NURO光とauひかりの比較

やさしくねっと.

NURO光とauひかりはどちらを契約すべき?それぞれ特徴を比較

 

2015年に光コラボが始まり多くの事業者が光回線に参入しました。

今回は関東地区限定のNURO光とキャンペーンの豊富なauひかりを比較します。

NURO光とauひかりのどちらがいいのか迷っている人も多いのではないしょうか。

本ページでは各社の回線速度・料金・違約金・キャンペーンを解説しながら、どちらがオススメなのか紹介します。

結論からいうと、関東在住の人はNURO光、それ以外の方はauひかりがオススメです。また、auのスマホを利用している場合はいずれの場合でもauひかりがお得となります。

NURO光とauひかりの比較

光回線を使う際に気になる月額料金ですが、戸建てタイプならNURO光とau光はどちらも光回線としては値段が安く、ほとんど差がありません。

NURO光は月額4,743円となっています。本来なら初期工事費の分割料金がかかりますが、それが無料になるキャンペーンを実施しているのでこの価格になります。

auひかりはプロバイダやキャンペーンによって月額料金が変わりますが、実質月額料金が最も安いso-net公式キャンペーンだと工事費を含めて4,750円となります。

NURO光のほうが安いですが、auひかりのキャンペーンが適用されるとその差は7円しかなく、月額料金に関してはほぼ同じと言えます。

下の表はNURO光とauひかりの要点を比較したものです。

<NURO光とauひかりの比較表>

種別NURO光auひかり
(so-net公式)
月額料金4,743円4,750円
キャッシュバック3万円3.5万円
対応エリア関東地方のみ中部地方、沖縄を除く全国
初期工事費実質無料月額料金に含む
回線速度下り最大2Gbps下り最大1Gbps

ちなみにどちらも導入されているケースは少ないですが、マンションタイプはNURO光の方がお得です。

NURO光のマンションタイプは、ユーザーが増えるほど料金が安くなり、4人の場合は月額2,500円、7人になると月額2,300円、10人以上だと1,900円。

これに対して、auひかりのマンションタイプは3,800円です。NURO光の方がかなり安くなっています。

ただし両方が導入されているケースはほとんどないので、実際はどちらか導入がある方を選ぶようになると思います。

階数が低ければどちらも一戸建て向けのホームタイプを契約することが出来ますが、いずれもマンションタイプが導入されていればそちらの方が月額料金は安くなります。

auひかりのマンションタイプの詳細はこちら

NURO光のマンションタイプの詳細はこちら

キャッシュバックは同じぐらい

NURO光、auひかりはどちらも契約時にキャッシュバックを受け取ることができます。

NURO光30,000円、auひかりはso-net公式キャンペーンによって35,000円のキャッシュバックを得ることが出来ます。

いずれもオプション加入等の必要はなく、手続きさえちゃんと行えば必ず貰えます。

auひかりの方が若干高いキャッシュバックを得ることが出来ますが、5,000円程度の違いなのでキャッシュバック金額だけで決めるよりも他のお得な要素で選ぶ方が良いでしょう。

回線速度は圧倒的にNURO光が速い

NURO光の回線速度は業界最速の2Gbpsとなっています。

この速度はあくまでもベストエフォート(理想値)なので、実際にこの速度が出ることはありませんが、NURO光は実測値でもかなり速いです。

auひかりも遅いわけではありませんが、NURO光は驚くほど速いです。オンラインゲームや為替のトレード等、シビアな通信速度が求められる場合はNURO光を選ぶと良いですね。

スマホとのセット割で選ぶ

NURO光はソフトバンクのスマホやタブレットとセットで使うと割引になるおうち割に対応しています。一方auひかりはauのスマホをセットで使うと割引になるauスマートバリューに対応しています。

どちらも最大2,000円の割引になります。

月額料金・キャンペーンともに大差がないので、スマホがソフトバンクならNURO光、auならauひかりを使う方が良いでしょう。

NURO光の対応エリアは関東のみ

NURO光は対応しているエリアが関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)だけとなっています。

NURO光かauひかりかを選択できるのは現在では関東の人のみです。関東以外の人はauひかりを選択するようにしましょう。

また、関東でも対象エリア外の地域があるので、事前に確認しておきましょう。

例えば同じ千葉県でも船橋市はOKとなっていますが、成田市はエリア外となっています。


※NURO光のエリア検索はこちら↓から出来ます。

また、NURO光が導入されているマンションは少ないです。

そのためNURO光は集合住宅でも地上5階まで一戸建て向けの回線を契約することができるようになっていますが、それ以上の階だと契約することが出来ません。

工事費はauひかり・NURO光ともに実質無料に

光回線を契約する際に必ずついてくる工事費ですが、NURO光、au光ともに工事費は実質無料です。

NURO光は工事費が40,000円と光回線にしては高額ですが、30ヶ月の間は月額料金から工事費の分割代金分だけ割引されます。

つまり30ヶ月利用することで工事費が実質無料になります。

auひかりもso-netの公式キャンペーンであれば、工事費分割代金(1,250円×30カ月)以上の月額料金割引があります。

どちらも途中解約すると工事費が発生するので注意が必要ですが、30か月以上利用すれば工事費が実質無料になる上に、キャッシュバックキャンペーンがあるのでお得ですね。

まとめ

今回はNURO光とauひかりを比較しました。NURO光は関東でしか使えないため、どちらか選ぶ選択権があるのは関東の人のみとなっています。関東以外の地域に住んでいる人はauひかりを選びましょう。

NURO光とauひかりを選べる場合は、NURO光がオススメです。

NURO光は月額料金が安く、キャッシュバック・無料オプションも豊富です。また、回線速度が業界最速なので、速度にこだわる人も納得できるはずです。

ただしauスマートバリューが適用される場合はauひかりを利用しれスマホ割引の恩恵を受けた方がコストパフォーマンスは良いです。



 

光回線 auひかり 光回線 NURO光    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。