格安SIMにするとスマホ代が月額3,000円以下になります。

「え?自分と妻、それに子どもを合わせたらスマホ代が毎月2万を超えてる!?

Fotolia_88916567_XS

スマホ代って高いですよね。

そう感じた私はこれまで利用していたauからMVNO(楽天、OCN等)と呼ばれる通信業者が提供する格安SIMに乗り換えました。

格安SIMは去年かなり話題になったのでもう知らない人はほとんどいないかもしれませんね。

そしたらスマホ代が8,000円から3,000円以下になりました。

つまり毎月5,000円、年間通してみれば6万円の節約になっています。

乗り換えた当時は大丈夫なのかなーと思ってかなり悩みましたが今となってはもう普通のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を使うなんて考えられません。いや本当に。

ここまで安くなって不便なく使えているわけですからね。

だけど格安SIMはなんか不安・・・

もうあれだけテレビのCMやネットの広告等で宣伝されているわけですから格安SIMにするとスマホ代が大きく安くなることはほとんどの方が知っていると思います。

しかしやはり不安は残ります。

実際格安SIMは知っているけど乗り換えたという人は10人に1人くらいといデータもあります。

私も始めは乗り換えるのが不安で3か月くらい迷っていました。

また、インターネット上の調査やレビューサイトで格安SIMに乗り換えて失敗したという声を少なからず見かけます。

そして何より「よくわからない」という意見が多いんじゃないでしょうか。

しかし格安SIMは決してデジタルオタクやスマホに詳しい人のためだけに作られたサービスではありません。

むしろよくわからずに無駄に高い料金を払っている大多数のスマホユーザーのために作られたサービスなんですよね。

それまで携帯電話業界は大手3社のほぼ独占状態でどこも似たり寄ったりのサービス、料金プランを実施し、私達利用者は実質選択の余地がありませんでした。

そこに格安SIMという一石が投じられたわけです。

格安SIMとこれまでのドコモ、au、ソフトバンクの大きな違いは選択肢があるかないかです。

これまでドコモ、au、ソフトバンクではどこで契約をしようとiPhoneを始めとするスマホとセットで購入し、無料通話が付き、2年縛りを契約することになります。

しかし格安SIMではスマホを新しく買い替えるかどうか、無料通話を付けるか付けないか、メールアドレスを付けるか付けないか等を選べるようになっています。

格安SIMで失敗しないためには

ドコモ、au、ソフトバンク等のキャリアと格安SIMの違いは選択肢があるかないかの違いであると説明しました。

私達が当たり前のように契約していた大手3キャリアの場合、実は無条件でフルオプションの契約がされていました。

スマホ本体は本体価格10万円前後のiPhoneやサムスンのギャラクシー、5GBのデータ通信にカケホーダイと呼ばれる通話し放題のプラン、更にメールアドレスやその他付随サービスを契約することになります。

しかし格安SIMはそれらを自分で選ぶことが可能で、不要なものをそぎ落とすことが出来ます。だから安くなるんです。

私が契約している格安SIMには本体代は含まれておりません。

無料通話、カケホーダイもありません。メールアドレスもありません。

あるのは5GBのデータ通信量のみ、もちろん課金制ではありますが通話も可能です。

これで月額2,500円ほど。通話料も入っています。

スマホ本体も安いものなら月額500円程度(総額2~3万円程度)のものから選ぶことが出来ます。

失敗パターンの多くは通話料金

格安SIMにカケホーダイはありません。最近は一昔前まで主流だった通話パックのようなサービスもある会社も出てきましたが基本的には通話料金は完全に課金制で30秒ごとに20円掛かります。

なのでたくさん通話する人には向いていません

毎日10分通話すると1日400円、1ヵ月で12,000円掛かります。

これじゃあ全然安くありませんよね。

でも、私を含め今の若い世代って通話することってほとんどないんですよ。通話することがあっても宅配業者や病院の予約みたいな対業者くらいで、それ以外で通話することがほとんどありません。

だから通話時間はせいぜい1日1分あるかないか程度で、私の場合本当にほとんど電話しないので通話料が月額500円を超えたことがありません。

私のような人って多いと思うんですよ。

だけどドコモやauだとスマホ契約しようとするとほぼ無条件で通話料が安くなるプランに加入されちゃうんです。

だからもったいない。

だから通話をあんまりしない人には格安SIMがとても向いているんです。

理解せずに契約すると・・・?

後通話料以外にもやはり注意すべき点はあります。

それは主に3つ。

  • メールアドレスがなくなる
  • おサイフケータイがなくなる
  • 店頭サービスがなくなる

です。

まず「@docomo.ne.jp」のようなメールアドレスがなくなります。最近は一部独自のメールアドレス(ビッグローブなら.biglobe.ne.jp等)がオプションで利用出来るようになりましたが当然今使っているメールアドレスは使えなくなるので注意が必要です。

ただ、最近はスマホが主流になったため、依然のように送信先がPCメールを受け付けないというはほとんどなくなってきたので「@biglobe.jp」のようなメールアドレスでもほとんど問題はないでしょう。

2つ目のおサイフケータイは格安SIMにするとおサイフケータイが使えなくなるというわけではありませんが(スマホの機種によっては未対応)、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に頼った決済サービスが使えなくなります。

