OCN光とドコモ光の比較

やさしくねっと.

ドコモ光とOCN光ではどっちにするべきか比較してみる

 

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_s

現在最も利用者の多い携帯電話のキャリアはドコモです。

その影響もあってか2015年初頭にドコモの光回線サービス、ドコモ光がスタートして1年余り、ドコモ光の契約者数は現在100万人を超えています。

「ドコモ光」の契約数が100万件を突破

ドコモをご利用されている方は一度はドコモ光へ乗り換え、転用の話があったのではないでしょうか。

一方固定回線で最も利用されているプロバイダはOCNで、フレッツ光の約4分の1を占めています。

そのためドコモとOCNから光乗り換えの、転用の勧誘を受けてどうするべきか、迷っている方も多いかと思います。

本ページではドコモ光、OCN光を比較し、どちらにすべきかを解説しようかと思います。

結論から言うとドコモを契約している人はドコモ光、そうでない場合はOCN光がお得と言えます。


スポンサーリンク



月額料金比較

まずは単純に単体での月額料金から比較します。

※価格は税別です。

プラン名ファミリータイプマンションタイプ
OCN光5,100円3,600円
ドコモ光(タイプA)5,200円4,000円
ドコモ光(タイプB)5,400円4,200円

ドコモ光はプロバイダによってタイプAとタイプBに分かれます。

どういった理由で別れているのか不明ですが一例をあげると、

タイプA→ドコモnet(ドコモ光純正)、ぷらら、so-net、ビッグローブ、BBエキサイト等

タイプB→OCN、@nifty、Asahinet等

となっています。

プロバイダの機能差については各それぞれメールボックスの容量等多少違いはありますが、月額料金が200円ほど高いタイプBの方が高機能と言うわけではありません。タイプAのプロバイダよりタイプBの方が優れている面もあれば逆に劣っている場合もあります。

プロバイダの差については公式サイトのプロバイダ基本サービス一覧をご覧ください。

割引サービスの比較

上記価格表の通り月額基本料金はOCN光の方が安いです。

特にマンションタイプの場合400円以上の差があるので単体で利用するならどちらかというとOCN光がお勧めです。

しかしドコモ光はドコモのスマホとセットで値引きがあるのでドコモユーザーはここからさらに安く利用することが可能です。

ドコモ光のセット割引

ドコモのパケットパックを利用している人はドコモ光とセットで割引がされます。

シェアパックは詳しくはこちらに書いていますが、シェアパックにはシェアパック5とかシャパック10、20、30等の種類があり、それぞれ通信容量5GB、10GB、20GB、30GBを家族で分けて使うという形にサービスです。

ドコモ光の場合、このシェアパックを利用していればここから月額料金が割り引きされます。

割引価格は以下の通り。

プラン名割引額容量
らくらくパック500円200MB
データSパック500円2GB
データMパック800円5GB
データLパック1,000円8GB
シェアパック5800円5GB
シェアパック101,200円10GB
シェアパック151,800円15GB
シェアパック202,400円20GB
シェアパック303,000円30GB

以前はシェアパックからのみの割引でしたが現在は個人向けのデータMパック(5GB)やSパック(2GB)等からでも割引されるのでドコモのスマホを利用している人はほぼ全員が対象となります。

そのため例えばドコモのデータMパックを利用している場合、800円の値引きがされるのでドコモ光のファミリータイプでもマンションタイプでもOCN光より安く利用出来る計算になります。

※(例)ドコモデータMパック×ドコモ光ファミリータイプ(タイプA)の場合

ドコモ光月額料5,200円ーセット割引800円=4,400円

OCNの場合始めの割引期間1年目でも4,650円なのでドコモ光の方がお得です。

OCN光もモバイルセット割引はあるが・・・

OCN光も自社が提供する格安SIM、OCNモバイルONEとのセット割引があります。

が、月額にして200円と割引価格は微々たるものであえて統一するほどのものではありません。

すでにOCNモバイルONEを利用していてドコモを利用してないという場合は選択肢の一つとしてありだとは思いますが。

キャンペーンを比較

ドコモ光やOCN光等、光コラボレーションと呼ばれる光回線は新規申込の特典が小さいです。

小さいですが、近年徐々にキャッシュバック等のキャンペーンを開始する申込窓口も増えてきました。

ドコモ光の新規キャンペーン

ドコモ光はわずかですがプロバイダがキャンペーンを行っている場合があります。

最も魅力的なのはGMOとくとくBBの新規申込キャンペーンです。

GMOとくとくBBでは新規申込によってWi-Fiルーターがプレゼントされます。

現在プレゼントされるWi-Fiルーターは非常に高性能なもので販売価格1万円前後(定価2万円程度)するもので、現状では最もお得な特典であると言えるでしょう。

⇒GMOとくとくBBのキャンペーンを見てみる

※プレゼントされるルーターはこちら(2016年秋時点)

OCN光のキャンペーン

OCN光は申込窓口(販売店)によって新規申込キャンペーンを行っていることがあります。

現在ネットで誰でも申込が可能なOCN光の窓口で得ることが可能なキャッシュバック金額は最大18,000円です。

最大となっているのは利用者の環境によって得られる金額が変わるからです。

得られるキャッシュバック金額の詳細は下記の通りとなります。

種別金額条件
新規18,000円現在インターネットを使用していない、
又はフレッツ光以外を利用している。
転用15,000円 現在フレッツ光でインターネットをお使いで、
OCN以外のプロバイダーを利用中。
自社転用1,000円現在OCNをご利用中。

⇒OCN光のキャンペーンを見てみる

OCN光はドコモ光に比べて新規申込特典が手厚いのが魅力ですね。

まとめ

以上をまとめると、

    • 単体ではOCN光が安い
    • ドコモ携帯利用者ならドコモ光が安くなる
    • OCN光の割引は小さい
    • 申込特典はOCN光の方が魅力的

ドコモ光やOCN光に限らずフレッツ光から光コラボレーションに転用する場合やはり今使っているスマホと同じ会社に合わせた方がお得です。

ドコモの場合ドコモ光、auの場合auひかり、ソフトバンクの場合ソフトバンク光にするとそれぞれ割引価格に差はあるものの安くなります。

光コラボレーションを選択する際は今使っているスマホに合わせて転用するのがベターですね。

ちなみに回線速度、通信環境に関してはどちらもフレッツ光の光コラボレーションでなのでどちらの方が優れているというのは判別し難いのが現状です。

ドコモ光の詳細はこちら

OCN光の詳細はこちら
スポンサーリンク



 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。