光回線の乗り換え

やさしくねっと.

インターネット回線の引っ越し時は回線の乗り換えが断然おすすめ

 

0134c0706b014af40e623c44f4cc03e4_s

ヤマダ電機やケーズデンキ等の家電量販店の宣伝でご存じの方も多いと思いますが自宅で利用しているインターネット回線、光回線を新しく新規で申し込むと数万円~のキャッシュバックが得られたりまします。

ネット回線申し込みで得られるキャッシュバックは利用する回線の新規申し込み、例えばフレッツ光なら新しくフレッツ光を申し込みをし工事が完了すれば得ることができます。

つまり他社からの乗り換えでもOKなので例えば今使っているネット回線がフレッツ光ならフレッツ光を解約してauひかりに乗り換えてもauひかりの新規キャンペーンの恩恵を得られるわけです。

「じゃあ乗り換えた方が得なんじゃ?!」

その通りです。

ネット回線、光回線の乗り換えは新しく申し込み手続きをしたり工事の立ち会いが必要だったり面倒なことが多いですが、それさえ済ませば3~5万円以上の特典が得られるのでお得であることは間違いないです。

引っ越し時に乗り換えるべき理由

引っ越しはネット回線の乗り換えをするベストタイミングです、

何故なら引っ越し時は今使っているネット回線をそのまま利用しようが他社に乗り換えようがどちらにしても新規回線工事の立ち会いと旧回線の撤去工事の立ち会いが必要で、新規申込の手続きを考慮してもこちらの負担もそれほど変わりません。

住む場所や建物(一戸建てかマンションか)等によってもプランが変わる場合もありますのでこれを機に見直すと毎月の支払いを大幅に安くすることが出来る場合もあります。

多くの人は引っ越し時にネット回線をどうするべきか分からないので今使っているプロバイダ等に電話します。

すると「引っ越しの手続きをすれば継続して出来るので引っ越ししてください」と言われます。

これは非常にもったいないです。

どのみち引っ越しには手間が掛かるのでどうせなら新しく乗り換えた方がキャッシュバックも得られるので断然お得です。

ネット回線乗り換えの注意点

ネット回線の乗り換えはキャッシュバックがもらえてお得ですが注意したい点が4つほどあります。

それは

    • 今使っている回線の解約時の違約金
    • 新しく利用する回線のエリアの確認
    • プロバイダのメールアドレスが変わる
    • 短期間での乗り換えはNG

です。

乗り換え時は違約金に注意!

自宅のインターネット回線でも携帯電話でも乗り換えの際は違約金、解約金に注意が必要です。

一昔前(4年以上前くらい)のプランだと2年以内の早期解約以外で違約金が掛かることはほとんどありませんでしたが最近は自動更新プランが多いので解約月(自動更新する前の月)以外で解約しようとすると違約金が発生してしまう場合が多いです。

※今使っている光回線が引っ越し先でエリア外の場合例外的に違約金が発生しない場合もあります

解約する前にプロバイダ等に電話して解約金がいくら掛かるのかを確認しましょう。

多くの場合2年以上使ってれば解約月以外の時に解約をしても違約金は1~2万円以内に収まるので乗り換えた方がずっと得になることが多いですが、フレッツ光西日本のもっと割等はタイミングが悪いと3万円以上違約金が発生するので注意が必要です。

事前に利用出来るか確認しよう

ネット回線は種類によってエリアが変わってきます。

フレッツ光はエリア対象だけどauひかりだと対象外だったり、その逆だったりする場合もあります。

特にマンション、集合住宅は地理的に対象エリアでも入居する物件が対応していないと利用できないので注意が必要です。

ちなみにエリア対象外のネット回線は申し込み自体が出来ないため「使えない回線を契約してしまった・・・」ということにはなりませんのでご安心を。

プロバイダのメールアドレスが変わる

同一プロバイダの乗り換え(例えばso-netのフレッツ光からso-netのauひかり等)の場合は問題ありませんがプロバイダが変わる場合(例えばOCNのフレッツからauひかり等)に乗り換えるとプロバイダのメールアドレス(@ocn.ne.jp等)が利用できなくなります。携帯電話と同じようなイメージです。

