自宅をWi-Fiにする方法

やさしくねっと.

初心者でも出来る!自宅をWi-Fi対応する3つの方法

 

スマホやタブレットはもちろんプリンタや一眼レフカメラ、冷蔵庫やオーブンレンジなどの家電製品までもWi-Fiが接続できる時代となりました。

一昔前に「自宅にパソコン、インターネットは必須」と言われていましたが、今は「自宅にWi-Fiは必須」と言えますね。

しかし自宅にWi-Fi環境を整えるのは「なんとなく難しそう…」、「よくわからない」という考える人は多いです。

本ページではパソコンとかネットとかよくわからないという人にもわかるように自宅でWi-Fi環境を構築する方法を解説します。

方法は主に以下の3つがありそれぞれ難易度、手軽さ、コストが変わってきます。

光回線を契約して自分でWi-Fiを構築する

必要なもの・ネット回線(光回線、ADSL等)
・Wi-Fiルーター
コスト一戸建て:月額5,000円前後
マンション:月額4,000円前後
+5,000円前後(Wi-Fiルーター本体)
難易度やや高い
(自分で設定が必要なため)
手軽さ
お勧め度★★★★★
やや難易度が高いですが最もコストが安く済みます。

一つ目は最もオーソドックスなやり方で、固定タイプのネット回線(今は主に光回線)を契約してWi-Fiルーター(下画像のような機器)を購入して自分で設定してWi-Fiを構築する方法です。

よく質問をされますが、自宅でWi-Fiを使ってインターネットをしたければ必ずインターネットの契約が必要です。

図で表すとこんなイメージ。ONUというのは光回線を契約すると必ず設置される機器です。光回線とはフレッツ光やauひかり等回線業者が提供している高速通信のネット回線を指します。月額はホームタイプで5,000円前後

※関連記事:自宅のインターネット回線の選び方と選ぶ際の注意点

※下の画像は人気のあるバッファローのWi-Fiルーターです

この方法はかなり割安にWi-Fi構築が出来ますが、反面自分で設定が必要なのでやや難易度が高いです。と言ってもそれほど難しいわけではなく、自分でプリンタの接続が出来るくらいの人であればWi-Fiの設定も簡単に出来ると思います。

コストについては、インターネットを契約するのでその分の月額料金と、Wi-Fiルーターの購入費用(3,000~5,000円前後で売っています)のみとなります。

設定方法については下記ページをご参照ください。

スマホのみでインターネットの初期設定を実機で解説

ど素人でも出来る!自宅でwi-fiを使うための無線LAN環境構築方法

Wi-Fiの設定がどうしてもわからない場合は家電量販店等のサポートで相談してみると良いです。有料ですが訪問設定を行ってくれます。インターネット契約時であればプロバイダが無料(または数千円)で設定してくれる場合もあります。

光回線を契約してWi-Fiルーターをレンタルする

必要なもの・ネット回線(光回線、ADSL等)
・Wi-Fiルーター(レンタル)
コスト一戸建て:月額5,500円前後
マンション:月額4,500円前後
+Wi-Fi設定料
難易度業者に設定依頼をすれば低い
手軽さ
お勧め度★★★☆☆
業者に設定依頼すれば簡単に出来ますがレンタル料が場合によっては割高となります。

上記と基本的に同じですが、Wi-Fiルーターを購入せずにプロバイダ業者からレンタルして設定も依頼することでWi-Fiを簡単に構築することが可能です。

ただしWi-Fiルーターのレンタル料と設定を依頼した場合は設定費用も発生します。

Wi-Fiルーターのレンタル料は回線業者(ドコモ光、auひかり等)によって変わってきますが、例えばドコモ光の場合月額100円または300円、auひかりの場合月額500円となっています。回線によってはそれ以上となることも多いです。

