光回線

OCNはどんなプロバイダ?プランや評判まとめ

フレッツ光の対応プロバイダの中でも、圧倒的な知名度とシェア率を誇るOCN。光回線を契約すると一緒に勧められることが多く、一度は耳にしたことがあると思います。

業界大手のNTTコミュニケーションズが運営元ということで、信頼性や人気も高いOCNですが、実際、どんな特徴があるプロバイダなのかはわからないですよね。

そこで今回は、OCNが扱う回線サービスや料金プラン、利用者からの評価について詳しく調べてみました。

OCNがプロバイダとして対応しているネット回線

OCNは下記の表でわかるように、NTT系列の回線サービスに対応したプロバイダです。

【対応している回線の一覧】

名称 説明
OCN光 OCNが提供する光回線。
OCNモバイルとセットで割引。
フレッツ光 NTTが提供する光回線。
まだ提供しているが、OCN光に移行しつつある。
ドコモ光 ドコモが提供する光回線。
ドコモとセットで割引。
OCNモバイルONE 格安SIMサービス

OCNに関する記事一覧

人気のOCN光

事業者がNTT東西から光回線を買い入れ、プロバイダとセットで提供するサービスを「光コラボレーション(以下光コラボ)」といいます。

OCN光はOCNが提供する光コラボサービス。料金には光回線とプロバイダの両方が含まれているので、別々に契約するよりリーズナブルに利用できるのが特徴です。

月額料金はシンプルでわかりやすく、NTT東西のいずれの地域でも違いはありません。

【月額料金】※2年自動更新型割引適用時

  • ファミリータイプ ・・・ 5,100円(税抜)
  • マンションタイプ ・・・ 3,600円(税抜)

IPv6接続に対応しているので、混み合う時間帯や地域の影響を受けず、最大1Gbpsの高速回線で大容量の通信もサクサク楽しめます。

初めてインターネットを使う人には、「OCN開通とことんサポート」で初回のみ無料で自宅に来て接続設定を行ってくれるサービスがあるので安心。

大きな注意点が一つあり、それはドコモの契約者がOCN光を契約しても「ドコモ光セット割」は適用にならないということです。

一見、同じNTT系列なので割引の恩恵がありそうですが、「ドコモ光セット割」が適用となるのは同じ光コラボでも、ドコモ光の方です。間違いやすいので要注意ですね。

詳細ページ公式ページ

定番のフレッツ光

OCN光withフレッツは、光回線はNTT東西、対応するプロバイダとしてOCN、というように個々に契約したものを組み合わせた、昔ながらのサービスです。

フレッツ光の料金はNTT、プロバイダ料金はOCNから請求されます。ちなみに、フレッツ光の料金は、NTT東西で異なりますので注意しましょう。

また、フレッツ光の月額料金は、契約期間の縛りの有無や回線申込時に適用されたキャンペーンによってそれぞれ違います。

月々にかかる料金は、下記の表にある「OCNの料金」+「フレッツ光の料金」の合計金額なので、OCN光ドコモ光などの光コラボのサービスの方が安くなります。

【OCN:月額料金】(税抜)

料金プラン NTT東日本 NTT西日本
ファミリータイプ 1,100円 1,100円
マンションタイプ プラン1 900円 810円
マンションタイプ プラン2 900円 810円
マンションタイプ ミニ 650円 810円

【フレッツ光:月額料金】(税抜)

料金プラン NTT東日本 NTT西日本
ファミリータイプ 5,000円 4,300円
マンションタイプ プラン2 3,250円 2,850円
マンションタイプ プラン1 3,650円 3,250円
マンションタイプ ミニ 4,250円 3,950円

現状、OCN光withフレッツを利用するメリットは、強いてあげれば、プロバイダのみの変更がしやすいという程度なので、光コラボへの転用を検討しても良いと思います。

詳細ページ公式ページ

人気急上昇中のドコモ光

NTTドコモがフレッツ光を借り入れ、プロバイダ(OCN)とセットで提供する光コラボがOCNforドコモ光

光回線とプロバイダ、全てコミコミのわかりやすい料金設定で、NTT東西いずれの地域でも一律料金となっています。

【月額料金】(税抜)

