格安スマホが安い理由

やさしくねっと.

格安スマホって何であんなに安いの?メリットとデメリットを解説

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2012-08-N112_sonnabakana500-thumb-1000xauto-1952

「スマホが月額2,000円以下になる!?」

「500円になる!?」

最近そのような広告をテレビCMやネットで見た人多いんじゃないかと思います。

これまでスマホの月額料はガラケーに比べて高いイメージでした。

だいたい安くても6,000円くらい、8,000円~10,000円くらい掛かっている人も多いと思います。私もそうでした。

「そのスマホ代が2,000円くらいになるって本当!?」

ちょっと意味がわかりませんよね。しかし格安スマホは安い理由があります。逆に大手3キャリアの料金が高いのにも理由があります。

本ページでは、

「何故格安スマホ(格安SIM、MVNO)はそこまで安く出来るのか?デメリットはないのか?」

を解説します。

※本ページではSMS及び電話機能、端末代込みで2,000円前後で利用出来るMVNOのスマホ端末セットサービスを『格安スマホ』とすることとします。

大手3キャリアのスマホが高い理由

格安スマホが安い理由を説明する前に大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホ代が高い理由を説明します。これが分かれば格安スマホが安い理由がすんなり理解できると思います。

大手3キャリアの月額料金内訳

例えばこちらをご覧ください。これはソフトバンクの料金体系表です。

スマ放題

例をソフトバンクにしたのは分かりやすいと思ったからです。ドコモ、auもプランは違えどだいたいこのくらいの料金ですよね。

上の表には端末代が含まれていませんがソフトバンクは新しくスマホを購入すると月月割というサービスで端末代を相殺してくれるので端末代は実質0円となります。

このプランでは電話もカケホーダイなため通話による課金もされません。

つまり上の表の合計が実質毎月支払う料金になります(オプションやその他割引サービスなどでも変わってきます)。

なので一番安価なプラン(2GB)で6,500円、がっつりLTE使いたければ5GBプランの8,000円になります。おそらく大手3キャリアでスマホを使っている大多数の人がこのくらいの料金を支払っていると思います。

無条件でフル装備プランを使うことになる

現在ドコモ、au、ソフトバンクでスマホを契約するとほとんどの人が同時にiPhoneやXperia等のスマホを購入し、同時に電話カケホーダイのプランに加入します。

これだと当たり前ですが当然月額料金2,000円とかに収まるわけがありませんよね。

例えば最新のiPhoneをアップルのストア等で買おうとすると8万円くらいします。これを2年間の分割支払いで買ったとしたら月額3,300円ほどになります。

大手3キャリアはプラン上では分割払いを月月割や毎月割等で割り引いて実質0円としていますが当然ホ本体代金は毎月の支払いに組み込まれています。携帯ショップもメーカーから仕入れているわけなのでその分回収しないと成り立たないわけですからね。

それに加え、以前は従量制(使えば使うほど課金される制度)だった電話による通話も、通話し放題というプランに切り替わり同時に加入することになります。

つまりまとめると大手3キャリアの月額料金には「スマホの端末代」、「通話し放題」、「LTEのデータ通信料」が最低含まれているわけです。

大まかにいえば、

「端末代3,000円」+「電話し放題2,000円」+「データ通信2,000円」=7,000円

という感じ。

一方で格安スマホはスマホ端末代が一括で購入しても2~3万円程度のものばかりです(2年間の分割でも月額1,000円前後)。電話し放題もありません。だから月額2,000円とかで使えるわけですね。

