スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

固定回線やモバイル回線等インターネットの種類を解説

 

16143769381_1022165633_z

90年代後半頃から一般家庭向けのパソコンが普及し、それと同時にインターネットも急速に普及しました。

数年前(2000年初頭頃)まではISDNやアナログ電話回線を利用したダイヤルアップが主流で、ネットを使えば使うほど料金が加算される「従量制」が当たり前でした、現在はブロードバンドと呼ばれる月額定額制(使い放題)が主流となりました。

さらに昨今では、スマートフォンやタブレット等が急速に普及し、それに伴い、無線で通信するモバイル回線も急速に進化しています。

ここではそれらインターネット回線の種類を解説します。

固定回線の種類

3025911233_fb4e7ace9f_z
credit: bugeaters via FindCC

インターネットには家庭や会社等の建物にケーブルを引き込み接続する固定回線と、携帯電話やスマートフォン、モバイルルータと呼ばれる機器に無線で接続するモバイル回線の二種類があります。

先に固定回線の方から紹介します。

光回線

現在、固定回線で最も速度が速く快適に使われているのが一般的にひかり回線と呼ばれる回線です。

正式名称はFTTH(Fiber To The Home)で、2010年頃、総務省は国内の全世帯に光回線が行き渡るようにする「光の道(光化計画)」というスローガンを提唱しました。

現在光回線の加入者数は約2500万件で、全体の6割~7割が光回線を使用しています。

通信速度は1Gbps。

ADSL

2000年初頭頃、yahooBBを中心に急速に広まったブロードバンド。

それまでインターネットはISDNによるダイヤルアップが広く普及したいましたが、定額制のADSLはまたたく間に一般家庭に普及しました。私が初めて使用したインターネットもADSLです。

光回線の急速な普及、低価格により過去の技術とされつつありますが、山奥や農村等、光回線工事がまだ進んでない地域等では多くの人が利用しています。

通信速度は約 ~50Mbps。

ダイヤルアップ

ISDNやアナログ電話回線を利用した接続方法で、通信速度も遅く利用すればするほど料金が掛ります。ADSLやFTTH普及後、現在一般的なインターネットの接続方法としてはほとんど使用されていません。

ブロードバンド普及前は広く使われていたため当時、アダルトサイト等を閲覧しようとして海外へ繋がったりして、高額な国際電話の利用請求が来たりしてトラブルになったりもしました。

モバイル回線の種類

16143769381_1022165633_z credit: Janitors via FindCC

モバイル回線は一般的に携帯電話、現在だとスマートフォン、モバイルルータに使用されていることがほとんどです。

モバイル回線の進化はすさまじく、10数年程度で飛躍的に成長しました。ここでは現在使われている代表的なモノを紹介します。

LTE

現在モバイル回線の主流であり、一般的に使用されている最新の回線です。LTE(Long Term Evolution)とはその名の通り発展する間の技術であり、3Gから4Gへの移行をスムーズに行うために作られた技術です。

国際電気通信連合がLTEを『4G』と呼称することを認めたために、店頭などではLTEを『4G』と表記している場合もありますが、本来、第4世代ではなく中間の『3.9世代』という位置づけが正しいです。

2世代移動通信(2G)から3世代移動通信(3G)、ドコモで言うとmova(ムーバ)からFOMA(フォーマ)へ移行する際、通信規格の違いから互換性がなかったため移行に難航しました。

そのため、以前の二の舞にならないように3Gから4Gへスムーズに移行するためのLTEが登場しました。

LTEのほとんどは大手携帯キャリア3社(ドコモ、au、ソフトバンク)が通信網を提供しています。そのため、LTEはその3社のサービスを利用することが基本でしたが近年MVNOと呼ばれる通信事業者が多数参入するようになり、激しいシェア争いが繰り広げられています。

通信速度は約300Mbps。

モバイルWiMAX

LTEと同じく3.9世代移動通信システム。

LTEは大手携帯キャリア3社が提供していますが、WiMAXのほとんどはUQコミュニケーションズが提供しています。

通信速度は下り約40Mbps。

4GのWiMAX2もサービスが開始されていて通信速度は下り220Mbps。

MVNO

2422010750_1b153082d5_z
credit: Craig A Rodway via FindCC

通信技術とは少し違うけどモバイル回線と深く繋がりのある言葉なので解説します。

MVNOとは仮想移動体通信事業者のことで、他社が提供する通信網を買い取って再販する事業者を指します。

例えば日本通信が提供しているb-mobile、U-SENのU-mobile、ビックカメラのBIC SIM等多数存在します。

これらのサービスは自社で通信網を持っておらず大手通信事業者から電波を借りて再販しています。

例えばドコモ電波、100のうち5を買い取って、その5を再販するイメージ。無線通信は見えないのでイメージしづらいですが、MVNOは無線通信のOEMとも呼ばれています。

 

ネットワークの基本    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。