フレッツ光とNURO光の比較と乗り換え注意点

やさしくねっと.

フレッツ光とNURO光の比較と乗り換える際の注意点

 

光回線といえば古くからあるフレッツ光が人気ですが、関東在住の方にはNURO光という選択肢もあります。

どちらを選べばいいのか悩んでいる方や乗り換えを検討している人もいるのではないしょうか。

本ページではフレッツ光とNURO光の料金・回線速度・キャンペーンなどを比較し、どちらがお勧めなのか解説します。

結論からいうと関東の方はNURO光がオススメになります。

フレッツ光とNURO光の比較

まず、フレッツ光とNURO光の比較を行っていきます。

ポイントを表にまとめると下記の通りとなります。

回線名NURO光フレッツ光
(プロバイダ込)
月額料金4,743円5,100円
回線速度下り最大2Gbps下り最大1Gbps
対応エリア関東地方のみ全国
キャンペーンキャッシュバック最大3.5万円
初期工事費無料
特になし

※フレッツ光の月額料金は最安プロバイダ(月額500円)を含んだもので、新規契約時の価格を表記しています。

※いずれも一戸建て向けプランを表記しています。

月額料金はNURO光が安い

NURO光は対応エリアが関東のみなのでフレッツ東日本と比較します。

料金だけを見るとNURO光の月額料金は4,743円、フレッツ東日本の月額料金は5,100円となっています。

フレッツ光も決して高い訳ではありませんが、NURO光のほうが月額357円、年間4,000円程度安くなっています。

回線速度はNURO光が圧倒的に速い

フレッツ光を含む一般的な光回線は速くて最大1Gbpsですが、NURO光の回線速度は最大2Gbpsで業界最速を誇ります。

もちろんこれはあくまでも理論値なので実際に2Gbps出ることはまずありませんが、それでも他の光回線を圧倒する速度です。

回線速度に関してはNURO光のほうがフレッツ光よりも圧倒的に速いです。

もちろんフレッツ光も光回線なので普段使う分には問題はありません。

しかし最近では高画質な動画の閲覧やオンラインゲームなどのために速度が速い回線を求めている方も多いと思います。そういった速度を重視している方にとってはNURO光のほうが良いでしょう。

NURO光の対応エリアは関東のみ

月額料金が安く、通信速度も速い非の打ちどころがないNURO光ですが、NURO光は対応しているエリアが関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)だけとなっています。

NURO光かフレッツ光を選択できるのは現在では関東在住の人のみ。

NURO光は関東の中でも一部対応エリア外の場所もあるので、乗り換えを検討している人は事前に調べておきましょう。

また、フレッツ光は全国に対応していますが、東日本と西日本で扱っている会社が異なります。そのため同じフレッツ光でも住んでいる地域によって契約内容も異なるので覚えておきましょう。

※下記ページからエリアの判定が出来ます。

NURO光はキャンペーンが豊富

光回線の多くはキャッシュバックや工事費無料などのキャンペーンを行っていますが、フレッツ光は現在では個人向けのキャンペーンを行っていません。

関連記事:フレッツ光の新規申し込みキャンペーンおすすめランキング 2017

そのため法人ではなく個人で契約するキャンペーンについては圧倒的にNURO光がお得です。

NURO光では新規申し込みでキャッシュバックをもらうことができます。

現在NURO光を提供しているso-netの公式サイトから申し込むと有料オプション等不要で確実に30,000円のキャッシュバックを得ることが出来ます。

⇒so-net公式キャンペーンを見てみる

さらにこちらも無条件で初期工事費が実質無料になるキャンペーンも行っています。

NURO光の工事費は4万円で30回に分割して支払いますが、30ヶ月まで毎月の月額料金が工事費の分割代金分だけ割引になります。そのため30ヶ月利用すれば工事費が実質無料となります。

