絶対出来るwi-fi構築

iPadをWi-Fi接続する方法

iPadはWi-Fiに接続することでより快適に利用することができます。

自宅のWi-Fiルーターはもちろん、外出先で無料Wi-Fiがある場合も活用すれば快適にネットができるので接続方法を覚えておきましょう。

この記事ではiPadのWi-Fi接続方法についてわかりやすく解説していきます。

また、この方法はiPadに限らず、iPhoneやiPodなど全てのApple製品で応用可能な方法です。

Apple製品を愛用している方は覚えておくととても便利なのでチェックしておいてくださいね。

接続するネットワークを確認する

最初に接続するネットワークを確認します。

間違って接続しないように、ルーターの名前などをチェックしておきましょう。

据え置き型の無線ルーターやの場合はルーター横に貼ってあるシールの「ネットワーク」と書いている部分や「SSID」と書いてある部分にネットワーク名が記載されています。

モバイルルーターの場合は本体の操作画面で「SSID」や「Wi-Fi名」という場所を選択すればネットワーク名が確認できます。

フリーWi-Fiの場合は例えばマックなら「00_MCD-FREE-WIFI」スターバックスなら「at_STARBUCKS_Wi2」など解りやすいネットワーク名になっています。

iPadをWi-Fi接続可能な状態にする

iPadをWi-Fi接続可能な状態にしておきましょう。

ホーム画面から設定→Wi-Fiを選択します。

Wi-Fiの右にあるボタンをONにしてWi-Fi接続ができる状態にします。

接続するネットワークを選択

上記の手順でWi-FiをONにすると、接続可能なネットワークが自動で検索されて表示されます。

複数表示されることもありますが、その中から最初に確認したネットワーク名を選択します。

パスワードを入力

セキュリティ保護されているWi-Fiネットワークにはパスワードがかけられています。

フリーWi-Fiの場合はパスワードを入れなくても接続できる場合がありますが、無線ルーターやモバイルルーターの場合はパスワード入力が必要な場合がほとんどです。

ネットワーク名を選択するとパスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力して接続をタップします。

パスワードはルーターに貼られているシールやモバイルルーターの表示画面などで確認できます。

フリーWi-Fiでパスワードが必要な場合、例えばカフェならテーブルや店内の案内表示などに書かれていることが多いのでチェックしてみましょう。分からなければ店員に聞けば教えてもらえます。

接続完了

パスワードを入力して接続ボタンをタップすると接続が完了します。

フリーWi-Fiの場合は利用できる制限時間が決まっているケースもあるので注意しておきましょう。

接続できなかった場合の対処方法

今回ご紹介した上記の手順で接続できなかった場合は、以下のことを確認してみましょう。

  • ルーターの電源が入っているかどうか
  • ルーターのLANケーブルがちゃんとつながっているか
  • Wi-FiがONになっているかどうか
  • パスワードが間違っていないか

これらのことが全てできていて、何も問題がないのに繋がらない場合はipadに問題があるか、ルーターに問題が生じている可能性もあります。

以下の方法を試してみましょう。

  • Wi-Fiを一回オフにしてからオンに戻す
  • 繋がっていないWi-Fiの登録を一度切る
  • iPadを再起動する
  • Wi-Fiルーターを再起動する
  • Wi-Fiルーターの設定をリセットしてみる

まずはipadに不調がないかどうか上から順に試してみて、それでもだめならルーター側の不調がないか確認してみましょう。

まとめ

どうしても繋がらないという場合はipadの機器に問題がある可能性もあります。

何をしても繋がらない場合はAppleのカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください