IIJmioレビュー

やさしくねっと.

格安SIMで評価の高いIIJmioを契約してSIMフリー端末を使ってみる

 

zenfone

本日ついにauのスマホからMVNOで一番評判の良かったIIJmioにしました。

端末はauで購入したiPhoneはSIMロックが掛かっているため新しくSIMフリーのAndroid端末を購入。機種はASUSのZenfone5にしました。

Zenfon5は3万円を切る格安スマホの中でもダントツで評判がよくスペックも高いし、ASUSはgoogleのNEXUS7の製造メーカーでもあるので信頼出来ました。

というわけで本ページでは前半は格安SIMのIIJmio、後半は格安スマホのZenfone5について記事にします。

何故IIJmioにしたのか

このブログでは固定回線の他にモバイル回線、格安SIMについてもたくさん記事にしています。それと同時に私は様々な格安SIMについて調べてきました。

格安SIMを選ぶ際、まず速度容量制限の有無を検討しましたが調べるうちに通信制限なしのSIMは品質を保てない可能性が高いとの結論がでたので制限があるモノを選ぶことにしました。

参考:LTE使い放題、データ通信無制限のMVNOはオススメできない?

そして制限はあるけど品質が高いと評判のある格安SIM、「OCNモバイルONE」、「so-net」、そして「IIJmio」のどれかにすることにしました。

「so-net」のLTEは奥さんのスマホで利用していて回線も予想以上に安定していて、MNO(大手3大キャリア)に引けを取らないレベルでした。

参考:初めて格安スマホを利用するならso-netのスマホセットが安くて安心!

なのでso-netにしようかとも思ったんですがどうせなら違うモノにしたいと思いOCNかIIJmioのどちらかにすることに。

しかしOCNモバイルONEは今年に入って「遅い」との声が目立っていたことと、IIJmioはMNO並みに速いとの評判が上がっていたのでこちらに決めることにしました。

IIJmioのプランについて

料金表はご覧の通り。価格は税抜きです。

プラン名ミニマム
(3GB)
ライト
(5GB)
ファミリーシェア
(10GB)
データSIM900円1,520円2,560円
音声通話SIM1,600円2,220円3,260円

ちなみに私は音声通話SIMの5GBプランを利用しています。

私はau時代7GBの規制に困るほどではないですがそこそこデータ通信を行うので5GBのライトスタートプランにしました。これで十分だと思います。

毎月の料金がいくら下がったのか

au時代の月額用金は約8,000円でした。IIJmioに乗り換えることで初回多少の初期費用(3000円とMNP手数料、auの解約金等)が掛かりますが月額が3,000円以下になります。

つまり5,000円以上!

IIJmioの初期費用3,000円とMNP手数料3,000円、端末代28,000円、au解約金約10,000円をすべて足しても1年足らずで取り返せます。

ちなみにauは新規契約しても機種変更してもプランを落とさなければ月額約8,000円掛かります。端末料込ですがそれでも8,000円はキツイですねえ。

iPhone5の分割支払いが終わると同時に機種代実質0円を可能にしていた2年割りも終了。まだまだiPhone5から変える気はなかったんですが機種変更してもしなくても月額料金は変わらないというシステムに不満が溜まり、乗換えを決断しました。

IIJmioには無料通話が付いていないのでその分通話料が掛かりますが私は何か事務的な要件以外でほとんど通話をしないので問題ありません。

期待の回線速度はどうか

昨日今日とLTE回線を使っていますが特にauの時に比べて遅いという感じはなく驚くくらい快適に使えています。

回線速度は画像の通り。2種類のアプリを使って計測してみました。

1428811068765

Screenshot_2015-04-12-12-59-36

なぜか恐ろしいほど差が出てしまっていますが私は実測値で2MB出ていれば快適に使えると思っているので3MBでも全く問題ないです。

外では動画を観ることはほとんどなく、家ではwi-fiを繋げているのでおそらく速度制限も気にならないと思います。

しかし地域によってはOCNモバイルONEの方が早いという声もあるのでわからないモノですねえ。

 

 

※2016年追記

乗り換えてもう1年以上になりますが特に不満はなく継続して使っています。今のところほかの格安SIMに乗り換えたいとか、auに戻したいとは思いません。

格安SIMは使える!