セキュリティソフトなど豊富な無料オプション

NURO光は料金の安さに加えて、無料のオプションも豊富に用意されています。

通常は月額500円するセキュリティソフトが無料で標準装備されています。

インターネットを使う場合はセキュリティソフトがあるのは心強いので、無料なのは嬉しいですね。

また、貸し出されるホームゲートウェイが無線LANを標準で搭載しています。

本来なら有料でレンタルしたり市販されている製品を別途購入しないといけませんが、NURO光ではその必要がありません。しかもその料金も月額料金に含まれています。

NURO光へ乗り換える際の注意点

料金や回線速度、キャンペーンを考えるとNURO光のほうがかなりお得です。

しかし、フレッツ光からNURO光に乗り換える際には注意すべき点もいくつかあります。

プロバイダはso-netのみ

フレッツ光ではたくさんのプロバイダがあり、自分の好きなプロバイダを選ぶことができます。

それに対して、NURO光は取り扱っているプロバイダがso-netのみとなっているため、他のプロバイダを選ぶことができません。

現在使っているプロバイダでメールやスマホのセット割といったサービスを利用しているとは継続できない場合があるのでご注意ください。

乗り換え前の違約金・工事費残金の支払い

NURO光の乗り換える場合、フレッツ光の違約金を払わなければいけません。

フレッツ光の違約金は下記の3種類です。

    • 割引プランの違約金
    • 工事費の残金
    • プロバイダへの解約料金

違約金はフレッツ東日本・西日本によって異なります。

フレッツ東日本の場合は割引プランの違約金が最大9,500円、西日本は最大30,000円です。

ここにプロバイダへの違約金が加算されます。プロバイダによって違約金は差がありますが、最大で5,000円です。

さらに工事費を分割している場合は30ヶ月以内の解約で、工事費の残金支払いが発生するので注意。

参考記事:フレッツ光を契約する前に確認すべき注意点

引き継ぎできないオプションがある

フレッツTVなどのテレビサービス・ダブルチャンネルは引き継ぎができません。

フレッツ光にはオプションで地デジやBS/CSなどが見ることのできるテレビサービスがあります。

NURO光にはそういったサービスがありませんので、フレッツ光から乗り換えた場合はテレビサービスが利用できません。

NURO光に乗り換えてからもテレビを見る場合はアンテナを設置するなど対策が必要です。

また、フレッツ光には1つの契約で2つの電話番号を持てるダブルチャンネルというサービスがあります。

NURO光にはそういったサービスがなく、電話番号は1つしか持てないので乗り換えた場合に引き継げる電話番号は1つだけになります。

NURO光にする場合はケーブルやパソコンなども最新のものに

NURO光は最大2Gbpsという回線速度が魅力です。

その速度の恩恵を受けるには使用するパソコンやスマホ、さらにそれらをつなぐケーブルやルーターなども2Gbpsというスピードに対応している必要があります。

例えばNURO光の回線を使っていてもLANケーブルが100MBまでしか対応していない場合はそれ以上のスピードがでません。せっかく業界最速と言われるNURO光を使っているのに無駄になってしまいます。

古い物ほど対応速度が遅いので、NURO光に変える場合は自分が使っているパソコンやスマホ、LANケーブルなどを見直した方が良いでしょう。

まとめ

今回はフレッツ光とNURO光を比較しました。

回線速度、料金、キャンペーンのすべてにおいてNUROがおすすめです。とくにNURO光の回線速度は業界でもトップクラスの速さなので、速度を重視するならNURO光は最もおすすめできる光回線です。

ただしNURO光には、フレッツテレビ・ダブルチャンネルといったフレッツ光のサービスに変わるものがありません。

これらのサービスを利用している場合、NURO光に乗り換えると使えなくなってしまうのでご注意ください。

また、NURO光は利用できるエリアも限られています。基本的には関東の対応エリアに住んでいる方はNURO光、それ以外の場所に住んでいる方はフレッツ光を使うと良いでしょう。

⇒NURO光の公式キャンペーンを見てみる

 

光回線 NURO光    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 高村恩 より:

    現在ソフトバンくひかり電話
    NURO光の比較現在5000円いくらかWIFIを入るといくらか?
    なんばーが変わらず

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。