ソフトバンク光とNURO光比較

やさしくねっと.

おうち割が適用されるNURO光とソフトバンク光はどっちがお勧め?

 

ソフトバンクユーザーにとってはお得なおうち割。

光回線と併用することでスマホ・タブレットの月額料金が最大2,000円割引になります。
現在おうち割が使える回線はソフトバンク光とNURO光の二つです。

ソフトバンクユーザーはどちらの回線を利用するのがお得なんでしょうか。

今回はNURO光・ソフトバンク光を比較して、どちらがオススメなのかを解説します。

結論からいうと関東在住の方はNURO光、それ以外の方はソフトバンク光がオススメです。

月額料金の比較

光回線を使う上で気になるのが料金です。

<月額料金比較表>

プラン名NURO光ソフトバンク光
一戸建て4,743円5,200円
マンション1,900円~2,500円
※導入物件は少ない
3,800円
初期工事費40,000円
※実質無料
24,000円
※乗り換えで無料

回線単体の料金ではNURO光は戸建てタイプで月額4,743円、ソフトバンク光は戸建てタイプで5,200円となっています。NURO光のほうが月額457円安いですね。

一戸建て向けの光回線の相場が5,000円ほどなので、ソフトバンク光も決して高いわけではありませんが、料金に関してはNURO光のほうがかなりお得と言えます。

また、マンションタイプでもNURO光の場合は1,900円から2,500円と非常に安いです(ソフトバンク光は3,800円)。

しかしNURO光のマンションタイプは導入されている物件が非常に少ないです。

NURO光の戸建てタイプは現在7階までの集合住宅で申込することが可能で、NURO光に関しては原則マンションに住んでいても戸建てタイプ(マンションミニとも呼ばれる)を契約するのが一般的です。

NURO光は工事費が実質無料に

光回線を契約する場合は回線を引っ張るための工事が必要になるため、それに応じた初期工事費が発生します。

NURO光の工事費は40,000円(1,333円×30ヵ月)と非常に高額ですが、新規申込キャンペーンに付き(途中解約をしない限り)ほぼ無条件で工事費は実質無料になります。

30日間毎月工事費分(1,333円)割引されるからです。

「工事費分を割引」なので30カ月以内に途中解約した場合は残りの分割代金を支払う必要があります。

※リンク

ソフトバンク光は24,000円(24カ月~分割払い可)の工事費がかかりますが、こちらも条件次第で無料になるキャンペーンを行っています。

こちらのキャンペーンは他社(auひかり等)からの乗り換え、または引っ越し時のみに適用されます。それ以外はフレッツ光からの転用(詳しくは後述)の場合を除いて工事費が発生するので注意が必要です。

対応エリアの比較

ソフトバンク光はフレッツ光が利用できるエリアなら契約することが可能です。フレッツ光は北海道から沖縄まで、一部過疎地域等を除いてほとんどのエリアが対象となっています。

NURO光の対応エリアは関東のみ

一方でNURO光は対応エリアが狭く、関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)に住んでいる人しか利用できません。

また、関東でも対象エリア外の地域があるので、事前に確認しておきましょう。

例えば同じ千葉県でも船橋市はOKとなっていますが、成田市はエリア外となっています。

※NURO光のエリア検索はこちら↓から出来ます。

関東以外に住んでいる人はそもそもNURO光が使えないので、おうち割を利用したい場合はソフトバンク光しか選択できません。

関東に住んでいる人はNURO光かソフトバンク光のどちからを選ぶことができます。

マンションタイプもNURO光は少ない

ソフトバンク光はフレッツ光が利用できるエリアであれば契約することが可能です。

フレッツ光のマンションタイプが入っている集合住宅であればソフトバンク光のマンションタイプも契約することが出来るわけです。

フレッツ光のマンションタイプは全国的にエリアが広く、多くの集合住宅で導入されていますが、NURO光はもちろん関東地方に限定されている上に、そもそも導入されているマンションが非常に少ないです。

なのでNURO光は集合住宅でも地上5階まで一戸建て向けの回線を契約することができるようになっています。が、それ以上の階だと契約することが出来ません。

※2017年2月以降7階までに拡大されました。

集合住宅だとソフトバンク光が安くなることも

NURO光はマンションタイプが入っていれば非常に安いですが、導入されていないことが多いです。

その際7階以下なら一戸建て向けの回線を引くわけですが、ソフトバンク光のマンションタイプが入っていれば当然こちらの方が月額料金が安くなります。

    • NURO光(一戸建て) - 4,743円
    • ソフトバンク光(マンション) - 3,800円

NURO光のマンションタイプの導入は少なく、フレッツ光(ソフトバンク光)のマンションタイプの導入は多いので上記のようなケースは少なくありません。

おうち割の割引額は同じ

月額料金は同じでしたが、おうち割の割引額はどうなのでしょうか?

実はNURO光でもソフトバンク光でも割引額は同じ、下記の通りです。

スマ放題
スマ放題ライト
データ定額ミニ 1GB
(スマ放題の場合:1GB,2GB)
500円500円
データ定額 5GB1,522円1,008円
データ定額 20GB 1,522円1,008円
データ定額 30GB 2,000円1,008円
スマ放題データ定額
(3G ケータイ)
500円500円
ホワイトプラン指定のパケット
サービス
最大1,522円
(通常時500円)
最大1,008円
(通常時500円)
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE500円500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G500円500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi)1,522円1,008円

おうち割の割引額は契約しているスマホやタブレットのデータプランで変わります。そのためNURO光でもソフトバンク光でも割引額は最大2,000円と同額になっています。

参考記事:関東住みでソフトバンク利用者ならNURO光のおうち割で圧倒的に安くできる

キャンペーンについて

光回線の多くは契約した際に、キャッシュバックがもらえたり工事費が無料になるといったキャンペーンを行っています。ここではNURO光とソフトバンク光のキャンペーンを比較します。