というわけでIIJmioについてまとめます。

速度もデータ通信容量も問題なく快適に使えています。通話をほとんどしない人にとっては賢い選択と言えるでしょう。

ただ一点だけ乗り換え時に注意したいことがあります。

それはMNP手続き中に回線が使えなくなることです。

MNPの処理は転出するキャリア(私の場合au)の転出手続きが完了するとその回線が使えなくなります。そして転入してくるキャリア(今回はIIJmio)は転出処理が完了してから転入手続き(SIMの書き換え)を行います。

なので回線停止から書き換えが完了したSIMが配送されるまでの数日間(私の場合約2日間)は回線が停止し電話もデータ通信も出来なくなります。

それさえ乗り切れれば後は快適なMVNOライフの始まりです。

5年以上iPhoneだった私がAndroidにした理由

私が初めてスマホを手にしたのは5年くらい前。購入したのはソフトバンクのiPhone4でした。

そこから約2年後にiPhone5に乗り換え、先日Androidになり現在に至ります。

iPhone4を購入した当時、Android端末はまだまだ未完成でした。その頃からサムスンのギャラクシーはありましたがHuaweiやASUSなんてものはなく、基本的にAndroidのスマホと言えば国内製で今も頑張っているSONY、富士通の他にNECやパナソニック、東芝のレグザフォンなんてのもありました。

その頃のAndroid端末は本当に使えなくて、動作は重いしすぐにフリーズしたり落ちたり、バグも多く使い物にならない印象でした。

今はその差が埋まったように感じる

あれから5年余り、近年のAndroid端末は急速な成長を遂げ最近のモデルは操作性や安定性等iPhoneにも引けを取らなくなっています。

長年iPhoneを使ってきた私でも今回購入したZenfone5は動作に何の違和感もなく快適に使えます。

さらにAndroidはカスタマイズ性に優れていて自分の使いやすいようにホーム画面を変えたりキー入力をアレンジ出来ます。まだまだ使い初めなので分からないことが多いですが出来ることが多そうですね。

Zenfone5にした理由

iPhoneには選択肢は限られていますがAndroidにはたくさん種類があります。その中で何故私がzenfoneにしたのか?

それはコストパフォーマンスに最も優れていると感じたからです。

CPUはクアッドコア、メモリも2GB搭載されていて価格は28,000円程度。同時期に発売されているギャラクシーノートやiphone6と比較するとやや劣っていますが価格が約半額です。

スマートフォン比較表

比較表

私はiPhone5で十分快適に使えていたし、それ以上のモノを求めていなかったのでこれで十分すぎるくらいのスペックでした。

さらにASUSは日本でも評判の良かったNEXUS7の製造メーカーなので安心できました。私が「Androidもかなり良くなってきたなあ」と感じたのがNEXUS7からだったので。

予想を上回る快適さ。ひとつ不満があるとすれば本体色黒を買ってしまったので私が好む暗い部屋で端末が見つけにくいこと。他の色にすべきだった。

総まとめ

「スマホ代が高すぎる!」

というイメージを払拭するMVNOと格安スマホ。

まだまだ使い慣れていなくて戸惑うことも多いですが乗り換えて良かったと思っています。

これまで8,000円以上掛かっていたスマホ代がわずか3,000円以下になるんですから月額5,000円、年間にすると6万の節約になります。

これが家族二人だと12万です。エライ違いですね。12万もあれば家族でだいたいのところに国内旅行できます。私なら通天閣に行きます(ちょっと行ってみたいだけですw)。

これはもったいない!

MNO(大手3大キャリア)は未だに2年に一回最新の高額スマホを買わないと損する(変えても変えなくても月額料金は同じ)プランを採用しています。常に2年で5、6万を償却出来る機種代金が上乗せされているようなもんです。だから高いんですよ。

そんな金ねえよ!って人は乗り換え検討してみてはいかがでしょうか。

IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ライトスタートプラン

乗り換える方法がわからない人はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ、au、ソフトバンクからMVNOに乗り換える手順書

 

タグ :   

SIMフリー端末 格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。