設定費用についてはこちらも依頼する業者によって変わってきます。

インターネット回線の契約をしたばかりの段階だと無料で対応してくれる場合もありますが、それ以外だとだいたい有料となります。

出張訪問設定の場合一般的に1万円以上掛かる場合が多いようです。

出張訪問設定に関してはどうしても自分でできない場合は依頼するしかないので仕方ありませんが、Wi-Fiルーターレンタルに関してはあまりメリットがありません。

Wi-Fiルーターは安いものであれば家電量販店等で3千円以下で売っていますので月額数百円掛けてレンタルするのは割高となってしまいます。

フレッツ光系回線西日本で借りられる無線LANカードであれば月額100円なのでまだ良いですが、これもレンタルには条件があります(無線LANカードは終端装置がHGWでなければ利用できません)。

ソフトバンクエアーを契約して簡単Wi-Fi化

必要なものソフトバンクエアー
コスト月額4,500円前後
難易度低い
手軽さ誰でも簡単にすぐ可能
お勧め度★★★★☆
手軽で簡単だが利用台数が多い場合はお勧めできない。

最も簡単に、手っ取り早く自宅でWi-Fiを使う方法はソフトバンクが提供しているソフトバンクエアーを利用することです。

ソフトバンクエアーはまさに手っ取り早くWi-Fiを使いたい人のための機器です。

注文して届いた機器の電源を入れるだけでWi-Fiが構築されます。

図で表すとこのようなイメージ。

後はそれぞれの機器(スマホやタブレット等)をWi-Fi接続するだけです。ちなみにここまで書きませんでしたがそれぞれのWi-Fi機器の接続設定はどの方法で行う場合も必ず必要です。

Wi-Fiの接続方法についてはこちらのページ等でも解説していますが、スマホのWi-Fi接続画面でSSIDを選択してパスワードを入力するだけです。IDとパスワードはソフトバンクエアー本体(上図の白いやつ)に貼り付けられています。

慣れている人なら1分足らずで設定が可能です。

Softbank Airの公式サイトはこちら

ソフトバンクエアーのデメリット

ソフトバンクエアーは光回線等の固定回線と違い、無線タイプのインターネットです。そのため回線工事も不要で注文して届いた機器の電源を入れるだけでインターネット、Wi-Fiが利用できるようになります。ものすごくお手軽です。

しかし無線タイプならではのデメリットもあります。

それは光回線に比べて回線の安定性が低いことです。

私自身が契約して利用してみた感想をsoftbank Airを契約してみたので設定方法の解説と速度等の感想を書くでまとめていますが、固定回線専用ということもあり予想以上に安定的に利用出来ました。

家電量販店の店員さんにもお話を伺ったことがありますがかなり快適に使えるという意見がやはり多いようです。

しかしソフトバンクエアーはあくまで無線のインターネットです。

無線タイプのインターネットはスマホで利用しているLTEやポケットWi-Fi、WiMAX等いずれも通信制限を設けています。

ソフトバンクエアーは「月間〇〇GB以上で規制」等明確な制限があるわけではありませんが、大量のデータ通信を連続して使うと制限される可能性があります。

そのため家族で何台も同時にWi-Fiを使うというケースではあまりお勧めできません。そのような場合は光回線を利用した方が安定するでしょう。

まとめ

上記をまとめると、

    • 光回線を契約してWi-Fiルーターを購入して自分で設定するのが最も安上だがWi-Fi設定がやや難易度が高い
    • Wi-Fiルーターをレンタルして業者に設定依頼すればとても簡単に出来るがレンタル料、設定費用が掛かる
    • ソフトバンクエアーが最も簡単で手軽。だが家族全員でヘビーに使う場合は向かないかも…


といったところです。

いずれにしてもケースバイケースなので「これが一番良い!」とは言えません。

が、一人~二人暮らしで手軽にWi-Fiを利用したい場合はソフトバンクエアーはおすすめかと思います。

家族の場合は光回線を契約してWi-Fiルーターを購入しましょう。自分で設定できる場合は自分で、出来ない場合はプロバイダや量販店に相談してみましょう。

 

softbankair    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。