携帯電話の解約時の違約金

やさしくねっと.

ドコモ、ソフトバンクのスマホ早期解約金が悪質と言われてるけど妥当じゃね?

 

15422348172_24aab72764_z

4月に入ってドコモ、ソフトバンクがスマートフォンの解約金についての変更がありました。

ソフトバンク、一部解約金の条件変更について「妥当な金額設定」とコメント | マイナビニュース

NTTドコモが短期解約阻止の施策 解約金が5万円台になるものも - ライブドアニュース

簡単に説明するとどちらも、

「端末一括0円で購入したスマホをすぐに解約すると4、5万位違約金が掛かるようになる」

という内容です。

ネット上では「えげつない」、「酷い改悪」とか言われていますが私としてはソフトバンクの中の人と同意見で、「妥当じゃね?」と思っているところです。

スポンサーリンク

そもそも端末0円とはどういうことか

ドコモのFOMA、mova時代からこの端末0円キャンペーンはありました。ドコモの携帯電話を契約すると機種代が0円になるってやつ。

これどうしてそんなことが出来るかというと今更説明するほどのことでもなく、キャリア側としては利用者が毎月払う通信料で回収出来るからです。この仕組みは昔からありました。

しかしFOMA時代にこの売り方が問題になり機種代0円という表記がなくなり、代わりに分割購入という形が取られていました。私が最後に使ったガラケー(5年くらい前かな)も毎月2000円程度の分割購入でした。

しかし分割購入で毎月2000円だと「払うのはもったいない」、「古い機種で良いじゃん」っていう賢い消費者が新しい携帯を購入しなくなります。

なのでキャリアは新しい施策を始めました。それが現在各キャリアが行っている「機種代相殺プラン」。新規購入をしてくれたら機種代の一部または全部負担するというキャンペーンです。

auの毎月割とかソフトバンクの月月割りとかがこれに当たります。

しばらくは高額な携帯電話は「分割購入→機種代割引」が主流でしたがMNPで競争が激化し始めいつの間にか機種代0円が復活していましたね。ほんといつの間にか。

当然機種代は回収されている

17017026295_08f66695a6_z
credit: haru__q via FindCC

「機種代分割料金を負担します」ってのも始めから「機種代0円です」と謳うのもまあ実質同じことです。顧客側からすれば同じです。タダなんだからすげーお得感がありますね。

だけどこれ当然月額料金に組み込まれています。当たり前ですが。だからNNO(3大キャリア)のLTEプランってバカ高いんですよ。

MVNOだと毎月2000円~3000円くらいで済みますがMNOだと6000円~8000円くらい掛かったりする。もちろんMNOには無料通話や付随サービスがあったりして割高になるのは分かりますがそれでもちょっと高すぎるよね。

キャリアもiphoneやxperiaをメーカーから仕入れているわけですからその代金を何処からか回収しなければなりません。当たり前だけどユーザーから回収しています。

新しく変い買いないと損っておかしくねえか?

15422348172_24aab72764_z
credit: HAMACHI! via FindCC

私は間もなくMVNOに乗り換えますが現在auのiphoneを使っています。

なのでauのプランはそれなりに理解しているわけですがauの毎月割は相当おかしなプランです。

毎月割は定められたプラン(LTEがある割高なプラン)に加入しつつ、新しい機種を購入したら最大2年間約3000円割引しますというキャンペーンです(割引料金、期間は機種によって変わります)。

これは新規ユーザーに限らず機種変更の場合も適用されるようで例えば私がiphone5から機種変更でiphone6を購入するとこれが適用され、機種代の分割料金が毎月割で引かれてほとんどタダで購入できるというわけ。

しかし毎月割は「新しくスマホを購入した場合であること」と「最大2年間である」ということから、端末購入から2年経つと分割支払い料金が払い終わると同時に毎月割も終わるという仕組みになっています。

つまり新規契約から2年後、私の毎月の支払額は機種代が払い終わったにも関わらず全く変わっていないというわけ。

だけどこれからauショップでiphone6を買えば毎月割が適用されほとんど無料で買えるというわけ。

これおかしくね?

だって新しく買っても買わなくても支払う料金変わんねえじゃん?

だったら買った方がましじゃね?

選択肢ねえじゃん。

これが今のMNO(大手キャリア)のやり方です。これに嫌気が指してMVNOに変えようと思ったわけです。

知恵袋にこんなのがありました。

機種変について。こんにちは、こんばんは、携... - Yahoo!知恵袋

知恵袋

auなのでおそらく現在毎月割が適用されて機種代が相殺されていると思われます。家族は(機種代が払い終わる)2年後に安くなると思っているのでまだ使えるのに変え買えるなんてもったいないと思っているようですね。

でも実際は新機種に変え買えても変え買えなくても毎月の料金はほとんど変わりません。

情報化社会では知らない人が一番バカを見ます。

解約して機種代徴収されるのは当たり前だろ

ちょっと話が逸れてきてしまいましたが、機種代分割相殺割引にしても端末代実質0円にしても、実質月額料金に組み込まれているわけだから早期解約で端末代金分の違約金が発生することは問題があるどころか多くのユーザーにとっては納得のいく話のはずです。

例えばSONYのxperaとか価格コムでも5万くらいする機種を0円キャンペーンで買ったとして、速効解約して違約金がそれを回収するほどの掛からないとなると早期解約する人が後を絶たないじゃないですか。

特にドコモの場合、SIMロックの端末でもほとんどの格安SIMが使えるので端末目当てで新規契約して速効解約するって人が多いわけです。

キャリアだってメーカーから仕入れたスマホ代を払う必要があります。

その分誰が払っているかって当然長く利用している既存ユーザーからなんですよね。

こんなことやっていたらいつまで経っても携帯代は高いままだし長期契約するユーザーなんて減る一方でしょ。

だから妥当だろって思うわけ。

ただ解約だけじゃなく、逃げ道を残さないように安価なプランへの変更や機種変更にも高額な違約金が適用されるようなので失敗出来ない形態になっちゃいますね。

だけど分割購入が当たり前の時代ってこれが当たり前でしたよね。

スマホ買ったけど使いにくくてすぐにガラケーにした。そしたら前のスマホと今のガラケーの分割料金二重に払う羽目になったっていう。

そんな人結構いましたよね。

ご利用は計画的に。

一括で買わないから忘れがちだけどスマホ買うときって5万とか6万の買い物してるってことなんですよ。月額料金を考慮すると何十万って買い物です。慎重に選びましょう。

スポンサーリンク

 

タグ :

トレンド    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。