ニフモの料金、オプション等を解説

やさしくねっと.

@niftyのSIM、NifMo(ニフモ)の料金、プランを解説

 

ニフモ

niftyが手掛けるNifMo。価格・サービス・通信速度など全体的なバランスがよく、評価も高いSIMサービスです。

近年は「速度が遅くなってきた」という声もありますが「問題なく使える」「一番速度が安定している」という声も多いです。

特にスマホと同時購入での割引、通話し放題オプションがあるのが魅力です。

通話料が多く、SIMとスマホ端末両方の導入を考えている人ならニフモが最もおすすめかも。

NifMo(ニフモ)の公式サイトはこちら


NifMoの料金プラン

初期費用は一律3,000円(税抜)。プランごとの月額料金は以下の通りです。

データ容量24か月間
(スマホセット購入時)
25か月以降
3GB700円900円
5GB1,400円1,600円
10GB2,600円2,800円

スマホセットを選んだ場合は、24か月間月額料金が200円安くなります。

SIMカードのみの場合は通常割引はありませんが、2016年6月30日まではキャンペーンが行われており、3か月間月額料金から450円割引されます。

音声通話は上記金額に+700円 SMS付きは+150円が必要です。

国内の通話料は20円(税抜)/30秒。SMSは3円(税抜)/1通となっています。

SIMカードはドコモの端末かSIMフリーの端末対応です。

NifMoのスマホセット

5種類のスマホがセット購入できます。人気の高い機種も多く特にコスパ重視の方には人気があります。各スマホの代金はこちら。

機種名一括払い24回払い(1回あたり)
ASUS ZenFone 2 Laser28,889円1,204円
富士通 arrows M0233,334円1,389円
Acer Liquid Z53026,667円1,112円
FREETEL SAMURAI KIWAMI42,223円1,760円
ASUS Zenfone Go19,800円

※ASUS Zenfone Goは分割支払いが出来ません。

ASUS ZenFone 2 Laserを音声通話付き5GBで契約したとすると端末の料金込みで月額料金は2,604円(24か月目まで)となります。他のスマホも近い金額で運用が可能です。

現在は2016年5月31日までにスマホセットを契約すると5,000円キャッシュバックされるというキャンペーンが行われています。

一番安いASUS Zenfone Goなら、価格が15,000円以下になります。ここまでの低価格は他にはないのでコスパ重視の方にはオススメ。

キャンペーンは頻繁に行われているので、契約する際はチェックしておくといいですね。

Zenfone Goの使用感は動画で確認出来ます。

豊富なオプション

格安SIMは、大手携帯キャリアに比べてオプションが少ない場合が多いのですが、NifMoには様々なオプションプランがあります。

オプション名概要月額料金(税抜)
NifMo でんわ 国内かけ放題国内通話がかけ放題1,300円
NifMoでんわ 国内+海外かけ放題国内通話に加え、海外での通話もかけ放題2,700円
NifMoプリント専用アプリで撮影した写真を何枚でもプリント注文可能380円
NifMoあんしん保証水濡れ・故障・破損・落下した場合交換機を届けてくれる380円
常時安全セキュリティ24モバイル手軽にスマホのセキュリティ対策が出来るソフト200円
 @nifty優待サービス様々なエンタメを特別価格で利用できるサービス500円

他にも様々なオプションがあり、様々なニーズに対応していることが解ります。
特に注目したいのが国内かけ放題プラン。格安SIMにはかけ放題がない場合がほとんどなので、電話の利用が多い方におすすめです。

90分以上通話をすると自動的に通話が切断されますが、再度掛けなおすと通話が可能になります。

@nifty接続サービス利用で割引に

以下のサービスと契約している場合は、月額料金が200円割引になります。

    • @nifty光
    • @nifty光 プロバイダーコース
    • @nifty光ライフ with フレッツ
    • @nifty光 with フレッツ
    • @nifty auひかり
    • @nifty コミュファ光
    • @nifty with ドコモ光
    • Bフレッツコース
    • ADSL接続サービス
    • フレッツ・ADSL(スペシャルコース含む)

既にこれらの光サービスを利用しているという方や、これからniftyの光回線を契約予定だという方にはオススメです。

NifMoバリュープログラムでお得に!

NifMoの提携ショップでの購入や外食、アプリをダウンロードすることでポイントが貯まり、携帯料金が割引還元されるサービスがあります。Yahoo!ショッピング東急ハンズタワーレコードなど様々なショップと提携しているので普段の買い物をNifMoのアプリを通じて行うだけで料金が安くなります。

このプログラムを利用している方の平均割引額は1,041円(2015年7月度で)なので、少し工夫するだけで料金を安く抑えられそう。

携帯料金がほぼ無料になった、なんて人も居るようです。大手ショップと提携していますし、どんどん提携サービスが増えているのでチェックしてみてください。

BBモバイルポイントが無料で利用できる

NifMoを利用中なら、通常は有料のWi-FiスポットのBBモバイルポイントが追加料金なしで利用可能です。専用アプリを使えば自動で切り替えもできて便利。

外出先でスマホを利用する場合が多い、よく利用するお店でBBモバイルポイントが使える、という場合はこのサービスを使えば月々のデータ使用容量が抑えられます。

NifMoの注意点

格安SIMを利用する際には、以下の3点に注意が必要です。

    • 通話し放題プランがない
    • キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが使えない
    • ドコモショップ等の窓口がない

その他格安スマホについてあまり詳しく解らないという方は下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

音声通話タイプを契約した場合は、利用開始月または利用開始月の翌月から6か月以内に解約すると解約手数料8,000円が必要です。

途中で音声通話だけを解約する場合も2ヶ月以内の場合はでんわ契約解除手数料3,000円が必要になります。

このように音声通話契約をする場合は手数料がかかることがあるので注意しておきましょう。

まとめ

取り扱っているスマートフォンの評判や速度などもおおむね評価が高く、何より全体的な価格が安いので総合評価が良いNifMo。
光サービス利用やバリュープログラムなどの割引サービスも豊富なので、賢く利用すれば月額利用料を無料にできる可能性もあります。

    • 人気の機種を安く手に入れたい
    • niftyのサービスを利用中
    • 安定した速度のSIMを使いたい
    • とにかくコスパ重視!


という方には特にオススメ。大手プロパイダも運営しているniftyが手掛けているので安心ですし、サービス充実度も高いので初心者の方にも最適です。

NifMo(ニフモ)の公式サイトはこちら

 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。