キャッシュバックはNURO光が多い

まずはキャッシュバックですが、NURO光は新規申し込みならプロバイダ公式の場合は3万円正規代理店の1つであるアシタクリエイトで申し込んだ場合は最大35,000円もらうことができます。

一方のソフトバンク光は新規契約なら2万円、フレッツ光からの転用なら11,000円キャッシュバックがもらえます。

※転用についてはフレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説をご一読ください。

また、新規の場合はキャッシュバックに加えてI-O DATA製の無線LANルーターかBUFFALO製の無線LAN中継機がもらえます。

単純なキャッシュバック額でいえば、NURO光のほうが15,000円多いです。

キャッシュバックに関してはNURO光が断然お得です。

⇒NURO光のキャンペーンを見てみる

⇒ソフトバンク光のキャンペーンを見てみる

ソフトバンク光は他社違約金を還元

ソフトバンク光は他社乗り換えサポートがあり、他社回線、例えばauひかりやJCOM等から乗り換えの場合、以前使用していた回線を解約した際に発生した違約金や撤去費用なども最大10万円まで保証してくれます。

ただしフレッツ光は別です。

フレッツ光→ソフトバンク光の場合、そもそも乗り換えとはならず(転用と言います)違約金等も発生しません。

解約時の違約金はどちらも同じ

NURO光、ソフトバンク光ともに2年ごとに契約を更新する「2年縛り」となっています。2年ごとに更新月(2ヶ月間)が来て、その期間以外に解約した場合はともに9,500円の解約違約金が発生します。

なお、NURO光・ソフトバンク光ともに解約金がかからない自動更新が無いプランもあります。

ただしこのようなプランはいつでも解約できる代わりに月額料金が高くなってしまいます。ソフトバンク光なら1000円ほど高くなりますし、NURO光の場合は3,000円ほど高くなってしまいます。

料金が高くなりますし、契約期間がないプランの場合はキャッシュバックや工事費無料が受け取れないなどデメリットも多いです。

そのため契約期間がないプランはNURO光、ソフトバンク光ともにオススメできません。

回線速度はNURO光が圧勝

回線速度に関してはNURO光が圧倒的に速いです。NURO光の回線速度は最大2Gbpsとなっており、業界でもトップクラスの速度を誇っています。

もちろん2Gbpsというのはあくまでも理論値で、実際に2Gbpsでることはまずありませんが、それでもNURO光の速度は圧倒的です。


回線の速度を求めるなら、ソフトバンク光よりもNURO光のほうがオススメです。

関連記事:本当に速いの?NURO光の回線速度とその評判

フレッツ光から乗り換えるならどっち?

フレッツ光からNURO光にするべきか、ソフトバンク光にするべきか、特にソフトバンクスマホを利用している人は迷うところかと思います。

結論から言うとこの場合でもやはり関東在住で、エリア対象となっている場合はNURO光を選んだ方がお得なケースが多いです。

フレッツ光の場合ソフトバンク光への移行は転用という形で済むので楽ですが、それでも実質工事費が掛からず、高額キャッシュバックが得られるNURO光がお得です。

フレッツ光の違約金を考慮してもNURO光がお得

フレッツ光東日本はにねん割という割引プランがあり、これに加入している場合は解約月以外に解約すると違約金(9,500円)が発生してしまいます。

が、NURO光のキャッシュバック金額は3万円以上と大きいのでフレッツの違約金を支払って乗り換えても2万円ほど得します。

ただしフレッツ光の契約期間が短いと(2年以内)、上記違約金9,500円に加え、工事費分割代金の残り、プロバイダの違約金(5千円前後)が発生するので、その場合は乗り換えない方が良いです。

フレッツ光からソフトバンク光への移行は簡単

フレッツ光からソフトバンク光へ移行するメリットは楽であることです。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線をそのまま利用するサービスなので工事も発生せず、簡単な契約手続きで移行することが出来ます。これを転用と呼びます。

関連記事:光コラボレーションとは?転用とは?メリットとデメリットまで解説

転用の場合はフレッツ光の違約金も発生せず、また工事も不要なので、NURO光が利用できる場合でも工事が煩わしいという人は検討しても良いと思います。

まとめ

今回はおうち割を利用できるソフトバンク光とNURO光を比較してみました。

まとめると以下の通りとなります。

プラン名NURO光ソフトバンク光
一戸建て4,743円5,200円
マンション1,900円~2,500円
※導入物件は少ない
3,800円
初期工事費40,000円
※実質無料
24,000円
※乗り換えで無料
回線速度下り最大2Gbps下り最大1Gbps
対応エリア関東地方のみ全国
(フレッツ対応エリア)
キャッシュバック最大35,000円2万円前後

額料金や回線速度、キャンペーン等の観点から見て、NURO光のほうがおすすめです。

おうち割の割引額自体はソフトバンク光でもNURO光でも変わりませんので、月額料金が安くて速度も圧倒的に速いNURO光のほうがお得と言えるでしょう。

キャッシュバックもNURO光のほうがたくさんもらえます。

工事費に関してもNURO光はほぼ無条件で実質無料になるので額面上は高額となっていますが、実質はお得です。

ただし、NURO光は対応しているエリアが非常に狭く、関東に住んでいる方しか利用することができません。それ以外の地域に住んでいる方の選択肢はソフトバンク光しかありません。

関東に住んでいる方や新規契約の場合はNURO光、それ以外の方はソフトバンク光を利用するとよいでしょう。

⇒NURO光のキャンペーンを見てみる

⇒ソフトバンク光のキャンペーンを見てみる

 

光回線 NURO光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。