光コラボレーション、@nifty光

やさしくねっと.

auユーザーなら更にお得!?@nifty光の料金プランや評判まとめ

 

nifty

NTT東日本、西日本が提供するインターネット回線のプロバイダの老舗@niftyも光コラボレーションモデルの@nifty光を提供しています。

@niftyはフレッツ光、auひかりのプロバイダとしてのキャリアも長く、利用者も多いプロバイダの一つです。

そのため@niftyから営業の電話があったりして@nifty光に乗り換えを検討されている方も多いのではないでしょうか。

本ページでは@niftyの概要、料金プランに加えて評判等をまとめたいと思います。


スポンサーリンク



@nifty光って?

@niftyが光ファイバーの回線契約とプロバイダ契約を担う事で支払いが@niftyに一本化されて、今までNTT東日本、西日本と@niftyへ別々に支払っていた煩わしさがなくなります。

しかし光回線自体はNTT東日本、西日本が提供するものなので、既存のフレッツ光をご利用中であれば特に工事の必要もなくサービスが受けられます。

※利用している回線タイプによって工事費が発生する場合があります。特に4年以上前にフレッツ光を契約されている方は注意が必要です。

詳細は下記ページをご覧ください。

@nifty光 工事費用一覧

@nifty光料金プラン

@nifty光の料金は以下の通りです。

 ホームタイプマンションタイプ
月額料金5,200円3,980円
提供エリアほぼ全国
提供元NTT東日本/西日本

フレッツ光東日本の月額料金はプランによっても変わってきますが、ファミリータイプは約6,000円マンションタイプの場合は4200円~5200円なので比較するとホームタイプで800円マンションタイプで200円~1200円程度安くなります

auユーザーならさらにお得に!?

auの携帯電話やスマートフォンをお使いであれば月々の料金から最大で1200円割引されます。

ファミリータイプですと月額利用料金が5200円が4000円になります。

携帯電話やスマートフォンの料金プランによって割引金額が変わるので詳しくは以下の表を参照してください。

 ご契約プラン割引額
カテゴリAデータ定額5/8/10/13
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)
データ定額5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK)
LTEフラット
LTEフラット(キャンペーン)
LTEフラット(V)
ISフラット
ISフラット(キャンペーン)
プランF(IS)/プランF(IS)シンプル
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
LTEフラット for DATA(m)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)

1,200円
カテゴリBデータ定額1/2/3
データ定額1(V)/2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)
LTEフラット cp (1GB)
500円

利用者の多いデータ定額5GBや8GB、LTEフラットで1,200円の割引があるのでお得感がありますね。

通信速度の安定性

実際NTTフレッツ光から切り替えた方の評判を探してみました。

 

評判は可もなく不可もなくといった感じ。他社の光コラボレーションに比べると悪くないかも。

例えばぷらら光に比べるとずっと良いですね。

光コラボレーションの大本命、ぷらら光の料金や評判等まとめ

大体の方が速度が変わらないと感じている人が多いようですが、中には遅くなったという人もいるみたいです。

まとめ

以上のことから、

    • 月額利用料金は他社と比べても平均的
    • auユーザーなら割引がありお得になる
    • 回線速度の評判は悪くない
    • 乗り換え月は月額費無料

「プロバイダ契約が@niftyでフレッツ光を利用中の人」

「auの携帯電話、スマートフォンを利用している人」

はぜひ一度検討してみてはどうでしょうか。

@nifty光公式サイトへ

 

スポンサーリンク



 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。