格安スマホに変える前に

やさしくねっと.

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-10-PAK85_SIMkoukan20141025172124500-thumb-1000xauto-5548

「月額なんと3,000円以下!」

「スマホ代が今の半額に!」

このような広告をテレビやインターネット等で見ることが最近多いですね。

本当にスマホの月額料金が3,000円以下になるのでしょうか。

なります!

格安スマホに乗り換えた私のスマホ代は月額2,500円ほどです。特に不具合や不都合なことはなく快適に使えています。

絶対乗り換えた方が良い!心からそう言えます。

但しこれから説明するデメリットを理解していることが絶対条件です。

スポンサーリンク

通話料が高くなります

9d0de3565dfeaa17976bd2dd0f468167_s

格安スマホにはドコモ等のカケホーダイ、通話し放題や無料通話パック等、音声通話を安くするサービスが基本的にありません。

なので通話すれば通話するほど課金されるため、電話を頻繁に使う人にとっては逆に高くつく場合があります。

格安スマホの通話料金は基本的に20円/30秒なので一日10分、月間で300分電話をする人は単純計算で通話料が12,000円掛かってしまいます。これだとドコモのカケホーダイを使う方が断然安いです。

OCNモバイルONEの050Plus等、音声通話を安くするサービスもありますが無料になるわけではありません。なので通話をメインで使う人は基本的に格安スマホはオススメ出来ません。

電話は基本的に使わない、使ってもLINE電話がほとんどで普通の電話はほとんど使わないという人には格安スマホは最適です。

が、電話を日常的に使う人には向いていません。

雑誌のアンケート等でも格安スマホに乗り換えてもあまり安くならなかったという声は多数あり、その原因はほぼすべて通話料金にあります。

店頭で相談出来なくなります

7c22971d985748b5a141dde0d4d816e4_s

格安スマホはドコモやau、ソフトバンクのようにショップというモノがほとんどありません。契約者数の多いOCNモバイルONEやIIJmio等も例外ではないです。U-mobileは東京の方にいくつかあるらしいけど。

なので「操作方法がわからない」とか「プラン見直したい」とかで相談する窓口は電話かメールしかありません。

E-MOBILE(イーモバイル)等でもありましたが、例えばイオン等の量販店で契約して、後日相談に行ったけど(キャンペーン期間中の特設だったため)窓口がなくなっていて相談出来なかった。

ということが結構あるようです。

最近は家電量販店等でも格安スマホを売っているみたいですが、基本的に販売員が拡販しているだけなので彼らには何もわからないし何も出来ません。

店舗で相談出来ないと困る!

という人は格安スマホに乗り換えてはいけません。

実際若い世代でもスマホが故障した時はほとんどの人が携帯ショップに行くのでショップがない格安スマホの場合どうしていい分からないという人が多数います。

スマホの故障や不具合等があった時は、電話やメールでMVNO(格安スマホ提供業者)やスマホメーカーに問い合わせするしかないのでそれらを自分で調べたり電話による案内を理解し実践出来る人じゃないと苦労するかもしれません。

キャリアメールがなくなります

0764ae120b8eb305d1a6fcad8ab3c2f3_s

docomo.ne.jp等の携帯電話のメールアドレスがなくなります。実はこれがネックで変えるのを躊躇っているって人結構多いと思います。

なのでキャリアメールをメインで使っている人は格安スマホに変えない方が良いです。

ただ、最近はLINEやfacebookのメッセージアプリ等をメインに使っていてメールを使わないって人が増えてきたんじゃないかなと思います。

私の場合、格安スマホに変える前からメールはほとんど使っていなくて、年に2~3回ほどガラケーの友人と連絡を取るくらいでした。他のアマゾンやヤフオク等、ウェブサービス等で使っているメールはすべてGメール。

なのでキャリアメールがなくなったところで何も問題はありませんでした。

もしこれがネックで格安スマホを躊躇っている人は乗り換える前にGメール等に電話帳を移行してそちらをメインで使うようにしておきましょう。

Gメールはスマホでもパソコンでもログインして使えるのでキャリアメールよりずっと便利です

おサイフケータイ、ID等が使えなくなります

ドコモ、au、ソフトバンクには携帯電話に様々な付加機能が付いていたりします。

例えばIDやauウォレット等はキャリアに依存したサービスのため解約すると利用できなくなります。auウォレットは単なるプリペイドカードとしては利用出来るようですがポイント等は何もありません。

格安スマホを提供しているMVNO(OCN、IIJ、so-net等)にはそれらのサービスはありませんので例えばIDがどうしても必要な場合は乗り換えてはいけません。

おサイフケータイはキャリアのサービスではないので機種が対応していれば使えますが基本的に格安スマホでセットになっているSIMフリー端末と呼ばれる機種にはおサイフケータイ機能がないことが多いです。

LINEの年齢認証が出来なくなります

ここまでのデメリットは私を含め格安スマホに乗り換えた多くの人にとって問題ないことばかりだったんですが、こればかりはなんとかならないかなあと思うところ。

LINEはいつからか年齢認証を行わないとID検索で友達を追加する機能が使えなくなっていて、その認証がMVNOのSIMだと出来ません。

なのでどうしても必要な場合は一度ドコモやau等のSIMを挿して年齢認証を行ってから再び格安SIMに入れ替える必要があります。

まあ私はLINEもほとんど使わないので年齢認証していませんが、必要な場合は家族のSIMを借りたりするのがベターですね。

まとめ

という感じでデメリットを5つほど上げてみましたが、まず通話料が上がる、キャリアメールが使えないということでガラケーユーザーは絶対乗り換えてはいけません。何の得もありませんからね。

まあ月額料金が下がるってことはサービスの質が落ちるというのはやむを得ないですし使い方によっては不都合が生じるのは仕方ないですね。

ただ私は大手3キャリアのカケホーダイや8万するiPhoneが実質0円とかちょっと過剰サービスな気がするし自分には必要ないと感じたので乗り換えました。

キャリアのスマホのプランってほぼ無条件でそれらがついてくるわけなんですよ。だから高いんです。

格安スマホはそれに比べ破格に安いですが本ページで上げた5つのデメリットを踏まえた上で検討する必要がありますね。

バナー

スポンサーリンク

 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。