格安スマホの種類

LINEモバイルのメリットと知っておきたいデメリットを本音で解説!

LINEモバイルはLINEが運営する格安SIMです。

数ある格安スマホの中でも話題にあがることも多く、気になっている人も多いでしょう。

しかし、話題にはなっているものの、その使い勝手はどうでしょうか。使い勝手の良さは実際に契約してみないとわからない部分も多く、契約を検討している人にとっては一番気になる部分です。

他の格安スマホと比べてどのような点がメリットなのかという点はもちろん、デメリットについてもご紹介。

契約を検討している人はまず本ページをチェックしてLINEモバイルのメリット・デメリットを確認してみてください。

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルのメリットをまとめると以下のとおりになります。

  • 大手キャリアと比べて安い
  • LINEのID検索が使える
  • SNSが使い放題
  • LINE PAYカードでの支払いが可能

それぞれのメリットについて以下で解説していきます。

大手キャリアと比べて安い

docomoやauといった大手キャリアと比較すると、月額料金がとても安くなります。

まずはLINEモバイルの料金プランをチェックしてみましょう。

プラン/容量 音声通話SIM 備考
LINEフリープラン(1GB) 1,200円〜 LINEアプリの通話・トークが使い放題
コミュニケーションフリープラン(3GB) 1,690円 LINE・Twitter・Facebook・Instagramのデータ通信料がカウントされない
コミュニケーションフリープラン(5GB) 2,220円
コミュニケーションフリープラン(7GB) 2,880円
コミュニケーションフリープラン(10GB) 3,220円

音声通話ができるプランは1,200円~3,000円程度で利用できます。

ほとんど同じ条件のdocomoの料金プランと比較してみましょう。

  • コミュニケーションフリープラン5GB…2,220円
  • シンプルプランシェアパック5GB…7,780円~

圧倒的にLINEモバイルの方が安くなるということがわかります。この他のプランで同条件のものと比較すると、LINEモバイルの方が同様に半額以上安くなります。

LINEのID検索が使える

LINEのID検索は、docomoやauなどを使っている場合はdocomoアカウントやauIDなどと紐づけすることで使用できる仕組みになっています。

ですが、格安SIMではID検索が一切できません。この点を不満に感じる声も多くありました。

ですがLINEモバイルは同じ運営会社であるためため、格安SIMなのにID検索が出来るようになっています。

他の格安SIMにはない唯一の機能なので、LINEID検索を利用する方にとっては大きなメリットになるでしょう。

カウントフリーでSNSが使い放題

LINEモバイルでは独自のサービスとしてSNSの利用に使う通信量をカウントしない「カウントフリー」というプランを導入しています。

※「LINEフリープラン」ではLINEのみが対象。

「コミュニケーションフリープラン」では【LINE/インスタグラム/Twitter/Facebook】の4つのSNSが対象となっています。

カウントフリー対象のSNSはいくら使用しても通信量が無くなることがありません。

「使い放題」になり、もしデータ容量を使いきってしまってもカウントフリー対象のサービスには速度制限がかかりません。

つまり速度制限を気にすることなく、SNSをどんどん利用できるということです。

普段からSNSをよく利用する人には非常にオススメのプラン。ストレスなくSNSが利用できます。

また、MUSIC+プランでは4つのSNS使い放題に加えて、LINE MUSICのデータ通信が使い放題になります。

音楽の再生はどうしてもデータ容量を多く使ってしまいますが、このプランに加入していれば通信量が減らず、速度制限もかかりません。LINE MUSICをよく利用する方にはオススメです。

