NURO光のエリアについて

やさしくねっと.

NURO光の対応エリアはどうなってる?アパートやマンションでも契約できるか?

 

下り最大2Gbpsの高速通信ができるNURO光。

早い通信速度でネットをしてみたいとNURO光の導入を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかしNURO光は対応エリアが限られており、住居タイプにも制限があります。

今回はNURO光の対応エリア・アパートやマンションで契約できるかどうかを解説します。

結論からいうとNURO光は関東のみの対応で、5階建てまでの建物なら戸建て契約が可能、それ以上はマンションタイプが導入されていれば契約が可能です。

※2017年2月以降7階まで拡大されました。

NURO光は関東のみ対応

通信速度が高速なのが特徴のNURO光ですが、対応エリアは「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県」の一都六県のみとなっています。

光回線は加入者の数が多くなればなるほど速度が低下してしまいます。

何よりも速度を売りにしているNURO光にとっては速度低下だけは避けたいところです。そのため、対応エリアが少なめになっているのですね。

NURO光の設備が強化され、今後対応エリアが増える可能性はありますが、現段階では関東のみとなっています。

上記地域以外ではたとえ隣接する地域でもエリア判定でエリア外とされるため、契約することはできません。

また、対象地域でも光回線が行き届いていない地方ではエリア外とされることがあります。

例えば同じ千葉県でも船橋市はエリア対象となっていますが、成田市は対象外となっています。

東京都内や神奈川、埼玉あたりであればほぼ問題ないと思いますが、特に千葉や群馬、栃木、茨城等はエリア対象外となっている地域も多いです。

※エリアをチェックしてみる↓


戸建て・マンションの2タイプある

光回線の多くは戸建て用と集合住宅などのマンション用の2つに分かれています。

NURO光も戸建てタイプとマンションタイプに分かれていますが、戸建てでなくても建物によっては戸建てタイプを利用できるようになっています。

品質そのものに差はありませんが、月額料金は大幅に変わってきます。

項目戸建てタイプマンションタイプ
月額料金4,763円1,900円
~2,500円
初期費用
(分割可)
工事費4万円
(※キャンペーンにつき実質無料)
+事務手数料3千円
工事費4万円
+事務手数料3千円
通信速度下り最大2Gbps

※マンションタイプは利用状況によって月額料金がかわってきます(詳細は後述)

7階までなら戸建てタイプで対応可能

集合住宅でNURO光のマンションタイプが対応していない場合は戸建て向けのホームタイプを利用することが出来ます。

戸建てタイプは以前までは2階建てまでしか対応していませんでしたが、2015年からは5階建てまで、2017年2月からは7階まで戸建てタイプで契約できるようになりました。

7階建てまでなので小規模のマンションやアパート等はカバーすることが出来ます。

8階以上の場合は後述するマンションタイプの導入がなければNURO光を契約することが出来ません。

戸建てタイプの場合初期工事費はキャンペーンによって実質無料となります。

集合住宅で戸建てタイプを契約する場合

7階以下のマンションやアパートで戸建てタイプのNURO光を契約する場合は必ず管理者(大家さんや管理会社)の許可が必要です。

壁に穴を空けたり、というような工事はほとんどありませんが、住居を工事するわけですから建物の所有者に許可を取りましょう。

後述するマンションタイプの場合は不要です。

NURO光 for マンション

マンションタイプは3階建て以上の集合住宅専用プランとなっています。

その建物内でのNURO光の利用者が増えるほど月額料金が安くなるシステムとなっており、4人の場合は月額2,500円ですが人数が増えるたびに少しずつ安くなり、10人以上になった場合は1,900円となります。

なぜ利用人数によって割引されるのか?

