでしょう。

安くても質が悪い、回線速度が遅いのではないか?

という不安は残りますよね。

というわけでプランや評判等を調べてみました。

⇒DMMモバイルの公式サイトはこちら


 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0