so-netのスマホセット

やさしくねっと.

お値段なんと2万円!?iphoneが高いと感じた人にはファーウェイがお勧め!

 

画像

現在iphone5を使って二年ちょっと経過する私のauスマホですが、ihpone6が発売される頃にMVNO、SIMフリー端末が話題になって購入を踏みとどまっていました。

何せiphoneは高い!

分割で支払い、毎月割等で機種代は額面上0円になるとはいえ、毎月8000円にもなる月額料でちゃっかり回収されているわけです。

なので何かいい手段はないかと思いいろいろ調べていて最も注目されていのがファーウェイのスマートフォンでした。

その値段なんとわずか2万円弱!

Huawei Ascend G620S

g620s

ファーウェイは中国メーカーで今最も勢いのあるスマホメーカーの一つです。日本では数あるスマホメーカーの一つに過ぎませんが海外では飛ぶように売れて世界的にも注目されています。

中でも今回私が奥さんに試しにと思って使ってもらっているG620Sは価格が約2万円とiphone6やサムスンのギャラクシーの3分の1程度でありながら十分対抗できるスペックを備えています。

スペック比較

多すぎるとわかりにくいのでアップル、サムスン、ファーウェイの現行機種の比較を貼ります。

スマートフォンデータベースより。画像はクリックすると大きくなります。

スペック

やはり5~6万以上する高額な機種にはやや劣りますが十分サクサク使えるし、バッテリ用量、カメラの性能も悪くないです。

ちなみに一番右端にある「Ascend G6」も触ったことありますがこちらもかなりコスパは良好。最安値で1.7万ほどで買えます。

実際の操作感

私は長いことiphoneを使っていましたがそれは別にアップルファンというわけではなくて使いやすかったからなんですよね。特にほんの2、3年前のandloid端末は動作がカクカクしていたしフリーズしたり落ちやすかったりで非常に使いにくかった。

しかし最近のxperiaやギャラクシー等はかなり安定していますね。動作もサクサクしていて使いやすい。相変わらずシャープのaquosフォンはだめだけどw

こちらが実機の動画。※動画が正しく表示されない場合は「再読み込み」で表示されることもあります。

短いですがかなりスムーズにスクロールができてますよね。ほんの一昔前ならiphone以外はお勧めできませんでしたがこれならアンドロイドでも安心して使えますしお勧めできます。

※動作環境はwi-fiです。MVNOではありません。

so-net LTEとスマホセット

実はこの「Huawei Ascend G620S」ですがMVNO、so-net LTEのスマホセットで買いました。初のMVNOです。

So-net モバイル LTEの+Talk S2プランはライトユーザー向けで150Mbps(月1.5GBまで)のデータ通信+音声通話SIMと端末セットで2480円と格安!

もともと端末の本体価格が安いのでこの価格で提供できるわけです(月額700円程度)。

回線速度は3大キャリアとはいかないまでもネット閲覧やSNS等は十分ストレスなく使えるのでライトユーザーにはかなりお勧めです。

これは買いですね。

 

タグ : 

SIMフリー端末    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。