IIJmio

IIJmioでiPhoneは使える?使い方と注意点まで解説

IIJmio容量の繰越ができたり速度の切り替えができたりと、特色のある格安SIMです。

  • 今ドコモで使ってるiPhoneでIIJmioって契約できるのかな?
  • 前auで使ってたiPhoneがあるけど、格安SIMをいれて家族にあげたりできるかな?
  • スマホは絶対にiPhoneがいいけど、ソフトバンクのiPhoneでもIIJmioが使えるの?

といったようにIIJmioの導入を検討しているiPhone利用者も多いかと思います。

結論からいえばIIJmioでもiPhoneは使えます。

ただし機種によっては使えない、または一部の機能が使えないものもあります。

本ページではどうすればIIJmioでiPhoneが使えるのか、どのiPhoneなら使えるのか、IIJmioでiPhoneを使うときの注意点まで詳しく解説します。

安い月額料金でiPhoneを運用したいと考えている方は参考にしてみてください。

IIJmioで使うことができるiPhoneとは?

IIJmioでiPhoneが使えるかどうかはキャリアと機種によって変わってきます。

詳しくは下記の表を参照してみてください。

タイプDはドコモ回線タイプAはau回線でどちらを使うのか選択することができます。

△はSIMロック解除が必要な端末です。SIMロック解除が必要な端末は、各社で手続きを行いましょう。

分割購入している場合は購入から100日経過していないとSIMロック解除ができないので要注意。

その他にもいくつか各社でSIMロック解除できる条件があるので後述するSIMロック解除方法から公式ページをチェックしておきましょう。

IIJmioの解説ページはこちら

iPhone6S以降はおおむね全機種でIIJmioのSIMカードを差し込んで利用することが可能となっています。

ドコモ回線を使うタイプDならdocomoで購入したiPhoneはiPhone5c~最新のiPhoneXまですべての機種がロック解除不要で使用できます。

au回線を使うタイプAはauで購入したiPhoneの場合、iPhone8/8plus/XがSIMロック解除なしで使用できます。

以下で詳しく解説していきます。

ドコモ版iPhoneは5s以降の機種が使える

ドコモのiPhoneはタイプDのカードを選べば以下の機種がIIJmioで使えます。

  • iPhone5c/5S
  • iPhone6/6plus
  • iPhone6S/6Splus
  • iPhoneSE
  • iPhone7/7plus
  • iPhone8/8plus
  • iPhoneX

SIMロック解除は不要なので面倒な手続きをせずにIIJmioに移行できます。

au版iPhoneは6S以降の機種が使える

auのiPhoneは以下の機種はSIMロック解除をすれば、タイプA・タイプDどちらのカードでもIIJmioが利用できます。

  • iPhone6S/6Splus
  • iPhoneSE
  • iPhone7/7plus

タイプAのカードの場合、以下の機種はSIMロック解除不要で利用可能です。

  • iPhone8/8plus
  • iPhoneX

ソフトバンク版iPhoneは6S以降の機種が使える

ソフトバンクのiPhoneも6S以降であればタイプA・タイプDどちらのカードでもIIJmioで使うことができます。

ただしSIMロック解除は必須です。

SIMフリーのiPhoneはもちろんIIJmioで使える

SIMフリーのiPhoneはもちろんIIJmioで使えます。

ただし5c/5sでタイプAを選んだ場合のみ使えないので注意しておきましょう。

IIJmioでiPhoneを使う手順

先述した通り下記のiPhoneはSIMロック解除が必要になりますので、手続きを行いましょう。

  • ソフトバンク版iPhone(6S以降)
  • au版iPhone(6S, 7)

下記のiPhoneはSIMロック解除なしでIIJmioで使うことができます。

  • ドコモ版iPhone
  • AppleStoreなどで買ったSIMフリー版iPhone
  • au版iPhone(8以降、タイプAのau回線を選んだ場合)

格安SIMをiPhoneに差してAPN設定をして利用しましょう。

SIMロック解除の方法とAPN設定の方法は以下で詳しくご紹介します。

SIMロックの解除方法

SIMロック解除はそれぞれ端末を購入したキャリアで手続きを行います。

  • 【Auの場合】
    パソコンやスマホからの手続きだと手数料は無料です。
    ショップで手続きをすると手数料3,000円がかかります。
    以下のページからMy auの会員ページにログインして手続きを行いましょう。
    auのSIMロック解除の詳細

 

  • 【Docomoの場合】
    パソコン・スマホからの手続きは無料です。
    電話またはドコモショップでの手続きは手数料3,000円が必要になります。
    以下のページからMydocomoにログインして手続きを行いましょう。
    docomoのSIMロック解除の詳細

 

  • 【ソフトバンクの場合】
    パソコンやスマホからMysoftbankにログインして手続きすれば手数料は無料です。ショップでの手続きは3,000円が必要になります。
    以下のページに詳細が記載されています。Mysoftbankへのリンクも以下のページに記載されています。
    softbankのSIMロック解除の詳細

APN設定をするために構成プロファイルを入れる

大手キャリアでスマートフォンを購入した場合はAPN設定が終わった状態で渡してくれるので本体の設定をせずにすぐに利用ができますが、格安SIMでは自分でAPN設定をする必要があります。

IIJmioでiPhoneを使う際にもAPN設定が必要となります。

「APN設定」と聞くと難しい操作が必要なことのように感じますが、構成プロファイルをiPhoneにインストールするだけで設定できるのでとても簡単です。

以下のページでAPN設定に必要なファイルを手に入れることができます。チェックしておきましょう。

関連リンク:IIJmioのAPN設定に必要なファイルはこちら

iPhoneのAPN設定の手順

上記のページから構成プロファイルをインストールして設定する方法は以下の通りです。

  1. wi-fiでネットにつなぐ
  2. IIJmioのAPN構成プロファイルからデータをダウンロードする
  3. 「インストール」をタップ
  4. 「完了」をタップ

Wi-fiにつなぐ環境がない場合は、手動でAPN設定を行います。手順は以下の通りです。

  1. 「設定」をタップ
  2. 「モバイルデータ通信」をタップ
  3. 「モバイルデータ通信」をオン 「3Gをオンにする」をオン
  4. 「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  5. APNに「iijmio.jp」 ユーザ名に「mio@iij」パスワードに「iij」を入力

IIJmioでiPhoneを使う際の注意点

IIJmioにはドコモ回線を使ったDタイプと、au回線を使ったAタイプという2種類のカードがありますが、iPhoneはAタイプを選んだ場合テザリングができないことがあります。

テザリングできるかどうかは機種にもよるので、こちらのページで確認しておきましょう。

iPhoneでテザリング機能を使う予定なら必ずチェックしておきましょう。

まとめ

ご紹介したように、iPhone6S以降であればキャリアに関わらずSIMロック解除でIIJmioでiPhoneが使えます。

ドコモ版iPhoneはSIMロック解除不要でそのまま使うことができ、au版ではiPhone8以降であればSIMロック解除せずに使うことができます。もちろんSIMフリー版iPhoneはそのまま使用可能です。

自分の手持ちのiPhoneはどのタイプなのかチェックしておくといいでしょう。

Iijmioのような格安スマホはAPN設定を自分で行う必要がありますが、ご紹介したように簡単にできるので気負わずやってみましょう。

Iijmioでは時期によってお得なキャンペーンを実施しています。より安く契約したい方は以下のページから現在実施中のキャンペーンをチェックしてみてください。

関連リンク:お得にIIJmioを契約できるキャンペーンはこちら