格安スマホは本当に安いのか

やさしくねっと.

格安スマホは本当に安いのか?試算してキャリアのプランと比較する

 

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

テレビのCMやインターネットの広告でよく目にする格安スマホ。

家電やマネー系の雑誌等でも多々見るようになってそろそろ乗り換えてみようと検討している人は多いんじゃないかと思います。

しかし最近はドコモはドコモ光とのセット割引、auはauひかりのスマートバリュー、ソフトバンクはソフトバンク光のスマート値引き等が登場して3キャリアでも固定回線とセットでかなり安く利用できるので格安スマホに乗り換えることが正しい選択とは一概には言えないように感じます。

というわけでキャリアの固定回線でセット割引(auのスマートバリュー等)した場合と格安スマホと固定回線(フレッツ光)を契約した場合どれくらいの差が出るのか試算してみることにしました。

※試算はあくまで参考です。


スポンサーリンク

格安スマホと光回線の月額料金試算

格安スマホには様々種類がありますが基本的な価格帯はそれほど大きくは変わりません。

ここではスマートフォンとセットで購入出来てシェアの上位であるIIJmioを例に試算します。

ちなみにIIJmioは私も利用しています。

格安SIMで評価の高いIIJmioを契約してSIMフリー端末を使ってみた

モバイル条件設定

試算するための条件設定します。

格安スマホの魅力は音声通話機能の有無の選択、通信容量の幅広い選択等ですがここではキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で利用者の多い5GBプラン(音声付き)を利用するとします。

IIJmioの音声機能付きプランの月額料金は下記の通り。

プラン名ミニマム
(3GB)
ライト
(5GB)
ファミリーシェア
(10GB)
データSIM900円1,520円2,560円
音声通話SIM1,600円2,220円3,260円

5GBは2,220円です。

スマホ本体代金を見込む

しかしこれにはスマホ代が含まれていません。

IIJmioは現在2種類のスマホセット販売が登場しています。

ここではエイスースの最新機種であるZenfone2 Laser(端末標準価格27,800円)のセットとします。

1,250円の24回分割払いなのでスマホ代を含んだ月額料金は3,470円となります。

通話料金を見込む

しかしこれには通話料金が含まれていません。

格安スマホは通話機能付きのプランでも自分が発信する分の通話料金は従量制(通話すればするほど課金される制度)なのである程度通話時間を見込んだ分を加算したものが実質の月額料金となります。

2014年のデータによると2013年の通話回数平均回数は1.0回です。

参考:携帯・固定電話の1日あたりの通話回数と1通話の通話時間をグラフ化してみる(2014年)(最新)

現在はもっと減っていることが予想されますので半数(データは通話回数なので掛かってきた場合を除いての半数)よりやや少ない12回とします。

1回当たりの通話時は2分24秒となっています。こちらも現在は減っていることが予想されますので半数よりやや少ない1分とします。

なので月平均1分の通話を12回したモノを加算するとします。

格安スマホの通話料金は30秒/20円なので月額に換算すると、1分12回で720円となります(繰り上げなので1分60円で計算)。

これで格安スマホの月額料金が決定しました。

IIJmio(5GB、端末込みプラン)3470円+通話料金720円

=4,190円

となります。

実際通話機能付きの端末セットで格安スマホを利用している人の月額はこんなもんじゃないでしょうか。

光回線の月額料金

固定回線を含めた比較なので光回線を含んだ金額想定します。

IIJmioにはIIJmio光とのセット割がありますがここでは単純に「格安スマホとスマホセットを考慮したキャリアのプランはどちらが安いか」を比較したいので最も利用者の多いフレッツ光東日本の月額料金で試算します。

現在フレッツ光東日本の月額料金はプロバイダ料金を含めて5,100円です。

つまり格安スマホと固定回線の合計は9,290円となります。

格安スマホ+フレッツ光=9,290円

ドコモスマホとドコモ光を試算

次にドコモのスマホとドコモ光のセット割引を含めた試算を行います。

ドコモを含め他のキャリアには様々なキャンペーンがあってその都度変わってくる場合もありますがここではそれを考慮せず通常のプランで試算します。

ドコモの場合ドコモ光のスマホセット割が大きく発揮されるのはドコモシェアパックからの値引きなので少し分かりにくいですがシェアパックプランで試算します。

条件設定

ドコモの料金プランは非常に複雑なので公式サイトのシュミレーションを使って試算しました。

    • 家族でスマホ4台
    • シェアパック20(5GBを4人で分け合う)
    • 通話はカケホーダイライトプラン(1回の通話時間5分以内なら通話し放題)
    • 端末代金は月々サポートで実質0円