マンションタイプのNURO光を導入すると共用部分の工事費や設備維持管理費を支払うための「Hands-up」という団体が設立されます。

マンションでNURO光を利用するためにはこのHands-upに加入し、会費を払う必要があります。つまり利用者が増えるということはHands-upの会員が増えるということなので、1人当たりが負担する額は少なくなるのですね。

とてもお得なマンションタイプのNURO光ですが、基本的にはすでに導入済みのマンションでしか利用することができません。

導入済みでない場合、マンションの住人がエントリーを行い、NURO光の代理店とマンションの管理会社やオーナーと交渉して承諾されなければいけません。

条件がなかなか厳しいため、NURO光のマンションタイプを利用したい場合は物件探しの際にNURO光を導入しているかも検討したほうが良いでしょう。

まとめ

NURO光には戸建てタイプとマンションタイプがあり、7階建て以内の低階層の集合住宅であれば戸建てタイプの導入も可能となっています。

対応しているエリアは関東だけと狭いですが、

    • 通信速度が速く、
    • 月額料金が安く、
    • 初期工事費が実質無料になり、
    • キャッシュバックもある

NURO光のデメリットらしいデメリットはそれだけです。

回線速度は業界でも最速クラスで、とても快適にインターネットを楽しめるでしょう。

それでいて月額料金は光回線の相場よりも安く、無料でセキュリティソフトが利用できるオプションも付いてきます。

期間限定ですがキャッシュバックや工事費相当分だけ月額料金を割引するなどのキャンペーンを行っており、初期費用を抑えることもできます。

もしお住まいの地域および住居がNURO光に対応しているなら、ぜひNURO光を検討してみてはいかがでしょうか。

NURO光のおすすめキャンペーン

NURO光はネットで様々な販売店、代理店がキャッシュバックキャンペーンをおこなっています。

中でも管理人調べでは現状ではso-netの公式申込サイト(株)アシタクリエイトが安心して申込が出来る販売サイトであるという調査結果でした。

アシタクリエイトはso-netの公式キャンペーンと大きな差はありませんが、やや有利に申込が出来ます。

※画像はアシタクリエイトより引用

アシタクリエイトのキャンペーン

NURO光は対象エリアが狭いのでまずはエリア判定からご検討ください。

⇒オプション不要でキャッシュバックが得られるNURO光の販売店はこちら

NURO光がエリア外の場合はどうする?

先述した通り、対象地域となっている関東の場合でもエリア判定でエリア外とされることがあります。

また、地上8階以上に住んでいて、NURO光 for マンションが導入されておらず、利用できないというケースも多々あると思います。

その場合は以下の回線を利用することをお勧めします。

    • キャッシュバックが欲しい!⇒auひかり
    • ドコモスマホを利用している⇒ドコモ光
    • auスマホを利用している⇒auひかり
    • ソフトバンクスマホを利用している⇒ソフトバンク光

現在光回線はどの回線を使っても月額料金は大きくは変わりません。

なので現状では新規申込でキャッシュバックを貰える回線か、スマホとセットで割引される回線をお勧めします。

現状で高額キャッシュバックを得られるのはNURO光を除けばauひかりです。

「高額キャッシュバックが欲しい!」という場合はauひかりを選択しましょう。

「月額料金を抑えたい!」という場合はスマホに合わせて光回線を選ぶことをお勧めします。

いずれも月額1,500円前後割引が出来る可能性があります。

それぞれの回線の月額料金、特徴をまとめると以下の通りとなります。

回線名月額料金
(マンション)
特徴
ドコモ光4,000円ドコモスマホセット割
Wi-Fiルータープレゼントあり
auひかり3,800円auスマートバリュー
(auスマホ・携帯セット割)
高額キャッシュバック
ソフトバンク光3,800円おうち割
(ソフトバンクスマホ・携帯セット割)
キャッシュバックあり

いずれの場合も割引の対象となる範囲は家族なので、家族でスマホ・携帯を統一している場合はそれに合わせて光回線を選ぶことをお勧めします。

一人暮らしの場合はキャッシュバック金額でauひかりを選んでしまっても問題ありません。

 

光回線 NURO光 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。