光回線

自宅のインターネットはどうする?おすすめのWi-Fi設置方法

生活の必需品と言っても過言ではないWi-Fi回線。

家のネット環境はスマホが普及することで不要になると言われていましたが、むしろスマホのデータ量の増加とともに需要も増えています。

「自宅のWi-Fi環境をどうしようか?」と考えた時、光回線、ポケットWi-Fi、ケーブルネット、スマホのテザリング…など、選択肢が多くてどれを選べばいいのかわかりにくいものです。

そこでこの記事では、数ある選択肢の中からあなたにおすすめのWi-Fi設置方法を紹介していきます。

光回線+市販のWi-Fiルーター

まず1つ目は光回線+市販のWi-Fiルーターの組み合わせ。この組み合わせは契約者も多く非常にオーソドックスな形です。

フレッツ光やauひかり、光コラボレーションなどの光回線会社と契約し、市販のWi-Fiルーターに繋げることでWi-Fi環境を作りあげることができます。

料金は戸建かマンションかで異なり、戸建は5,000円前後。マンションは4,000円前後が相場です。

回線名
(通信速度)
ファミリータイプ マンションタイプ 割引特典
ドコモ光
(下り最大1Gbps)
5,200円 4,000円 ドコモセット割引
Wi-Fiルータ無料
dポイント
キャッシュバック他
ソフトバンク光
(下り最大1Gbps)
5,200円 3,800円 ソフトバンクセット割引
乗り換えサポート
(最大10万)
キャッシュバック
auひかり
(下り最大1Gbps)
5,100円 3,800円 auセット割
乗り換えサポート
(最大3万)
初期工事費実質無料
キャッシュバック
NURO光
(下り最大2Gbps)
4,743円 2,500〜1900円
(人数によって変動)
ソフトバンクセット割
初期工事費実質無料
キャッシュバック
OCN光
(下り最大1Gbps)
5,100円 3,600円 (Wi-Fiルータ進呈)
so-net光
(下り最大1Gbps)
4,800円 3,500円 auセット割
キャッシュバック
ビッグローブ光
(下り最大1Gbps)
4,980円 3,980円 auセット割
ぷらら光
(下り最大1Gbps)
4,800円 3,600円 ひかりTVセット割
DMM光
(下り最大1Gbps)
定額:4,820円
2段階:3,720円〜5,420円
3,780円 格安SIMセット割
初期工事費実質無料
JCOM
(下り最大320Mbps)
5,700円 4,248円 auセット割
乗り換えサポート
(最大3万円)
楽天コミュニケーションズ光

(下り最大1Gbps)
4,800円 3,800円 楽天スーパーポイントが貯まる

Wi-Fiルーターは数千円~1万円程の価格で家電量販店などで手に入ります。

関連記事:これで解かる!Wi-Fiルーターの選び方と目的別おすすめ機種5選

安定感と速度を求めるなら光回線

光回線の一番のメリットは回線速度とその安定感です。

光回線は事業者にもよりますが最大1Gbpsの速度で、ポケットWi-Fiなどと比べても高速です。

また、光回線は有線でネットが通っているため回線が安定しています。

自宅中心に高速かつ安定した回線を使いたい人にはおすすめです。

工事と初期費用が必要

光回線は導入時に工事が必要になります。また、工事には10,000円~40,000円の工事費がかかるので、導入のハードルは少し高めなのがデメリットです。

工事は業者と日程を合わせて立ち会う必要もあり、繁忙期だと1ヶ月程待つことも。余裕を持ってお申し込む必要があります。

また、光回線の工事費は基本的に分割払いとして月額料金に上乗せされるのが基本です。回線業者によって分割回数は変わりますが、期間が満たないうちに解約をすると工事費の残債のみが残ってしまいます。

後述するWiMAX、SoftBank Airのように場所を選ばないわけではありませんので、2年以内に引っ越す可能性がある人にはあまりおすすめはできません。

光回線は使っている携帯から選ぶのがおすすめ

光回線は上述の通り種類も多いです。フレッツ光、NURO光、auひかりに加え、光コラボレーション回線が数百種類ありその中から最適なものを選ぶのも簡単ではありません。

光回線を選ぶ時は、まずは自分の使っている携帯で割引を受けられないか?を考えましょう。

ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光などが携帯とセットで大きな割引がある回線にあたります。下記の表はそれぞれの割引額です。

  ドコモ光
ドコモ光パック
ソフトバンク光
おうち割
au光
スマートバリュー
2GB
500円
934円
3GB
934円
5GB
800円
1000円

1410円
8GB
1000円
1410円
10GB
1200円
2000円

13GB
2000円
15GB
1800円
20GB
1000円

1000円
30GB
2000円
1000円

契約している携帯のプランで割引がどれくらい受けられるかをまずは確認してみましょう。

携帯の割引とうまく組み合わさると、どこの光回線よりも安くなります。

キャッシュバックも確認しよう

光回線は契約時にキャッシュバックがもらえることが多いです。格安SIMを使っているなど、携帯とセット割引を受けられない場合はキャッシュバックの還元額も参考にすると良いでしょう。

回線名 キャッシュバック
auひかり 3~4万円
フレッツ光 個人の場合5,000円~1万円程度
NURO光 3.5万円~4万円
ドコモ光 1万円分のポイント等
ソフトバンク光 他社乗り換えで最大2万円等
so-net光 2.4万円(初期工事費分)
電力系光回線 2~3万円前後
(ない場合も多い)

