JCOMからauひかりへ乗り換える場合のメリットとデメリット

やさしくねっと.

JCOMからauひかりへ乗り換えるメリットとデメリット、注意点等解説

 

現在JCOMを利用していて、auショップや家電量販店等でauひかりへの乗り換えを勧められたことがある人は多いのではないでしょうか。

JCOMひかりはauスマートバリューが適用出来るので、スマートバリューを継続して利用できるauひかりへの乗り換えメリットは多いのです。

しかしauひかりへ乗り換える際、注意すべき点、デメリットも存在します。
本ページではJCOMからauひかりへ乗り換えを検討している人向けに乗り換えるメリット、デメリットについて解説します。

JCOMからauひかりに乗り換えるメリット

JCOMからauひかりへ乗り換えると主に以下の3つのメリットがあります。

    • 月額料金が安くなるケースが多い
    • 新規申込特典が得られる
    • 回線速度が速くなる

すべてが、というわけではありませんが主にこれらのメリットがあります。順番に解説します。

月額料金が安くなるケースが多い

インターネットを使う上で気になる月額利用料ですが、JCOMよりもauひかりのほうが安く設定されています。

たとえば、ホームタイプ契約のプラン事の料金をまとめると以下のようになります。

プランauひかりJCOM
ネットのみ5,100円320M:5,200円
1G:5,700円
ネット・電話5,600円320M:5,695円
1G:6,195円
ネット・電話・TV8,080円
(TV:43ch)
320M:8,096円
(14カ月目以降9,048円)
1G:8,596円
(14カ月目以降9,548円)

※auひかりの通信速度は下り最大1Gbpsです。

※JCOMの320M、1Gはそれぞれ下り最大通信速度を表しています。

どのプランもauひかりのほうがJCOMより安く設定されています。

月単位で見るとあまり大きな差はないかもしれませんがインターネット回線は長期間使っていくものなので、この差がいずれ大きなものとなってきます。

月額500円変われば年間6,000円変わってきます。

利用料を安く抑えたいならauひかりに乗り換えたほうがお得になるでしょう。

新規申込特典が得られる

auひかりには新規申し込み特典としてお得なキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

正規代理店やプロバイダによって異なりますが数千円~数万円の高額なキャッシュバックを貰うことができます。

例として正規代理店の1つであるNNコミュニケーションズが実施しているキャッシュバックについて説明します。

この代理店からauひかりを申し込むと、ホームタイプ・マンションタイプともに最大で4万円のキャッシュバックを受けることができます。

ひかり電話なし、オプション一切なしでも3.3万円必ずキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバック以外にも初期費用(工事費)分月額料金が割引になるものやインターネットセキュリティが一定期間無料になるものなど、さまざまな新規申し込み特典を得られることもあります。

⇒auひかり正規販売店、NNコミュニケーションズはこちら

回線速度が速くなる

auひかりのホームタイプの場合、回線速度が1Gbpsと非常に高速で快適なインターネット環境を整えることができます。

JCOMの場合は1Gbpsに対応しているのは関東など一部の地域のみで、ほとんどの地域では120Mbpsもしくは320Mbpsまでしか対応していません。

そのためauひかりに変えることで多くの方は回線速度が速くなります。

また、先述した通りJCOMの月額料金は320Mbpsのプランで5,200円なので、auひかりに乗り換えるとほぼ同額かやや安いくらいで1Gbpsを利用することが出来ます。

auひかりに乗り換えるデメリットと注意点

JCOMからauひかりに乗り換えると多くのメリットがあることが分かりました。

しかし、実はメリットばかりではなくデメリットもいくつか存在します。

乗り換える際は必ず以下の3つに注意してください。

    • 解約時に解除料金が掛かる可能性がある
    • 低速プランで十分な場合は割高になる
    • 地デジ・BS/CSが観られなくなる

解除料金が掛かる可能性がある

JCOMでは解約月以外に解約すると解約違約金が発生します。

プランにもよりますが戸建てで2万円、マンションで1万円ほど掛かってしまいます。

加えて解約に伴う撤去費も掛かってしまうので場合によっては解約時に3万円程解除料として支払う必要があります。

auひかりには乗り換えする際に解約違約金が発生した場合、違約金相当を還元してくれる「auひかり スタートサポート」というキャンペーンを行っていますが、残念ながらJCOMは対象外となっています。

そのため、JCOMを解約してauひかりに乗り換える場合は解約違約金を払わなくても済むように解約月になるまで待つ必要があります。

低速プランで十分な場合は割高になる

JCOMには速度が遅い代わりに月額利用料が安い低速プランが用意されています。

例えば12Mbpsのコースの場合は月額利用料が3,980円とauひかりよりも安いです。

ブログやSNS、メールなどちょっとしたことでしかインターネットを使用しない人、オンラインゲームなどは一切しない人の場合は12Mbpsのコースでもストレスなく利用できると思います。

むしろそのような方がauひかりに変えると1Gbpsという速度は過剰ですし、割高に感じてしまうかもしれません。

インターネットの回線速度は速いに越したことはありませんが、低速プランのままでも十分だという方は無理に乗り換える必要はないかもしれません。

ただし、メリットでも述べたようにauひかりに乗り換えると高額のキャッシュバックを貰える可能性があります。

それらを考慮してauひかりのほうがお得であると感じるなら、auひかりに乗り換えてもよいでしょう。

地デジ・BS/CSが観られなくなる

auひかりにもテレビサービスがあり独自のチャンネルが多数用意されていますが、通常の地デジやBS/CS放送を見ることができません。

地デジの受信が難しい地域では、地デジを視聴するためにはケーブルテレビの契約が必要なのでJCOMのテレビサービスを利用している人は残すことになります。JCOMのテレビサービスのみの月額料金は3千円~5千円程度するので、残すと乗り換える前より微妙に高くなってしまいます。

JCOMがないと地デジが見られない場合はauひかりに乗り換えずにJCOMのままのほうが良いでしょう。

まとめ

ここまで、JCOMからauひかりに乗り換えた際のメリットとデメリットについて解説してきました。

auひかりからJCOMに乗り換えると回線速度や料金面で多くのメリットがあります。とくに高額なキャッシュバックを貰えるのはうれしいです。

⇒オプション不要で高額キャッシュバックのあるauひかり正規販売店サイトはこちら

その反面、解約違約金がかかったり地デジが見られなくなったりといったデメリットもあります。

違約金は解約するタイミングで避けることもできますが、地デジに関してはauひかりではどうすることもできません。

JCOMがないと地デジが見られない場合はJCOMとの契約を継続し、そうでない場合は基本的にはauひかりに乗り換える、というようにすれば良いでしょう。

比較記事はこちら:auひかりとJCOMはどっちを契約すべきか。料金、プラン等比較

 

光回線 auひかり 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。