スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

格安スマホ満足度一位はIIJmio!私も使ってるけどね。

 

iphone-615200_1280

格安スマホ(格安SIM)に乗り換えて2カ月ほど経ちましたが通信速度や速度制限等にも不満はなく問題なく使えています。

相変わらず格安スマホの情報はキャッチするようにしているんですが、面白い調査結果が今日見れたのでちょっと言及することに。

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)の調査(調査期間2015年4月21日~5月7日)によると、格安スマホに満足していると回答した人は61.2%だったそうです。

格安スマホ利用者の満足度、61.2%が「満足」と回答、格安スマホサービス別では、IIJ mio利用者の満足度が最も高く70.8%

この数字が高いか低いかというとちょっと微妙な気がしなくもないですね

スポンサーリンク

利用者の約半数が大手から乗り換え?

元記事では様々な数字が取り上げられていますが、その中でも特に興味深かったのがキャリアからの乗り換え率。

有効回答数(1250人)のうち46.8%がドコモ、au、ソフトバンクからの乗り換え(MNP)でした。これはすごい以外でした。私も実際に乗り換えたので分かるんですが、結構めんどくさい気がして躊躇っちゃいますからね。

特に乗り換える前のイメージとしては格安スマホは二台目以降のサブとして使う人が多い気がしていました。まあ半数以上がMNPじゃないのでそういう使い方が多いという結果ではありますが。

内訳としてはドコモがやや多いものの基本的に3等分といった感じで、まあスマホがそのまま使える上に契約者数が一番多いので意外とドコモの割合が少ないなあという印象。

それ以外は特に目立つようなデータはなかったですね。

しかし今後もどんどん増えそうな予感はしています。キャリアは早いうちに手を打たないと契約者どんどん減る予感。

まあIIJmioやOCNモバイルONE等ほとんどのMVNOがドコモ回線を使っているのでドコモだけはウハウハなのかも。

満足度一位はIIJmio

今回調査した各サービス(OCNモバイルONE、IIJmio、ビッグローブ、楽天、B-mobile)の中で満足度が一番高かったのは私も利用しているIIJmioでした。まあ当然の結果ですw

快適過ぎ!?格安スマホ(IIJmio)に乗り換えて2週間が経ったので感想とか書く

IIJmio利用者のうち、約70%が満足、やや満足との回答。残り30%は不満があるようでまだまだかなあという印象は否めないですね。

次いで満足度が高かったのはやはりOCNモバイルONE。こちらもこのサイトでは結構オススメしているので良かったです。

逆に楽天やb-mobileはともに満足度は50%程度でちょっと厳しいなあという印象。まあそんなもんかな。

一位に輝いたIIJmioは私も実際に使っていて思うんですが、本当に回線も安定していて月額料金も乗り換える前の約3分の1程度になったので満足度は高いです。

もうひとつこのサイトで一押ししているso-netモバイルがこの調査に入っていなかったのが残念ですが、こちらも回線の品質面ではIIJmioに劣っていません。

初めて格安スマホを利用するならso-netのスマホセットが安くて安心!

まとめ

調査時代が格安スマホ5種類だったのではっきりとはわかりませんが、満足度はまあ予想通りの結果でした。

しかし本当に以外だったのがMNP率が多いところ。

月額費用が下がるといっても意外とめんどくさくてやらないんですよ。私の会社の同僚も誰一人格安スマホに乗り換えた人なんていませんし、知り合いに使っている人もいないですから。

だけどやっぱり月額5,000円とか削減出来るので賢い人はどんどん乗り換えてます。キャリアもうかうかしてはいられないんじゃないでしょうか。そういう意味ではいい方向だと思います。

わずか2,000円でスマホが使えるってホント、いい時代になりましたねえ。

スポンサーリンク

 

タグ : 

トレンド    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。