光回線の悪質な勧誘について

やさしくねっと.

光回線やプロバイダの電話勧誘に注意しよう

 

9d0de3565dfeaa17976bd2dd0f468167_s

光回線、プロバイダの電話勧誘や訪問営業は以前から多かったんですが、ここ最近光コラボーレーションが登場し、それを巻き返そうとauひかりも力を入れているので更に増えてきたように思います。

「乗り換えるだけで毎月の支払いが安くなる!」

「乗り換えに違約金は掛からない!」

「キャッシュバックも貰える!」

「お客様にとって何も損することはない!」

こういった言葉に惑わされて乗り換えた方がいいのではないかと思ったりする人も多いでしょう。

しかしネット上にはそういった勧誘で光回線を乗り換えて後悔している人をたまに見かけたりします。

これは光回線に限ったことではありませんが電話勧誘や訪問販売にはいかなる場合でも注意した方がいいです。


スポンサーリンク



勧誘業者はどこの誰だかわからない

308a3c33a2c5ae68c851be45be0ef71b_s

光回線は通常、フレッツ光やauひかり、最近の光コラボレーション等は販売店や代理店が販売することが多いです。

同じフレッツ光でもNTT関係の会社が売っていることもあれば個人商店みたいなところが売っていることもあります。

ロッテのチョコレートをイトーヨーカ堂でも近所の駄菓子屋でも売っているのと同じような感じですね。

同じくauひかりもKDDIやその関連業者が売っていることもあればよく聞いたことのない小さい会社が売っていることもあります。

そして電話勧誘や訪問販売の業者の多くはそのよくわからない聞いたことのない会社がしていることが多いです。特に最近はNTTが直接光回線を個人に営業することはほとんどありません

「NTTです」と名乗る業者には注意

NTTが直接光回線を販売することはあまりありませんがNTTから「勧誘を受けた」と思っている人は多いです。

何故ならその勧誘業者が「NTTです」と名乗るからです。

NTTは元々国営公社で国内で最も知名度があり、信頼もある企業の一つです。

なので勧誘業者は聞いたこともない会社を名乗ると怪しまれるから「NTT」を名乗るわけです。

しかし怪しまれるからといって他社の社員になりすまして勧誘する行為は誠実と言えないどころか詐欺といっても過言ではありません。

もしNTTを名乗る人から電話勧誘を受けた場合は相手に住所と担当者の名前を聞くようにしてみてください。

もちろん名前は名乗ると思いますが住所はすぐには出てこないでしょう。

悪質な業者はたくさんある

005bc446aa5138424da405e3bc61b645_s

といった具合に悪質な業者は多々あります。

もちろんしっかり社名を名乗って誠実に販売している業者もありますが、始めから騙して契約させようという業者も少なくないです。

一昔前、アナログ放送が終了する前に「地デジ詐欺」というのが流行りました。

「あなたの地域は地デジの電波が悪いのでアナログ放送が観れなくなるとテレビが観れなくなります。なのでケーブルテレビを契約してください。」

という手口で有料のケーブルテレビの契約を斡旋する業者が全国にたくさんいました。

同様にインターネット回線も「無線LANになる」、「Wi-Fiが繋がる」のような謳い文句で乗り換えを斡旋する業者もいるようです。5,000円程度の機器一つあれば出来るので回線を乗り換える必要は何もないんですけどね。

嘘は言わないけど都合の悪いことも言わない

悪質業者は名実とともに悪質です。「こいつ怪しい」と感じたらソッコーで断るようにしてください。

しかし問題は悪質業者だけではなく普通の業者も同じです。

普通の業者は始めから騙すようなことはしてきません。言っていることも本当のことが多いですし、確かに月額料金が安くなる、確かにキャッシュバックを得られることが多いです。

なので乗り換えても損することはないと思います。

ただ、わざとなのかどうかは別として利用者、契約者にとってマイナスとなることが伝えられず不利益を被ってしまうことが多々あります

例えば光コラボレーションはフレッツ光からの転用時にフレッツ光の違約金は掛かりません。しかし今使っているプロバイダの違約金は発生しますし自分で解約をしないと毎月継続して無駄に月額料金を支払う必要が出てきます。

わざと言わないのか、担当者が忘れているのか分かりませんが、フレッツ光はNTTとプロバイダ(別業者)の2か所と契約していることさえも知らない人は乗り換えた後も何故請求が来るのかが分からないという状況になってしまったりします。

他にも光回線乗り換えでメールアドレスが使えなくなったり等のデメリットがあったりするんですが、それらが伝えられないまま契約してしまったりということはよくあります。

最終的に自分で調べるしかない

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

これはインターネットの契約に限った話ではなく、何かを買う際、契約する際に損しないためには自分で調べることが大事です。

誠実でデメリットも隅から隅まで説明してくれる素晴らしい業者さんは少ないですし、そもそもきちんと説明を受けても言葉の意味が分からなければ買い物に失敗してしまう可能性があります。

特に支払う金額が大きいもの、利害が大きく左右されるものはよく調べましょう。

それでもやっぱりよくわからないという場合は信頼出来る家族や友人、知人に相談するようにしましょう。

 

スポンサーリンク



 

光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。