IIJmio光の転用方法

やさしくねっと.

フレッツ光からIIJmioひかりに実際に転用してみたのでやり方とか解説

 

IIJセット割

毎月のスマホ料金がキツくなって来たので奥さんのスマホをso-netのMVNOに、私のスマホをIIJmioにしようと計画しているわけですが、せっかくなので固定回線も見直すことにしました。

現在私は西日本のフレッツ光ネクストファミリータイプ隼を利用しています。

月額利用料金は光もっともっと割が適用されいくらか割引がありますがフレッツ回線利用料が4,546円、プロバイダ(yahooBB)が1,296円で合計で税込5,842円掛かっています。これでも結構安くなりましたね。

IIJmioひかりに乗り換えるとこうなります。

iij基本

総合計5,680円!

ってあんまり変わらない…

でもまあ少しでも安い方が良いですよね。

それに数ある中からIIJmioひかりにしたのには理由があります。

スポンサーリンク

IIJmioひかりのモバイルセット割引

他の光コラボ同様、IIJmioひかりにもモバイル回線とのセット割引があります。

IIJmioひかりとIIJmioのSIMを同時に利用すると月額600円の割引があります。

IIJセット割

月額600円は年間にすると約7,200円。大したことない金額と言っても10%の差はやはり大きいですね。コンバースのスニーカーが買えるくらいの金額が浮くことになります。

月額料金以外のメリット

なんといってもフレッツ光西日本の光もっともっと割の違約金縛りがなくなったことが大きいです。光もっともっと割の違約金はタイミングが悪いと最大3万円掛かります。これはもう絶対乗り換えるなという意味ですね。

光コラボレーションの転用はこの違約金が掛からなくなります。なので光コラボレーションに乗り換えてしまえばすぐに解約してもその光コラボ(今回の場合IIJmioひかり)の違約金しか掛かりません。※場合によってはフレッツ光からトータルで最短利用期間が設定されていることもあるようです。

ちなみにIIJmioひかりの違約金は2年内解約で5,000円のみなのでかなり易しいです。自動更新もありませんので2年後にはいつ解約しても違約金は発生しません。

今後他の光サービス等に乗り換えたくなった時でも気兼ねなく乗り換えることが出来そうです。

契約までの流れ

基本的には以前書いた記事の通りです。

フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

1.フレッツ光から転用承認番号を受け取る

2.新たに契約したい光コラボに申し込む

3.コンサル(打ち合わせ)を行う

4.転用手続き完了後、利用開始

です。

3の電話でのコンサルは早ければ5分程度で終わります。フレッツ光ネクストなら工事不要なのでコンサル後約3~4日程度で利用切り替わります。

回線切り替え後、インターネットの設定が必要なので注意してください。このサイトで紹介しているフレッツ光の設定方法と同じ要領で出来ます。

ねこでも出来る!?フレッツ光の初期設定から無線LAN設定まで解説

フレッツ光ネクスト以外のサービス、Bフレッツや光プレミアム等をご利用の方は別途工事費が必要になります。詳細はこちらをご覧ください。

フレッツ 光ネクスト以外の回線から転用で申し込む場合の工事費を教えてください

最初の申し込みが一番めんどくさいですがそれさえやってしまえば思いのほか簡単に転用出来ます。是非検討してみてください。

転用時の注意点

転用する際の注意点も、

フレッツ光から光コラボレーション転用までの流れと注意点をわかりやすく解説

に書いてある通りです。

特に気を付けたいことはやはり現在契約しているプロバイダの解約に関することですね。NTTとの契約は転用と同時に自動で解約になるんですがプロバイダはこちらから解約手続きを行わないと無駄に料金だけ掛かっちゃいます。

私はyahooBBを使っていたのでyahooBBに電話しました。yahooBBは月単位契約なので例えば4月に転用するなら4月中に解約の電話をして末日に契約が終了するという感じでした。

ちなみにyahooBB光 with フレッツは2年ごとの自動更新だったので解約時に違約金(5,000円+消費税)が発生しました。まあ仕方ないね。転用手続きを行う前に現在使っているプロバイダの違約金等が掛からないかどうか事前に調べておきましょう。

実際使ってどんな感じ?

つい先日開通しました。開通が完了すると登録したメールアドレスに開通通知が来ます。そのメールからIIJmioのウェブサイトにログインしルータの設定に必要な情報を確認します。

PPPは@iij.ad.jpのもの、パスワードは申込時に設定したものになります。

ルータ設定後無事切り替わりました。これまで使っていたプロバイダ(yahooBB)はまだ契約が残っていたので停止期間が全くなく切り替えることが出来ました。

速度も何故か前より速い?

速度

前に計った時は下り20MBくらいでした。

これ書いた時。

光回線なのに速度が遅い場合はプロバイダ乗り換えを検討してみては?

光コラボはサービス自体は新しいモノですが回線の仕組み自体はほとんど変わっていないことが予想されますのですでに「withフレッツ」でプロバイダサービスを行っていた業者(so-net、ビッグローブ、IIJ等)は安心して使えそうです。

まあ予想はしていましたが。

 

スポンサーリンク

 

タグ :

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。