LINE PAYカードで支払い可能

ほとんどの格安SIMは月額料金を「クレジットカード払い」のみに設定しています。

大手格安SIMの場合は他の支払い方法を用意しているケースもありますが、クレジットカードがないと契約できない格安SIM会社がほとんどです。

一方LINEモバイルではLINE PAYで支払いができます。

LINE PAYはプリペイドカードの一種で、カードを発行して銀行やコンビニなどでチャージすれば使用が可能です。

クレジットカードの使えない学生さんや、主婦でも使えるので、クレジットカードが使えないからと格安SIMを諦めていた方にはオススメできます。

LINEモバイルのデメリット

ここまでメリットをご紹介してきましたが、デメリットについてもご紹介します。

LINEモバイルのデメリットは以下のとおりです。

  • 通信速度が安定しない
  • auとソフトバンクのスマホはそのまま使えない
  • キャリアメールがない
  • 他社格安SIMと比べて若干高い

それぞれのデメリットの詳細や、対処方法があればその方法についてもご紹介します。

通信速度が安定しない

LINEモバイルはdocomoから回線を借りて私たちユーザーに提供しています。

大元であるdocomoと比べると、どうしても回線の数が少なく、混雑しやすくなってしまいます。

そのため速度は落ちやすくなり、特に混雑しやすい昼間などは速度が大幅に落ちることがあります。

ただしこれは回線を借りてサービス提供している格安SIMならある程度仕方がないことです。

格安SIMはどの会社であっても、以下のような形で速度が不安定になることがあります。

利用者が増えて回線が混み合いやすくなり、速度が落ちる

→回線を増強して速度の混雑を改善する

→速度が安定して評判が良くなり、利用者が増える

→また回線の数に対して利用者が多くなって回線が混雑してしまう

これを繰り返していくので速度が安定しないということが起こります。

これはLINEモバイルだけではなく多くの格安SIMに当てはまることなので、LINEモバイルだけが速度が遅い・安定しないというわけではありません。

auとソフトバンクのスマホはそのまま使えない

docomo回線を使った通信サービスを行っているので、docomo端末の場合は基本的にそのまま利用できます。(端末によっては使えない場合もあります)

auとソフトバンクのスマホにSIMカードを挿し込んで使う場合は、SIMロック解除が必要になります。

SIMロック解除には手続きと費用が必要なので、注意しておきましょう。

キャリアメールがない

LINEモバイルをはじめ、格安SIMには大手キャリアのような「キャリアメール」というものはありません。

ですが今は基本的にEメールは利用しないという方が多いのでそこまで問題に感じる人は少ないでしょう。

連絡はLINEがメインで、メールアドレスが必要な場合はGmailやYahoo!メールなどのフリーメールで十分だという方にとっては特に大きなデメリットにはなりません。

他社格安SIMと比べて若干高い

LINEモバイルは他社の格安SIMと比べると少しだけ価格が高くなります。

その他の大手格安SIMと比べると以下のとおりになります。

  5GB・音声プラン
LINEモバイル 2,220円
(コミュニケーションフリープラン)
楽天モバイル 2,150円
OCNモバイル 2,150円
DMMモバイル 1,910円

比較すると高いように感じますが、数百円程度の少しの差ですし、コミュニケーションフリープランの場合は「カウントフリー」がついていてSNSの利用が制限なく使用できます。

そのことを踏まえるとこの微妙な価格の差はデメリットにはならないといえるでしょう。

まとめ

LINEモバイルは格安SIMの中では特別価格が安い、というわけではありません。

ですが大手キャリアと比較するとかなりお得。乗り換えれば月額料金を半額以下にすることも可能です。

本ページでご紹介したメリット・デメリットをまとめるとLINEモバイルは以下のような方に特にオススメです。

  • SNSを頻繁に利用する
  • LINEをメインの連絡ツールとして使っている
  • LINEでID検索を利用したい
  • docomo端末を使っていて、使いまわそうと思っている
  • クレジットカード払い以外の方法で支払いたい

特にSNSを頻繁に利用する人にとってはLINEモバイルの「カウントフリー」機能はかなりオススメ。

通信量を使いきってしまっても速度が遅くならずにSNSが使えるというのはとても便利です。

Twitterやインスタグラムなどをよくチェックする、という方はぜひ検討してみてくださいね。