格安スマホのメリットは選べること

格安スマホは大手3キャリアに比べて破格に安いです。

私も奥さんも格安スマホを使っていますが足しても月額5,000円以下です。

その理由はもうお分かりかもしれませんが、

    • 安いスマホを選べる
    • 「無料通話を付けない」を選べる

これが格安スマホが安い理由であり、最大のメリットとなるわけです。

スマホ端末代がない、もしくは格安

格安スマホを提供している業者が販売しているスマホは非常に安価なものが多いです。

一括で購入しても平均的にだいたい2~3万円程度。2年間の分割払いで購入してもだいたい1,000円~1,500円程度のものばかりです。

そのため例えば3GBのSIMとスマートフォンをセットで購入しても月額2,000円台で利用することが出来ます。

スマホ込みで月額2,000円台で快適に使える格安スマホまとめ

また、多くの格安スマホ提供業者はSIMのみでの販売もしているため、スマホをセットで買わないということもできます。

手元にドコモのスマホがあったり、アマゾンや価格コムで自分でSIMフリースマートフォンを購入して、SIMのみ楽天モバイルやOCNモバイルONEで契約する。

という利用の仕方も可能です。

通話し放題がないから安くできる

国内の携帯電話の基本的な通話料金は発信で20円/30秒となっています。

現在国内の携帯電話による通話回数は1日平均1回程度、時間にすれば1日約2分半となっています。

携帯・固定電話の1日あたりの通話回数と1通話の通話時間をグラフ化してみる(2014年)(最新) 

月間にしてみれば平均約75分の通話がされていてる計算になりますが、通話量の負担は発信した側になるので平均的に実質負担する通話料は約40分の通話料となります。

大手3キャリアのプランには通話し放題が含まれているため、少なくともこの1,600円分の通話料金が始めから月額料金に組み込まれているという考え方が出来ます。

毎月平均以上、40分以上の通話をする人ならともかく、ほとんど電話を掛けることがない人にとってこの無料通話、カケホーダイプランは無駄でしかありません。

格安スマホ、格安SIMの基本プランにはこれが含まれていないため通話をあまりしない人は安く出来るというわけです。

格安スマホのデメリットはサービス面

格安スマホは月額料金を大きく落とすことが出来ますが、その反面デメリットも多いです。

例えば町中の至るところにある携帯ショップ。格安スマホ、格安SIMを提供している業者(MVNOと言います)はそれらがほとんどありません。

そのため分からない時や故障などのトラブルがあった時には自分で電話して確認したり、機器を郵送したりしなければならないことがあります。

店頭での対応が出来ないと、故障時に新しいスマホと壊れたスマホのSIMの入れ替え作業等が出来なければ困ることもあります。

他にもキャリアメール(docomo.ne.jp)等がなかったり、サービス面で劣る部分があります。

その分月額コストも下がりますが、店頭対応が出来ないがためにトラブルとなるケースも少なくありません。

また、よくわからず契約すると通話料が跳ね上がったり、通信制限がすぐに掛かったりと逆に不便になってしまうこともあります。

その他デメリットについて詳しく知りたい方は知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリットをご一読ください。

まとめ

やはり格安スマホは「スマホ端末代がない、もしくは格安」ということと「通話し放題がない」ことが大きいです。

例えばもし上記so-netの格安スマホの端末をiPhone6(2年間の分割で3300円)にし、通話し放題(見込みで2,000円くらい)を付けたとしましょう。

するとこうなります。

「端末代3,300円」+「通話し放題2,000円」+「データ通信費(1.5GB)1,890円」

7,190円

データ通信1.5GBで7,000円って全然安くないですよね?

これが格安スマホのからくりです。

決して破格に安いわけではなく必要のないコストを抑えたプランというだけです。

「スマホは最新の高性能な機種でなくていい、電話もほとんど掛けないからカケホーダイは必要ない」

そうい人向けのプランとして格安スマホがあるだけです。

格安スマホが一体なんなのか?

ということがだいたい分かってきたと思います。

次回格安スマホはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から乗り換えを検討している方に気を付けてほしい注意点を解説します。

格安スマホにMNPする際に絶対確認するべき項目と注意点

SIMって何?という基本的なことについて知りたい人は、SIMとは何か?格安SIMの基本となるSIMについて分かりやすく解説をご一読ください。

 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。