WiMAX

カシモWiMAXの評判はどう?本当に最安?料金を紹介

「業界最安級」のうたい文句で有名な「カシモWiMAX」。

2017年10月よりサービス開始と、他のWiMAXプロバイダと比べても新しく「本当に使っても大丈夫なの?」と疑問を持っている人も多いようです。

そこでこのページでは、カシモWiMAXは本当にお得なのか?また、本当に信用していいのか?を紹介していきます。

先に結論をいうと、カシモWiMAXは信用できる会社で、料金は最安ではないもののおすすめできる安さです。

カシモWiMAXの料金プランは?

カシモWiMAXの料金プランは端末によって「最安級プラン」「新端末プラン」に分かれていて、さらに月あたりのデータ量によって「ギガ放題プラン」「ライトプラン(7GB)」に分かれています。

それぞれのプランと料金をまとめた表が以下になります。

【ギガ放題プラン料金表】

ギガ放題 最安級プラン 新端末プラン
対象端末 W04,L01,Triprouter W05,L01S
月額料金 1~2ヶ月目:1,380円
3~24ヶ月目:3,380円
25ヶ月目以降:4,079円
1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:3,580円
25ヶ月目以降:4,079円

【ライトプラン料金表】

ライトプラン(7GB) 最安級プラン 新端末プラン
対象端末 W04,L01,Triprouter W05,L01S
月額料金 1~2ヶ月目:1,380円
3~24ヶ月目:2,680円
25ヶ月目以降:3,379円
1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:2,980円
25ヶ月目以降:3,379円

最安級プラン・新端末プランの差額は6,400円/2年

最安級プランと新端末プランの違いは利用できる端末の違いです。

最安級プランはW04、L01、 Triprouterの3機種。新端末プランはW05とL01sが対象端末です。

最安級プランは少し古い機種を使うため、月額料金も多少安くなります。具体的な料金差は以下の通りです。

【最安級プランのお得額】

  • 2ヶ月目:-2,200円(最安:1,380円 新端末:3,580円)
  • 3~24ヶ月目:-200円(最安:3,380円 新端末:3,580円)

 2年合計:-6,400円

2年換算で考えると最安級プランの方が6,400円安くなります。新端末プランで使いたい端末が、6,400円上乗せして払う価値があるか?で考えると判断しやすそうです。

最安級プランは新古品を利用する

カシモWiMAXの最安級プランの特徴は新古品を使う点です(新端末プランは新古品ではありません)。

ここで気になるのが「新古品って何?」ということ。名前だけ聞くと古い端末を使わされるの?と思い不安もありますよね。

新古品とは、完全未使用品のことを指し、ショップで展示されたものや誰かの手に一回でも渡った中古品とは異なります。

新古品は完全未開封の新品同様のものなので、気にする必要は全くないでしょう。

本当に業界最安なのか?

カシモWiMAXは「業界最安級」とうたっていますが、本当に業界最安なのでしょうか。実際に他社と比較してみましょう。

他社とギガ放題プランの2年総額をまとめたものが以下の表になります。キャッシュバックがあるものはその分総額から引いています。

プロバイダ 2年総額 備考
カシモWiMAX 77,120円 月額料金割
とくとくBB 61,104円 キャッシュバック
(39,900円)
So-net 61,060円 キャッシュバック
(30,000円)
BIGLOBE 80,750円 キャッシュバック
(23,000円)
96,050円 月額料金割
BroadWiMAX 80,494円 月額料金割