という条件でシュミレーションすると、

家族で13カ月目以降で28,200円となりました(最初の1年はちょっと安いけどここでは考慮しません)。

シェアパック試算表

しかしこれは家族4人なのでここから3人分のスマホ代を除外します。

スマホで掛かっている料金は4人合計で21,800円なので一人あたり5,450円です。

これにドコモ光を足すと、

スマホ代5,450円+ドコモ光5,200円

=10,650円

となります。

ドコモスマホ+ドコモ光=10,650円

※ただしシェアパックを1人で利用することは実際あり得ませんのであくまで参考程度の価格です。

auのスマートバリュー試算

次にauとauひかりのセット割引、スマートバリューを利用した場合の試算をします。

auも新規契約時に特典が多くauひかりはキャッシュバック等もありますが、今回はそれを考慮せず試算します。

条件設定

auはドコモと比べてシンプルなので試算がしやすいです。

    • カケホーダイプランS(1回5分以内の通話し放題)
    • データ定額5GB
    • LTE NET(ネットやメールを利用するため)
    • 機種代は毎月割りで実質0円

という条件でスマホ代の月額は7,000円となります。

au試算

これにauひかりの月額料金(5,200円)とスマートバリューによる値引き(2年間1,410円)を含めたモノがauで揃えた場合の通信コストです。

スマホ代7,000円+auひかり5,200円-スマバリュ1,410円

=10,790円

となりました。

auスマホ+auひかり=10,790円

ソフトバンクのスマート値引き

最後にソフトバンクで統一した場合の通信コストを試算します。

ソフトバンクもauのスマートバリューと同じようにソフトバンク光とセットで大幅値引きがあります。

条件設定

ソフトバンクのプランはauと似たような感じでした。

そして結果も・・・

    • スマ放題ライト(1回5分以内の通話し放題)
    • データ定額5GB
    • 機種代は月月割りで実質0円

の条件で月額料金7,000円となっています。

ソフトバンク料金体系

ソフトバンク試算

これにソフトバンク光(月額5,200円)とスマート値引き(1,410円)を含めた金額がソフトバンクで揃えた場合の通信コストです。

スマホ代7,000円+ソフトバンク光5,200円ースマート値引き1,410円

=10,790円

となりました。

ソフトバンクスマホ+ソフトバンク光=10,790円

試算結果とまとめ

上記4種類の月額料金の試算結果をまとめると、

格安スマホ+フレッツ光=9,290円

ドコモスマホ+ドコモ光=10,650円

auスマホ+auひかり=10,790円

ソフトバンクスマホ+ソフトバンク光=10,790円

となり格安スマホが他社より約1,000円程度安くなるという結果となりました。

他の3キャリアはほとんど横ばいですね。

格安スマホは思ったほど安くない?

今回の試算で気づいたことは「半額になる!」「月額2,000円で使える!」と宣伝されている格安スマホとキャリアの差にそれほど大きな差が出なかったことです。

今回IIJmioとフレッツ光で試算しましたが、格安スマホと固定回線のセット値引きが出来るプランでもauのスマートバリューやソフトバンクのスマート値引きほど大きな値引きは出来ず、せいぜい500円引き程度なので最適に利用してもそれほど大きな差は出ません。

明らかにキャリアが安くなっている

昨年と同時期に試算をしていればおそらくこのような結果はなかったと思います。

というのも今回の試算に使ったカケホーダイライトプラン(5分以内の通話はカケホーダイ)というプランは今年登場したプランで、これにより従来より1,000円程度安くなっています。

更にドコモ光、ソフトバンク光の登場で統一すれば大幅に通信コストを下げることが実現し、格安スマホとの差はかなり縮まっていると言えます。

格安スマホに乗り換えるべきか?

今回の試算結果では月額料金だけ見ると格安スマホに乗り換えた方が安くなる可能性が高いです。

しかし今回の試算にはMNP(キャリア乗り換え)による新規契約特典やauひかりの新規契約時に得られるキャッシュバック等を考慮していません。

更に格安スマホで例えばiPhone等の高額な端末を利用したい場合は費用が嵩む半面、キャリアなら機種代0円でiPhoneを利用することが出来ます。

そして何より5分間に限られているとはいえカケホーダイがあり、メールアドレス、店舗によるサポート等を考慮するとこれから格安スマホに乗り換えるのは費用対効果が薄いような気もします。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

固定回線をモバイルに揃えるべし

通話も全くせず、キャリアのメールアドレスも必要ない、店舗もなくて問題ないという人は格安スマホに乗り換えて通信費という選択はありですがそうでない場合、特にあまりよく分からないという人はそのままキャリアのスマホを使っても問題ないと思います。

ただし上記試算の通り、キャリアの携帯、スマホは固定回線と統一して初めて格安スマホに対抗できるくらいの月額料金になります。

例えばスマートバリューやスマート値引きを利用しなければ約1,500円高くなるのでそうなると3,000円近く格安スマホが安くなります。

もしまだ統一していなければ統一して通信コストを下げましょう。

ドコモの場合はドコモ光、auの場合はauひかり、ソフトバンクの場合はソフトバンク光を利用しましょう。

※ドコモ光はジェアパックからの値引きなので家族でシェアパックを利用していなければ値引きは出来ません。

 

スポンサーリンク

 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。