そしてそれ以外のsuicaを始めとするモバイル決済サービスもスマホ本体が対応していないと使えません。

ドコモやauで契約する際に購入するスマホは総額5万円~10万円する高額なスマホなのでそのどれもにおサイフケータイの機能が付いています。

しかし格安SIMで同時購入するスマホは本体価格2~3万円ほどの安価なものもあり、それらにはおサイフケータイ機能が付いていないことが多いです。注意してください。

3つ目の店頭サービスについてですが格安SIMにはドコモショップやauショップのような実店舗がほとんどないので何か困ったことがあった時に頼ることが出来ません

私は元々ショップに行くことがほとんどなかったので何も問題はありませんでしたが、スマホの操作やアプリの使い方等を聞くためによくショップに訪れるという人はかなり不便かもしれません。

というデメリットを全く知らずに契約すると失敗してしまいます

が、これらを理解した上で問題ないというのであれば格安SIMに乗り換えて後悔するようなことはないと思います。

MNP(番号移行)も出来るので是非検討してください。

一番もったいないのはとにかく通話をほとんどしないのにドコモやau、ソフトバンクのカケホーダイプランを始めとする通話が安くなるプランに入っていることです。ほとんど使っていないサービスに毎月数千円払っているようなもんです。

オススメ格安SIM3種(参考)

格安SIMと言っても今は本当にたくさんあります。

私が知る限りでも30社近くあるんじゃないでしょうか。

どれがいいのか分からないという人はとりあえず下記3社で選んでみるといいです。

どれも多くの方が利用していて人気のある格安SIMです。

mineo(マイネオ)

ドコモとauの回線が選べる!

mineoはドコモの回線とauの回線を選択できる数少ない格安SIM(格安SIM)です。

そのためドコモのスマホだけでなくauのスマホであってもそのまま利用することが可能です。

現在最も契約者数を伸ばしている格安SIMの一つです。

mineoのプラン

mineoはドコモ回線を利用したDプランとau回線を利用したAプランとで月額料金が若干変わってきます。

<Dプラン(ドコモ回線)>

容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(音声通話)
500MB
700円
1,400円
1GB
800円
1,500円
3GB
900円
1,600円
5GB
1,580円
2,280円
10GB
2,520円
3,220円
20GB
3,980円
4,680円
30GB
5,900円
6,600円

<Aプラン(au回線)>

容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(090音声通話)
500MB
700円
1,310円
1GB
800円
1,410円
3GB
900円
1,510円
5GB
1,580円
2,190円
10GB
2,520円
3,130円
20GB
3,980円
4,590円
30GB
5,900円
6,510円

※価格はSIMのみです。スマホ本体代は含まれていません。

月額料金は格安SIMの中でも比較的安価で、選べるプランも豊富です。

また、合わせて購入出来るセットスマホの種類も豊富で、富士通のarrowsなど国内メーカーが多いのが特徴的です。

楽天モバイル

楽天市場で使える楽天スーパーポイントが貯まる!

格安SIMは価格重視のためサービス面でキャリアに劣っている部分が多いです。

しかし楽天モバイルは毎月の利用額に応じて楽天スーパーポイントが貯まる大変お得な格安SIMです。

ポイントは多くの人が利用している楽天市場等で使えるのでキャリアのポイントサービスよりもはるかに優れています。

更に他社に比べて回線速度にも定評があり、現在最も契約者数を獲得している格安SIMです。

楽天モバイルのプラン

プラン名 データSIM データSIM
(SMS付)
通話SIM
※ベーシック 525円 645円 1,250円
3.1GB 900円 1,020円 1,600円
5GB 1,450円 1,570円 2,150円
10GB 2,260円 2,380円 2,960円
20GB 4,050円 4,170円 4,750円
30GB 5,450円 5,520円 6,150円

※ベーシックは低速プランです。

※価格はSIMのみの価格です。スマホ本体の価格は含まれていません。

楽天モバイルはメール、SNS程度のライトユーザー向けプラン(ベーシック)から通信容量10GBの4種類から選ぶことが可能で、セット端末も10種類以上あるので幅広い方にオススメできます。

私が勤める会社でも現在2名の方が利用しており、「通信速度も安定していて使い勝手が良い」と話していました。

何より毎月利用するだけで、日常的に利用している人も多い楽天市場で使えるポイントが貯まるので格安SIMとしては随一の付加サービスを持っていると言えますね。

SIMのみの価格がわずか1,600円なのでスマホとセットで購入しても月額3,000円前後に収まります。現在スマホ代に毎月6,000円以上掛かっていればおおよそ半額程度で利用できる計算です。

格安SIMを検討している方、特に拘りがなければ楽天モバイルで問題ないと思いますよ。是非ご検討ください。


 

IIJmio

品質重視で選ぶならコレです!

私もauから乗り換えて現在IIJmioを利用中ですが通信速度が安定していて不満なく使えています。ネットでも評判がよく現段階で最も信頼できる格安SIMです。

参考記事:IIJmioのスマホセットはコスパ最強!

格安SIMは月額料金はとても安くて良いんですが、モノによっては回線速度が遅く不満のある人も多いです。
しかしIIJmioは某家電評価雑誌等でも高評価を得ていてネットでの評判も良いです。

IIJmioのプラン

SIMのみの価格はこちら。

プラン名 ミニマム
(3GB)
ライト
(5GB)
ファミリーシェア
(10GB)
データSIM 900円 1,520円 2,560円
音声通話SIM 1,600円 2,220円 3,260円

現在私もIJmioを使っていますが通信が非常に安定していて満足しています。始めはそれを恐れて格安SIMに変えることを戸惑っていましたが、確かにやや劣るものの特に問題を感じず利用することが出来ています。

それまでauの支払いが8,000円くらいだったのですが現在は通話料をいれてわずか2,000円ほどですんでいます。


 

スマホ本体とセットで購入したいと考えている人は合わせてこちらもご覧ください。

スマホ込みで月額2,000円代で快適に使える格安SIMまとめ