2年総額で比較するとわかりやすく数字がでます。ご覧の通り、カシモWiMAXは他社と比べて最安ではありません。

しかし、カシモWiMAXよりも安い会社は全てキャッシュバックによるものです。

月額料金割タイプの中ではカシモWiMAXは最安です。

キャッシュバックのもらい損ねリスクがない

キャッシュバックタイプはカシモWiMAXよりも安いですが、その分以下のデメリットがあります。

  • オプション加入が必要な場合がある
  • 受け取りのタイミングや方法が煩雑で忘れる可能性がある

月額料金割は自動的に適用されるものなので、上記のように手続きにまつわる煩雑さや面倒さはありません。

いくら高額なキャッシュバックがあっても受け取れなかったら全くお得ではありませんからね。

「面倒なのはいやだ」「1年後のキャッシュバックじゃ忘れてしまいそう」という人には月額料金割タイプの最安であるカシモWiMAXはおすすめです。

au利用者は他社WiMAXがおすすめ

カシモWiMAXのデメリットは、au利用者だと少し損をしてしまう点です。

auスマホとWiMAXを併せて利用していると「auスマートバリューmine」が適用されて、auの月額料金が1,000円/月割引されます。

しかし、カシモWiMAXの場合現状ではこのauスマートバリューmineが適用されません。

月額1,000円の割引はかなり大きいので、auスマホ利用者はauスマートバリューmineが適用される他のWiMAXプロバイダを契約するのが良いでしょう。

3年プランが選べずLTEオプションは有料

WiMAXでは2年契約と3年契約が選べるプロバイダが多く、3年契約の場合LTEオプション(月額1,000円)が無料になります。

LTEオプションとは、WiMAXのエリアだけでなくauのエリアも利用できるオプションで、WiMAXが圏外になる場所の補助的な役割をしています。

カシモWiMAXでは、2年契約のみで3年契約が選べないため、LTEオプションの無料特典が受けられません。

WiMAXのエリア外での利用が多い人にとって3年契約はメリットも大きいです。現時点でわかっている人は別のプロバイダにて契約した方が良いかもしれません。

しかし、LTEオプションは月に7GBで制限がかかる上、3年利用しないと契約更新月が来ないので、そのデメリットも加味した判断が必要です。

おすすめ機種はW04・W05

カシモWiMAXではW04、L01、Triprouter、W05、L01sと5機種から選べます。

この中で一番おすすめなのはW04かW05です。

他の機種は据え置き型(L01、L01s)か、USB接続機能付き(Triprouter)であり、使い方が少し特殊になるためです。

自宅でしか使わないのであれば据え置き型でも良いですが、旅行時など少しでも外で使う機会があるかもしれないなら持ち運べた方がお得でしょう。

USB機能の付いているTriprouterは直接接続での通信になるので安定しますが、そもそも最大220Mbpsの速度なのでW04、W05に見劣りします。

W04とW05は自宅用でも外出用でも利用できる機種になっていて、最大速度も708MbpsとWiMAXの中でも最速です。

W05はW04と比べて上り最大速度が2倍(75Mbps)になっていたり、クレードル利用によりハイパフォーマンスモードへの自動切り替え機能があるなど、性能に関しては上位互換になっています。

しかし、前述の通りW05を選ぶ場合は新端末プランとなり、6,400円プラスにかかりますので、その分のメリットがあるかどうかが選ぶ際の基準となりそうです。

カシモWiMAXの評判はどうか

カシモWiMAXについて、あまり聞いたこともないブランド・会社であるため「本当に信頼して大丈夫なの?」と心配になる人も多いでしょう。

カシモWiMAXを提供しているのが、株式会社MEモバイルという会社で、2016年7月に設立されています。

WiMAXのプロバイダとしてはたしかにかなり若い会社です。

しかし、その親会社である株式会社マーケットエンタープライズは10年以上前からある会社で、東証マザーズにも上場しています。

よくわからない詐欺会社などではなく、ちゃんとした会社ですので「契約して騙される」といった類のことはないでしょう。

まとめ

カシモWiMAXは良くも悪くも他のWiMAXプロバイダと一味違います。

  • キャッシュバックではなく月額料金割引
  • 端末は新古品になる
  • スマートバリューmineが適用されない
  • 3年契約は選べない

など、デメリット(特徴)はありますがその分月額料金もかなり安くお得に利用できます。

また、これらデメリットは全ての人に当てはまるわけでなく、一定の条件の人にとってのデメリットです。

あなたにとってこれらがデメリットでなければ単に安くてお得に使えるWiMAXになるので、おすすめしない理由がありません。

特徴をよく理解した上で検討してみてください。