格安スマホの種類

LINEモバイルの料金プランを人気格安SIMと比較!どっちがお得?

月々の利用料を安く使えることで人気の格安SIM。格安SIMがで始めた頃と比べて周りでの利用者もかなり増えてきました。

そんな中で、LINEの存在感もありLINEモバイルは認知度も高く注目を集めています。

しかし、携帯料金プランは複雑で「LINEモバイルって本当にお得なの?」と思われている人も多いのが現状。

そこでこの記事では、LINEモバイルとその他人気格安SIMを比較して本当にお得な格安SIMはどれかを解説していきたいと思います。

  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • mineo

この記事では、上記3つの人気格安SIMを比較していきます。

格安SIMの料金プランは大手携帯キャリアの料金プランと比べてシンプルでわかりやすいです。是非この記事を参考に格安SIMデビューを検討してみてください。

LINEモバイルは1,200円〜使える

まずはLINEモバイルの料金から見ていきましょう。

プラン/容量 音声通話SIM 備考
LINEフリープラン(1GB) 1,200円〜 LINEアプリの通話・トークが使い放題
コミュニケーションフリープラン(3GB) 1,690円 LINE・Twitter・Facebook・Instagramのデータ通信料がカウントされない
コミュニケーションフリープラン(5GB) 2,220円
コミュニケーションフリープラン(7GB) 2,880円
コミュニケーションフリープラン(10GB) 3,220円

LINEモバイルには、LINEフリープラン(1GBのみ)とコミュニケーションフリープラン(3GB~10GB)の2種類のプランがあります。LINEフリープランではLINEアプリの通話とトークが使い放題。コミュニケーションフリープランではLINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題になります。コミュニケーションフリープランでは3GBから10GBまで、月のデータ使用量を選ぶことができます。

また、他の格安SIMでも共通ですが、データSIMと音声通話SIMとが選べます。データSIMはインターネットのみ。音声通話SIMは電話もできるものです。

LINEモバイルは、LINEフリープランであれば1,200円で利用可能。また、一番大きいデータ容量の10GBのプランでも3,220円で利用できるので大手キャリアと比べたらかなり格安ですね。

料金プランは全体的に楽天モバイルが安い

それでは、LINEモバイルの料金プランを基準に他格安SIMと料金を比較してみましょう。全て音声通話プランの料金です。

データ容量 LINE 楽天 mineo
使い放題
1,250円
500MB
1400円
1GB
1,200円
1,500円
3GB
1,690円
1,600円
(3.1GB)
1,600円
5GB
2,220円
2,150円
2,280円
7GB
2,880円
10GB
3,220円
2,960円
3,220円
20GB
4,750円
4,680円
30GB
6,150円
6,600円


※mineoはDプランでの料金を表示しています。

楽天モバイルのみ、使い放題プランがあります。使い放題とは容量の制限なくネットが使える代わりに、ネットの速度が200kbpsとかなり低速になるプランです。ネットはほとんど使わない、Wi-Fi環境下のみでしか使わないという人向けのプランです。

比較表を見ると、全体的に楽天モバイルの料金が安いことがわかりますね。むしろLINEモバイルは全体的に他社よりも高いことがわかります。

料金以外での比較

料金は楽天モバイルが安いことがわかりましたが、では楽天モバイルを選べば良いか?と言われるとそうではありません。料金以外のメリットを比較してどう選べばいいのかを紹介していきます。

SNSの利用が多いならLINEモバイル

LINEモバイルのコミュニケーションプランではSNSが使い放題になります。ネット利用の多くがTwitterやFacebook、Instagramによる人であればLINEモバイルがお得になる可能性は大いにあります。

例えば楽天モバイルで10GB(2,960円)が必要でも、SNS中心の利用であればLINEモバイルの5GB(2,220円)で済む可能性があるのです。

また、LINEモバイルの大きなメリットはLINEのID認証ができることです。LINEのID認証はLINEのID検索をするときに必須で、ID認証していない場合はID検索が利用できません。LINE以外の格安SIMでは例外なくID認証ができないので、格安SIMでLINEのID検索をしたい人はLINEモバイル一択になります。

au回線を使いたいならmineo

mineoでは、ドコモ回線を利用したプラン(上記表で紹介)以外にもau回線を使ったプランもあります。

格安SIMの9割以上はドコモの回線を使っているので、例えばドコモのスマホに格安SIMを差し込めばそのまま利用できます。しかし、ソフトバンクのスマホの場合SIMロック(ソフトバンクのスマホはソフトバンクのSIMしか使えないようにするロック)がかかっているので利用ができません。

つまり、mineoであればドコモのスマホもauのスマホもプランを変えるだけでどちらも使えるのです。

現在auを契約している人や、手元にauスマホがある人はmineoを選ぶと良いでしょう。

mineoのAプラン(au回線)の料金は以下の通りです。

データ容量 ドコモ au
500MB 1,400円 1,310円
1GB 1,500円 1,410円
3GB 1,600円 1,510円
6GB 2,280円 2,190円
10GB 3,220円 3,130円
20GB 4,680円 4,590円
30GB 6,600円 6,510円

全ての容量でドコモよりも90円ずつ安いですね。

関連記事:auスマホユーザーは2年縛りが終わったら格安SIMに乗り換えるべき

楽天サービスを利用しているなら楽天モバイル

楽天では楽天市場をはじめとした多くのサービスを展開しています。楽天のサービスを利用すると楽天モバイルがもらえる、というのはおなじみなのですが、楽天モバイルもその対象になります。

さらに楽天モバイルを利用していると、楽天ポイントの付与率が常時プラス1倍になる特典があります。

楽天でよく買い物をする、楽天ポイントを貯めているという人は楽天モバイルがおすすめです。

関連記事:通話料を圧倒的に安く出来る楽天モバイルは通話が多い人におすすめ

まとめ

LINEモバイルは人気の格安SIMですが、料金は他格安SIMと比べて必ずしも安くないことがわかりました。

しかし、格安SIMを選ぶにあたって安さだけではなく他のメリットも加味して選ぶべきです。今回紹介したLINEモバイル・楽天モバイル・mineoでは下記のことがいえます。

利用状況によってもおすすめできる格安SIMは変わってくるので、自分にあった格安SIMを契約しましょう。