ネットワークの基本

光回線の終端装置とは?故障した時どうすればいいのかを解説

光回線の契約時に目にする「終端装置」というものがあります。

モデムやルーターと間違われることも多いこの機器はいったいどういうものなのか…。

光回線を契約する際に目にするものの、わかりにくいと感じている方も多いはず。

今回はこの「終端装置」について解説していきます。

また、終端装置が故障した!という場合や壊れたかも?と思ったときの対処方法も詳しくご紹介していきます。

「光回線がつながらなくなって色々調べたけれど原因がわからない」
「他の機器は問題ないことが分かったから、もしかしたら終端装置が壊れているかも」

トラブルが起きていて上記のような疑問をお持ちの方はチェックしておいてくださいね。

終端装置(ONU)は光回線に必須の機器

光回線を契約すると自宅に送られてくる端末がありますよね。LANケーブルなどを差し込んだり、Wi-Fiルーターをつなげたりする四角い機器、これが終端装置です。

※白いタイプのものもあります

終端装置とは、光信号をデジタル信号に変換して、データを送る役割をしています。

光回線では光信号が自宅まで流れてきますが、光のままではパソコン等で使用することができません。そこで、終端装置を利用して光信号をパソコンなどで使えるデジタル信号に変えてくれます。

つまり光回線を自宅にひいてインターネットを楽しむためには必要不可欠なもの

基本的には終端装置は各光回線の会社から貸し出しされることになっています。

そのため、自分で終端装置を購入することはまずありません。

終端装置(ONU)とよく間違われる機器

終端装置(ONU)とそれ以外の機器は詳しい人が見ればすぐに分かりますが、周囲に他の機器があるとほとんどの人がわからないと思います。

以下の表にネット回線でよく利用される機器とその特徴をまとめました。

名称 外観 特徴・役割
ホームゲーウェイ
(HGW)
黒いタイプが多い。
ONUより高さがある。
LANケーブルの口が複数あり、電話機が接続できる。
光回線で光電話を利用する際に必ず必要な機器。
合わせてルーターの役割も持っている。
ルーター 大きさ、形状は様々。LANケーブルの口が複数付いている。 プロバイダ情報の保存。
ルーティング。
Wi-Fi機能付きのものある。
こちらのページで解説しています。
モデム 白いタイプのものが多い。 ADSLの終端装置。
電話ケーブルをLANケーブルに切り替える。

終端装置が故障した場合

「終端装置が壊れてしまったかも」「反応していないので壊れている」と判断した場合、どうすればいいのでしょうか。

自分の過失で終端装置が壊れてしまった場合は7,000円~1万円前後の修理費用を負担しなければならないことがあります。

ですが、基本的に終端装置で何かを設定することはありませんし、触れることが無い機器になりますのでまず自分の過失で壊してしまうという可能性は少ないでしょう。

もし壊れていると思ったら、光回線の会社に連絡してその旨を伝えます。

電話で状況を確認して壊れている可能性があると判断されれば、修理や交換で対応してもらうことになります。

修理または交換には立ち会いが必要になりますので電話をした際に予定を合わせて業者の人に来てもらうことになります。

本当に終端装置が壊れているのか?

終端装置が壊れるということは少ないため、電話連絡をする前にはまず本当に終端装置が壊れているのかどうか自分で確認してみましょう。

確認する方法としては、終端装置意外にネットが繋がらなくなってしまった原因が無いか探すという形になります。

以下の項目をチェックしてみましょう。

通信制限

プロバイダによって、一定数以上の通信量を超えると速度制限がかかることがあります。

速度測定サイトで回線の速度絵を計測してみましょう。明らかに速度が今までより落ちているという場合は制限がかかっている可能性があります。

Wi-Fiルーター

無線通信ができなくなった場合は、ルーターが故障している可能性もあります。

再起動やリセット、再設定をしても接続できない場合は、Wi-Fiルーターを外して終端装置と直接パソコンをつないでみます。

その状態で接続ができたらWi-Fiルーターが故障している可能性があります。

配線

正しく配線できていない可能性があります。

機器に繋がっている各ケーブルをチェックしてしっかりカチッと音がするまで挿し込みましょう。

問題が無いようなら、電源をすべて抜いてからしばらく待ち、再度それぞれの機器をつなげてみてください。

それでも解決できない場合は終端装置またはルーターの故障を疑いましょう。

パソコン/スマホ

一部の端末だけが通信できない、という状態の場合は設定ミスや素の端末の故障である可能性もあります。

無線設定を再度行うなどして間違いがないか確認しましょう。

以下の記事はネットが繋がらなくなった時に原因を追究するための方法を詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

関連記事:インターネットが繋がらない、繋がりにくい時の具体的な対処法

Wi-Fiルーターでネットを無線化

無線でパソコンやゲーム、テレビなどでインターネットを楽しみたい場合は、終端装置でデジタルに替えた信号をルーターで無線化する必要があります。

終端装置にLANケーブルを挿し、その反対にWi-Fiルーターを繋げば無線通信が出来るようになります。

Wi-Fiルーターは基本的には自分で用意することになります。

回線の会社によっては貸し出しをしてくれることもあります。キャンペーン等でWi-Fiルーターの無料貸し出しを行っているケースもあります。

また、自分でAmazonなどネット通販をチェックしてWi-Fiルーターを購入するというケースもあります。

Wi-Fiルーターの選び方

ルーターにはいろいろな種類がありますが、以下のポイントをチェックして選部といいでしょう。

対応規格

電波の規格を間違うと、特定のゲームなどでネットが出来ないことがあります。基本的には「11ac」が最新なのでこれを選んでおけば間違いありませんが、3DSやVitaなどのゲームでは「11n」に対応しているものでないと使えません。

スマホやパソコンでネットをするならあまり気にしなくてもいいですが、ゲームで無線を使いたい場合は注意しておきましょう。

部屋の広さ

2階建ての家などで使う場合は、電波が弱いルーターだと2回まで電波が届きづらいというトラブルが起きることもあります。「ビームフォーミング機能」という電波を効率よく届ける機能がついている端末だと階をまたいでも繋がりやすくなります

電波の強さ

同時に複数の端末で無線通信を行う場合は、ある程度電波が強い端末がオススメです。「アンテナ数」「ストリーム数」などで電波の強さが表示されています。商品説明や箱に「〇人程度」「〇台接続」と書かれているのでチェックしておきましょう。

その他詳しいWi-Fiルーターの選び方や目的別のオススメWi-Fiルーターについては以下の記事でもご紹介しています。

関連記事:Wi-Fiルーターの選び方と目的別おすすめ機種5選

まとめ

終端装置は光回線でネットを利用するためには必要不可欠な機器です。

そのため故障してしまうとネットが繋がらなくなってしまいます。

故意に壊してない場合は故障していても光回線の会社側が修理費を負担してくれるので、壊した心当たりがなければ連絡して交換または修理対応してもらいましょう。

ただし、終端装置が壊れていなかった場合は2度手間になってしまう可能性があります。

今回ご紹介した方法で原因を追究して、本当に壊れているかどうか自分でチェックしておくとスムーズに修理交換対応してもらえます。

繋がらなくなって困ったときは参考にしてみてください。