プロバイダのメールアドレスが変わると困るという方は同一プロバイダで乗り換えをしましょう。

ただしフレッツ光の利用者に多いOCNやyahooBBはauひかり等他社回線を扱っていないこともあります。

後述する光コラボレーションの場合も同一プロバイダならメールアドレスがそのまま利用できます。

短期間での乗り換えは絶対にやめましょう

ネット回線を新規で申し込むと高額のキャッシュバックを得られることが出来るためそれを悪用して短期間で乗り換えを試みる人が少なからずいるようです。

しかし今のシステムでは違約金や工事費を踏み倒したり返金に応じなかったり等詐欺まがいのことでもしない限り儲かりません。

何故なら例えばフレッツ光東日本を工事費分割払いで契約してすぐに解約した場合、工事費の残金(約3万)と2年割りの違約金(約1万)、それにプラスしてプロバイダの違約金が発生するため初期費用を含めると5万円前後の負担になります。

ネット上では「最大10万円キャッシュバック!」というのもたまに見かけますがその内訳に友達紹介料や初期工事費無料キャンペーンが含まれていたりするので実質多くてもキャッシュバックは5万円程度のもんなのでほとんど儲けにはなりません。

更に現在高額キャッシュバックを受け取るには最低利用期間6カ月や11カ月等の条件が課せられていることが大半です。

キャッシュバックを目的に契約して得することはありませんのでご注意ください。

※光電話の引っ越し、電話番号について

ひかり電話の電話番号の引き継ぎについてですが、電話番号の引っ越しについてはいわゆる番号が変わらない地域内での引っ越しであればほとんどのケースで引き継ぐことが可能です。

NTTの条件としては、

転先でNTTのひかり回線が開通可能であること。
移転先が、移転元と同じNTT収容局であること。
最初にその電話番号を取得したのが、NTTの一般加入電話番号であること(ひかり電話の番号は不可)。

 

となっています。

電話番号の下4桁以外はNTTの収容局で決まってくるので収容局が変われば電話番号を引き継ぐことはできません。

「最初にその電話番号を取得したのが、NTTの一般加入電話番号であること」というのはつまり、

加入電話(従来のアナログ電話)→ひかり電話に移行ならその後の移行が可能であり、ひかり電話で番号を取得したものは引っ越しで電話番号を引き継ぐことが出来ないことを意味しています。

これはNTTのフレッツ光間だけでなく以下の例でも同じようなことが言えます。

・加入電話で番号取得→フレッツ光→auひかり=ひかり電話番号移行OK

・フレッツ光で番号取得→auひかり=ひかり電話番号移行不可

・auひかりで番号取得→フレッツ光=ひかり電話番号移行不可

※NTT収容局が変わると移行することはできません

 

乗り換えにオススメな光回線

be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s

今使っている回線によってオススメは当然変わってくるので順位は付けられませんがいくつか上げておきます。先にネタバレすると現段階で最もキャッシュバックが大きいのはauひかりです。

フレッツ光のキャンペーンが終わり、光コラボレーションの新規申込特典が小さい今、お得に契約出来るのはauひかり以外にありません。

ちなみに回線によって月額料金が多少変わってきますが大差はないのでキャンペーンで選んでもほとんど問題ありません。

他社乗り換えならauひかり!

もし今使っている回線がauひかり以外であればauひかりが断然オススメです。

というのも以前はフレッツ光の特典が一番大きいイメージでしたがNTTが光コラボレーションを始めたため最近はフレッツ光は大きいキャンペーンをほとんど行っていません。

auひかりは家電量販店等でキャンペーンを行ってないことも多いですがインターネットから申し込むと4万円以上のキャッシュバックを得られることも多いためとてもお得です。

さらに他社からの乗り換えの際に掛かる違約金を最大3万円まで負担してくれる乗り換えサポートもあるので圧倒的にお得です。

⇒キャッシュバックなしで高額キャッシュバックのある販売店はこちら

auひかりのキャンペーンに関しては下記のページに詳しく書いているのでご参照ください。

auひかりの新規申し込みキャンペーンを比較

auひかりが利用できない場合は光コラボレーション

すでにauひかりを利用していたり集合住宅でauひかりが対応していない場合は光コラボレーションがお勧めです。

光コラボレーションが分からない場合はこちらをご一読ください。

フレッツ光から光コラボレーションへ乗り換えの場合は転用となり、キャッシュバック等を得ることはほとんど出来ませんが毎月の料金を抑えることが出来るのでお勧めです。

工事費等も掛かりません(一部お使いのプランによって発生することもあります)。

auひかりを利用している人はso-netの光コラボレーションがお勧めです。

現在新規申し込みで2万円のキャッシュバックを得ることが出来ます

 

光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。