NURO光の回線速度と評判

やさしくねっと.

本当に速いの?NURO光の回線速度とその評判

 

関東地区限定のNURO光は最大通信速度が2Gbpsという高速通信が可能です。

フレッツ光等一般的な光回線が最大1Gbpsなのでおおよそ二倍ほどの速度です。
ネットを利用するなら少しでも回線の速度が早い方が嬉しいですよね。
しかし、公表されている回線速度はベストエフォート(理想値)であり、実際にはそこまで速度が出るわけではありません。

では実際NURO光は本当に速いのか?

本ページではNURO光を実際に使っているユーザーの口コミを集めて、回線速度と評判を検証します。

NURO光の回線速度の評判は?

実際にNURO光を使っている人の口コミ・評判を集めました。

業界最速と謳っている通り、速度はかなり速く安定性も抜群のようです。

口コミを見ると800Mbps出ている方やフレッツ光の50倍くらいの速度が出ている方もいるようです。かなりのスピードですね。

最大速度である2Gbpsはあくまでも理論値で実際にここまでの速度が出ることはまずありませんが、200Mbps以上出ていれば十分高速と言えるでしょう。

ちなみに一般的な光回線の速度は早くても50Mbps~100Mbps程度なのでNURO光の実測値が如何に速いかということがわかります。

有線だけでなく無線でもかなりの速度が出るようなので、スマホやタブレットでも快適に高速インターネットが出来そうです。

回線速度が遅いという意見もある

基本的に回線速度は速くユーザーは満足していますが、中には遅いと感じるケースもあるようです。

遅いとは言っても100Mbpsは出ているようです。100Mbps出ていればWebサイトの閲覧や動画サイトの利用など、普段使う分には全く問題はありません。

一般的に5Mbps以上の通信が安定して出来ていればハイビジョン動画も視聴出来るので、それ以上の速度で遅いと感じるのは他に理由があるかもしれません。

遅い原因と対処

口コミではほとんどの方は速度が速いと感じていましたが、稀に速度が遅いこともあるそうです。

(といっても実際に非常に遅い実測値の口コミは観られませんでしたが…)

同じNURO光でありながらここまで差があるのはなぜなのでしょう?

実は同じNURO光でも使用するルーターやデバイス(パソコン等)が原因で速度が速かったり遅かったりすることがあります。

つまり回線側の問題ではなく、回線を利用する側に問題があるのです。

回線に問題がある場合はどうすることもできませんが、回線を利用する側に問題がある時はルーターやデバイスなどの機器を見直せば、速度が速くなることもあります。

NURO光でも速度が遅いと感じる場合は下記の方法を試してみましょう。

Wi-Fiルーターはac対応のものを使う

近年ではスマホやタブレットが普及しており、Wi-Fiに対応したルーターで無線LANを楽しむ方も多いと思います。

実はWi-Fiにも通信規格というものがいくつかあり、規格によって最大通信速度が異なります。

Wi-Fiの通信規格は「IEEE 802.11」と言います。

IEEEとはWi-Fiをはじめとするコンピュータに関する様々な規格を制定している米国電気電子学会(The Institute of Electrical and Electronic Engineers)の略です。

そのIEEEの中にある「IEEE 802.11」というグループがW-Fiに関する規格を担当しているため、こういった名前が付いています。

NURO光の高速通信を楽しむには最大で6.9Gbpsに対応した「IEEE 802.11ac」という規格に対応しているWi-Fiを利用しないといけません。

Wi-Fiの規格としては他にも11n、11g、11b、11aの4種類がありますがこの中で一番速い11nでも600Mbpsまでしか出ません。

600Mbpsでも十分速いと思うかもしれませんが、これは上限値だけの話ではなく、それ以下の通信でも差が出てきます。

例えば元の回線速度が100Mbpsだったとした場合、最大値600Mbpsのルーターよりも1Gbpsのルーターを利用した方が減衰が小さくなるため回線速度は速くなります。

11acは最新の規格なので、古いルーターの場合は対応していないことが多いです。ルーターを11ac対応のものに交換すると速度が回復したというケースもあります。

速度が遅い場合はまず現在使っているルーターが対応している規格を確認してみましょう。

参考記事:wi-fiルーターの選び方と目的別おすすめ機種5選

有線の場合はLANケーブルの交換

Wi-Fiでは規格によって最大通信速度が決まっているということでしたが、実は有線通信で使用するLANケーブルにも規格があります。

LANケーブルの規格はCAT(カテゴリー)と呼ばれ、CAT1~7まであります。CATによって対応している通信速度が異なるため、有線で高速通信を行う場合はそれに対応した規格のLANケーブルを使う必要があります。

例えばCAT5という規格のLANケーブルは100Mbpsまでの通信速度しか対応していません。

主流のCAT5eも1GbpsなのでNUROに関してはそれ以上の高品質なケーブルを利用するのが望ましいです。CAT6a以上のLANケーブルなら10Gbpsまで可能なのでオススメです。

有線接続で遅いと感じる場合はLANケーブルを見直してみましょう。ただし通信速度が速いケーブルほど値段は高くなります。

接続するデバイス側の能力不足の可能性あり

高速通信を行うにはWi-Fiルーターやケーブルが対応しているだけでなく、スマホやタブレット、パソコンなどの端末も11acに対応している必要があります。

スマホやタブレットも古い場合は11acに対応していないことが多いです。

まずは自分のルーターや端末の対応規格を確認するようにしましょう。

2Gbpsはあくまでも「理論値」

NURO光は「最大通信速度2Gbps」と大々的に言っています。

そのため2Gbpsが出ないだけで遅いと言っている方もいます。しかし2Gbpsというのはあくまでも理論値です。

実際には環境によって速度が変わってきますし、契約者が増えれば光回線も分散するので速度は落ちます。

NURO光でも実際に2Gbpsのスピードが出ることはほぼないでしょう。

評判の良い口コミでは200Mbps~300Mbpsの方が多いです。2Gbpsと比べると遅いかもしれませんがこれだけの速度が出れば十分に高速通信と言えます。

ネットサーフィンや動画サイトの閲覧、インターネットゲームまで快適にプレイすることができます。

まとめ

NURO光に関する口コミや評判をまとめてみました。

業界最速といわれる速度は本物で、多くの方が満足しているようです。

稀に通信速度が遅いケースもあるようですが、多くの場合はNURO光の回線ではなくルーターやデバイスなどに問題があるようです。

NURO光の高速通信を利用するためにはルーターやデバイスも高速通信が出来る規格に対応している必要があります。もし速度が遅い場合は自分のインターネット環境を見直してみるとよいでしょう。

NURO光のおすすめキャンペーン

NURO光はネットで様々な販売店、代理店がキャッシュバックキャンペーンをおこなっています。

中でも管理人調べでは現状ではso-netの公式申込サイト(株)アシタクリエイトが安心して申込が出来る販売サイトであるという調査結果でした。

アシタクリエイトはso-netの公式キャンペーンと大きな差はありませんが、やや有利に申込が出来ます。

※画像はアシタクリエイトより引用

アシタクリエイトのキャンペーン

NURO光は対象エリアが狭いのでまずはエリア判定からご検討ください。

⇒オプション不要でキャッシュバックが得られるNURO光の販売店はこちら

 

光回線 NURO光 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。