キャッシュバック額は1万~4万円程と、幅が大きいです。キャッシュバックをうまく利用して工事費などの初期費用をカバーすることも可能です。

関連記事:結局どれがおすすめなの?光回線10社を分かりやすく比較する

 

工事不要のWiMAX

次にポケットWi-Fiの代表格ともいえるWiMAX。WiMAXは光回線と比較すると初期工事が不要で契約してルーターが届いたその日から利用できる点が大きな特徴です。

また、場所を選ばず外でもWi-Fi環境を構築できるのも大きなメリットです。

以下のような方におすすめができます。

  • すぐにWi-Fi環境を構築したい
  • 近々引っ越しをする可能性がある
  • 外でもWi-Fiを使う

WiMAXはキャッシュバックで選ぶのがおすすめ

WiMAXはキャッシュバックが大きく、契約窓口によっては40,000円以上の還元があります。

WiMAXはBIGLOBEやGMOとくとくBBなど、プロバイダと呼ばれる窓口から契約ができ、プロバイダによって月額料金・キャッシュバック金額が異なります。

WiMAXは月によって料金が変わるプロバイダが多いのですが、おしなべて3,000円中盤~4,000円程が相場です。

名称 月額料金 CB
GMOとくとくBB 1~2カ月目:3,609円
3カ月目以降:4,263円
40,400円
So-net 1~2ヶ月目:1,180円
3~36ヶ月目:4,250円
37ヶ月目以降:4,379円
30,000円
ビッグローブ 1~2ヶ月目:3.695円
3ヶ月目以降:4,380円
最大30,000円
1~2カ月目:2,595円
3~24カ月目:3,880円
25カ月目以降:4,380円
最大15,000円
@nifty 1ヶ月目:0円
2~3カ月目:3,670円
4カ月目以降:4,350円
30,000円
UQWiMAX 1~3カ月目:3,696円
4カ月目以降:4,380円
なし
(商品券)
BroadWiMAX
(Linklife)
1~2カ月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25カ月目以降4,011円
なし
(月額料金割)

どのプロバイダを選んでも利用する端末や回線は基本的に同じなので、どのプロバイダが安くてキャッシュバックが大きいかを比較して選ぶようにしましょう。

関連記事:WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことまとめ

ソフトバンク利用者ならソフトバンクエアーがおすすめ

ソフトバンクエアーは、工事不要で自宅に導入できる固定回線です。

光回線と違い工事が不要なので、引っ越しをする可能性があっても基本的に問題ありませんし、初期費用もかかりません。

通常の月額料金は4,880円/月で、光回線の戸建プランと比べると若干安い程度です。しかし今なら「はじめようSoftbank Air割」-1,080円の割引が24ヶ月間適用されて3,800円/月となり、光回線と比べてかなり安くなります。(下表は「はじめようSoftbank Air割」適用時の金額)

プラン名
基本月額料
機種代
1~24カ月目
(分割払い)
3,800円 実質0円
(月月割によって実質無料)
25カ月目以降
(分割払い)
4,880円
1~24カ月目
(レンタル)
4,290円 レンタル料月額490円
(左は含まれています)
25カ月目以降
(レンタル)
5,370円

また、ソフトバンクの携帯利用者であればおうち割が適用となり、さらにお得に利用できます。

プラン 割引額
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額ミニ 1GB
(スマ放題の場合:1GB,2GB)
500円
データ定額 5GB 1,000円
データ定額 20GB 1,000円
データ定額 30GB 1,000円
データ定額 50GB 1,000円
スマ放題 データ定額
(3G ケータイ)
500円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE 500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G 500円
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+(ポケットWi-Fi) 1,000円

おうち割適用時は「はじめようSoftbank Air割」が-580円/月なので、スマホを5GBで利用している場合の合計割引額は1,580円/月。Softbank Airの利用料は3,300円/月まで下がります。

工事・設定不要で当日から利用できる

Softbank Airの一番のメリットは工事も設定も不要な点です。

光回線だと工事に時間がかかるのに加え、工事後もインターネットに繋げるために初期設定が必要になります。

しかし、Softbank Airの場合初期設定すら不要でコンセントに繋ぐだけでWi-Fi環境を構築できるのです。

「Wi-Fiは使いたいけど、設定はわからないし面倒なことはしたくない」という人に最適です。

初期費用もいらず、工事も不要。さらに月額料金が最安3,300円になるSoftbank Air。ソフトバンク利用者ならば選ばない理由がないほど安くなっています。

まとめ

自宅にWi-Fi環境を構築する場合、大きく分けて「固定回線+市販のWi-Fiルーター」「WiMAX」「Softbank Air」が挙げられます。

それぞれの特徴と、どのような人が選ぶべきかをまとめると以下のようになります。

  • 高速で安定した回線を使いたい:光回線
  • 工事不要で外でも利用したい:WiMAX
  • 工事不要で安く利用したいソフトバンク利用者:Softbank Air

上記の判断軸でおおまかに選んだのち、月額料金・キャッシュバック金額・使い勝手・面倒な手順があるかないか、などで絞っていくと選びやすいです。

あなたにあったWi-Fi構築方法を選んで快適なWi-Fi環境を構築しましょう。

ABOUT ME
T.K.エルモ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。