marubeni光の評判や料金プラン等

やさしくねっと.

高額キャッシュバックもあるmarubeni光の料金プランや評判等まとめ

 

総合商社としては有名な「丸紅」のグループ会社である丸紅テレコムも光コラボレーションを提供しています。

商社としてはとても有名な丸紅。

平成25年-26年の総合商社ランキングでは第2位と大手ですが、光コラボレーションを取り扱っている事を知っている方は少ないのではないでしょうか?

もともとは「Mひかり」という名称でしたが、これだけでは丸紅グループだと分かりにくいので「marubeni光」に変更したみたいです。

本ページではmarubeni光について解説していきたいと思います。

marubeni光は直接販売サイトで契約するのと代理店から申し込みをするのとでプランが大きく違います。

直販サイトはプランが難解でわかにりくく、キャッシュバックもないためあまりメリットがないので本ページでは代理店から契約した場合のプランを紹介します。

marubeni光の概要

marubeni光の料金プランですが、NTT東日本エリアと西日本エリアで少し違うようです。

NTT東日本では、

  • ファミリータイプ - 5,230円
  • マンションタイプ - 3,880円

NTT西日本では、

  • ファミリータイプW - 5,380円
  • マンションタイプW - 3,880円

※価格は税別です
※ちなみにEはEAST(東)、WはWEST(西)を意味してます
※プロバイダ料込です

 

お得な割引サービス

marubeni光では4年割を適用することで月額800円割引される「4ねん割」という割引サービスを行っています(上記価格反映済み)。

ただし4年割という名前通りこの割引プランを適用させると4年単位の自動更新となり、3年ごとに訪れる解約月以外で解約すると違約金が発生してしまいます。

違約金は下記の通り。最初の3年以内に解約すると高額な違約金を請求されます。3年以降なら解約月以外に解約しても9,500円で済むようです。

利用期間違約金
1ヵ月目~12ヵ月目36,000円
13ヵ月目~24ヶ月目24,000円
25ヵ月目~36ヶ月目12,000円
37ヵ月目以降9,500円

プロバイダは別契約

ソフトバンク光やOCN光等、多くの光コラボレーションはプロバイダ一体型のサービスですがmarubeni光に限ってはプロバイダが別契約となっているようです。

気になるプロバイダ使用料ですが標準のmarubeniBBなら、ファミリータイプで、マンションタイプともに980円(3年割適用時)となっています。

こちらは契約が別となっているため、3年ごとの解約月以外に解約すると5,000円の違約金が課せられます。上記回線の違約金とダブルで違約金が発生してしまうので解約する時は解約月以外で必ず解約するようにしましょう。余談ですが解約月はメモしてルーターなどに貼っておくと分かりやすいですよ。

初期費用、工事費について

maurubeni光を新規で申し込むと下記の初期工事費と新規申込手数料820円が発生します。

形式金額
()内は分割
【派遣あり】
屋内配線あり
またはVDSL方式
19,000円
(633円×30回)
【派遣あり】
屋内配線なし
またはLAN方式
9,600円
(320円×29回)
【派遣なし】2,000円
【派遣あり】
工事調整費
1,000円
【派遣なし】
工事調整費
500円

右の割引後の価格は現在キャンペーン中に付き割引されたものです。

どの金額になるか?ですが、一般的に一戸建てならほぼ間違いなく一番上のものとなります。マンションでもLAN配線方式が採用されている物件はかなり限られているので一番上のものとなる可能性が高いです。

marubeni光プランまとめ

非常にややこしいプランなので一覧表を作りました。

4年割に加入した場合のプランです。

区分プラン名3年割適用プロバイダ合計
東日本ファミリータイプE
ファミリーギガタイプE
4,250円980円5,230円
マンションタイプE
マンションギガタイプE
2,900円3,880円
西日本ファミリータイプW4,250円5,380円
マンションタイプW2,900円3,880円

基本的には西でも東でもファミリータイプで月額5,230円マンションタイプで3,880円という計算になりますね。

普通にフレッツ光を契約するよりは安くなると思います。が、auひかりや他の光コラボレーションよりも別段安いわけではありません。

auひかりについて:auひかりって結局どうなの?特徴や料金、評判をまとめる

光コラボレーションについて:結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

現在光回線ファミリータイプで5,200円前後、マンションタイプで3,900円前後が多いです。なのでmarubeni光の月額料金は標準的かなと思います。

キャンペーンについて

月額料金はそれほど魅力的ではありませんが、販売店、代理店によっては高額なキャッシュバックのキャンペーンを行っているものもあります。

こちらの販売店では現在marubeni光を新規で申し込むと10,000円のキャッシュバックを得ることが出来ます。特にオプションが必要なわけでもないので安心できます。

以前はもう少しキャッシュバック金額が大きかったのでそれなりに魅力的でしたが、現在は1万円程度なのであまり魅力的とは言い難いですね。

申込特典で見るならauひかりNURO光等の方が圧倒的にお勧めできるといえます。

 

評判は?

実際に利用されている方の評判を探してみましたが、少なかったですね。

まだまだ利用者は少ないのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

サンプルが少ないですが、通信速度は速いみたいですね。

後は、気にはなっているけど、迷っている方もいるようです。

また、Marubeni光の各販売代理店でキャッシュバックキャンペーンをやっているようですがその影響で工事が大幅に遅れていたり、サポートへ繋がりにくくなっているようです。

まとめ

上記をまとめると、

    • 4年割適用でも月額料金は他社と比べて平均的
    • 4年以内に解約すると高額の違約金が発生する
    • 販売店によっては工事費割引、キャッシュバックキャンペーンがある
    • 現在は新規申込特典は小さい

という感じですね。

以前キャッシュバック金額が3万円くらいあったので選択肢の一つに入れても良いと感じましたが、現在は総合的に見てあまり魅力的とは言えません。
こちらのページでお勧めの光回線を紹介しているので合わせてこちらもご一読ください。

結局どれがおすすめなの?光回線10社を比較する

 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。