lineモバイル

やさしくねっと.

LINEモバイルって実際どう?サービスや速度の評判を紹介

 

利用者も増えて人気のLINEモバイル。乗り換えを検討している人もかなり多いのではないでしょうか。

そこで気になるのは、実際に使っている人の評判ですよね。

この記事では、実際にLINEモバイルを使っている人の評判を紹介していきます。

契約時の参考にしてください。

速度の評判はあまりよくない

TwitterでLINEモバイルの速度の評判を集めてみました。

<速い評判>

<遅い評判>

実際に調べていると、「速い」評判よりも「遅い」評判の方が多くみられました。上記の速い評判も、郊外で使っているものと、最も混みにくい昼を避けた時の測定結果でした。

ただこのようなネットの評判は良いという評判よりも悪い評判の方が表に出てきやすい性質があります。

「不満はない」

とわざわざ投稿する人は少ないですからね。

速度は時期によって変わる

では、LINEモバイルは遅いのか?というと、そうではありません。

LINEモバイルの「遅い」評判の多くは、「遅くなった」というものがほとんどでした。つまり、もともとは速かったのに遅くなったという意味です。

携帯会社も含め、格安SIMはどこの会社も利用者が増えると回線が混雑しやすくなるので、一般的に速度は遅くなります。それに対し回線を増強して速さを保つようにしているのです。

なので、利用者が増える→回線が遅くなる→増強する→速くなる→利用者が増える...という循環をするわけです。

これはLINEモバイルに限ったことではありませんが、どのタイミングに速度を測るかによって速度の評判は変わるものと思っていた方が良いです。

LINEモバイルも最近はあまり評判が良くないようですが、月に2~3回の増速工事をしているので改善されることが見込まれます。

月額料金が安くなった

大手携帯会社から乗り換えをして、月額料金が安くなったという声も多くみられました。

 

ドコモauソフトバンクの大手携帯会社の場合だと、毎月10,000円弱の通信料金を払っている人も少なくないはずです。

LINEモバイルの料金は以下のようになっているので、高くついても半額以下になるのは嬉しいですよね。

プラン/容量データSIM音声通話SIM備考
LINEフリープラン(1GB)500円1,200円〜LINEアプリの通話・トークが使い放題
コミュニケーションフリープラン(3GB)1,100円1,690円LINE・Twitter・Facebook・Instagramのデータ通信料がカウントされない
コミュニケーションフリープラン(5GB)1,640円2,220円
コミュニケーションフリープラン(7GB)2,300円2,880円
コミュニケーションフリープラン(10GB)2,640円3,220円

SNSを良く使う人には特におすすめ

LINEモバイルのカウントフリーに対する評判も多く見られました。

LINEモバイルのカウントフリープランだと、Twitter・facebook・Instagramのデータ容量がカウントされません。

スマホでSNSをメインに使っている人も多いかと思います。そんな人にはとても嬉しいプランですよね。

 

LINEのID検索が使える

LINEモバイルは、格安SIMで唯一LINEのID検索ができる会社です。

LINEのID検索は年齢認証が必要で、年齢認証はmy docomoなどのキャリア会社を通して行われています。

他の格安SIMだとこの年齢認証ができないためID検索もできないのですが、LINEモバイルの場合自社のサービスのため年齢認証もでき、ID検索も問題ありません。

友人との連絡をLINEでとっている人も多いと思うので、ID検索ができるのはLINEモバイルの大きなメリットです。

まとめ

速度に関しては、以前と比べて「遅い」という評判が多くみられました。

しかし、格安SIMである以上速度の上下は仕方がありません。それ以外の部分を指標にして選びましょう。

LINEモバイルの場合、SNSを良く使う人や、LINEのID検索を使えるようにしたい人はおすすめです。

 

格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。