  • 戸建てタイプ ・・・ 5,200円(2年契約あり)6,700円(2年契約なし)
  • マンションタイプ ・・・ 4,000円(2年契約あり)5,000円(2年契約なし)

フレッツ光の通信速度は最大1Gbps。IPv6接続に対応しているので、混雑を避け快適なインターネット接続を堪能できます。

ドコモのスマホやタブレットを利用している人がドコモ光を契約すると「ドコモ光セット割」が適用となり、スマホの月額料金が割引されます。

ドコモ光は、光コラボの中では特出して安い訳ではないのですが、家族みんなでドコモを使っている人なら家族の人数分だけ割引を受けられてお得度があがるのでオススメ。

詳細ページ公式ページ

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、OCNが提供する格安SIM。価格・サービス・オプションのバランスが良く、安定した人気を誇っています。

通話SIMとスマホ端末のセット販売も行っています。取り扱うスマホの種類が豊富で話題の端末がお得に購入できるという点も高ポイント。

OCNモバイルONEの特徴のひとつが、音楽配信サービスが無制限で利用できる「MUSICカウントフリー」オプション。amazon music、レコチョクBestd、dヒッツなどが追加料金なしで視聴し放題なので、音楽好きの人には魅力的なサービスです。

日次プランと月次プラン

データ通信のコースは「日次プラン」と「月次プラン」の2種類。1日ごとに高速の通信量が決められている「日次プラン」こそが、OCNモバイルONEならではの格安SIMでは珍しいプランなのです。

「月次プラン」は、他の格安SIM同様の月のデータ通信量を設定するプランです。プラン変更が月に1回できるので、月ごとのニーズに合わせて利用できるメリットがあります。

【料金プラン】(税抜)

公式サイトでは料金が少しわかりにくいので、一覧にまとめました。いずれかの基本プランを選択し、必要に応じてかけ放題などのオプションをプラスしていきます。

【かけ放題オプション】

  • 10分かけ放題・・・1通話あたり10分以内の国内通話が無制限(月額850円)
  • トップ3かけ放題 ・・・ 国内通話料上位3番号の通話料が0円(月額850円)
  • かけ放題ダブル・・10分以内の通話が無制限+上位3番号の通話料が0円(月額1300円)
  音声対応SIM データ通信SIM+SMS データ通信SIM
110MB/日コース 1,600円 (1280円) 1,020円 900円
170MB/日コース 2,080円(1760円) 1,500円 1,380円
3GB/月コース 1,800円 (1480円) 1,220円 1,100円
6GB/月コース 2,150円(1830円) 1,570円 1,450円
10GB/月コース 3,000円 (2680円) 2,420円 2,300円
20GB/月コース 4,850円 (4530円) 4,270円 4,150円
30GB/月コース 6,750円 (6430円) 6,170円 6,050円
低速・500kbpsコース 2,500円 1,980円 1,800円

※通話SIMの()内は「新生活応援割」適用時の金額

支払い方法に「口座振替」が選択できることも、クレジットカードを持っていない人にとっては嬉しいポイント。

【OCNモバイル割】

OCN光とセットの利用で「OCNモバイル割」が適用され、OCNモバイルONEの月額料金が毎月200円(税抜)割引になります。

ただし割引には上限があり、家族分も含め最大5契約:合計1,000円(税抜き)までとなっています。

【新生活応援割】

公式サイトでは、通話SIMの基本料が24ヶ月間320円割引となる「新生活応援割」キャンペーンを行っています。

割引適用後の料金は業界再安値クラスとなるので、料金の安い格安SIMを探している人には、選択肢のひとつとして、オススメします。

詳細ページ公式ページ

OCNの評判は?

OCNについて詳しく見て来ましたが、実際に利用している人の評判も見てみましょう。

 

回線速度については、IPv6を利用している人は概ね速度が出ているようです。従来のIPv4接続と思われる口コミは速度が出ないというものが多く見受けられました。

ここまで、OCNが提供する回線サービスやプラン、評判についてみてきました。どちらかというと守りの印象が強いプロバイダですが、その分、大手ならではの安定感もあります。

各回線サービスには、それぞれメリット・デメリットがありますが、サービス内容をしっかり理解して、自分にとってメリットの多い選択をしていきましょう。

OCNに関する記事一覧