光コラボレーションの比較

やさしくねっと.

結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

 

874e6a0a0e7942013853fa7373b67191_s

フレッツ光の卸売りによる光コラボレーションが本格的にスタートし1年余り経ちました。

現在私が把握するだけでも20社以上光コラボレーションを提供する通信事業者が存在します

そしてそれらはそれぞれ月額料金が微妙に違っていたり、付随するサービス内容も違っていたりします。

これまで光回線といえばフレッツ光、auひかり、地方限定の電力系の回線、ケーブルテレビが提供する光回線のどれかに限られていましたが光コラボレーションの提供によって選択肢は大幅に拡がりました。

本ページではその中でも比較的知名度が高く、契約者数も多い光コラボレーション10社を比較します。

月額料金比較表

下の表が各社月額料金の比較表です。

同じ会社のスマートフォンや格安SIM(格安スマホ)を利用することでセット割引されるモノは「月額割引特典」欄に記載しています。

※価格は税別です。場合によっては2年自動更新が定められていることがあります。

※スマホで見る場合は+をクリックするとすべて表示されます。

種類ファミリータイプマンションタイプ割引特典
ドコモ光5,200円4,000円シェアパック割引
(Wi-Fiルータ進呈)
ソフトバンク光5,200円3,800円スマホセット割引
(CB2万円)
OCN光
5,100円3,600円CB5,000円
Wi-Fiルータ進呈
so-net光5,200円4,100円auモバイルセット割*
(工事費相当CB)
U-NEXT光
4,980円3,910円格安SIMセット割
@nifty光5,200円3,980円auモバイルセット割
ビッグローブ光5,180円4,080円他サービス利用で
月額200円お得
IIJmioひかり4,960円3,960円格安SIMセット割
BBexcite光4,360円3,360円なし
ぷらら光4,800円3,600円格安SIM他
ぷららサービスセット割
DMM光定額:4,820円
2段階:3,720円〜5,420円
3,780円格安SIMセット割

※CBはキャッシュバックです。

月額料金が安いのはどれか

月額料金を並べると最安値だったのはやはりBBエキサイトでした。

BBエキサイトはフレッツ光のプロバイダ料金も月額500円と他社を圧倒する安さが人気です。ちなみにOCNやyahooだと1,200円なので500円はとても安い。

但し・・・

BBエキサイトはフレッツ光のプロバイダとして品質自体の評判があまり良くないという印象が強いです。決して悪意があるわけではないんですが・・・

回線速度が遅いという口コミが多いんですよね…

BBエキサイトだからといって他社より速度が劣るかというと必ずしもそうとは言えませんが、価格が安い分品質が下がってしまう可能性は十分あり得ますね。

二番手のぷらら光はセットでおすすめ

その次に価格が安いのはぷらら光です。

ぷららはNTTグループの会社でこちらも以前からフレッツ光のプロバイダとして評価されていました。

NTTグループなので信頼性も高いですし価格も最安値とはいかないまでも他社を圧倒する安さであると言えます。

さらにぷららは光回線以外にも格安スマホ(ぷららモバイルLTE)やひかりTVを提供していて、それらとセットで値引きがされるプランもあります。

現在家族にぷららの格安SIM(格安スマホ)を利用している人がいたり、自宅でひかりTVを利用している人は特に安く利用できるのでおすすめですよ。

⇒ぷらら光の公式サイトはこちら

スマホとセットで選ぶ光コラボレーション

光コラボレーションの多くはモバイルとセットで値引きが適用されます。

特に大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)とセット値引きが可能なモノは割引額も大きいですし、そもそもすでに利用している場合が多いのでそれに合わせて光コラボレーションを選ぶことをおすすめします。

ソフトバンクユーザーはやっぱりソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホとセットで1契約ごとに月額最大2,000円割引が適用されます。

最大というところが注意したいところで、2,000円割引が適用されるのは大容量(10GB)プランを利用している場合です。

しかし標準(5GB)プランでも月額1,522円値引きがされるのでやはり1台でもソフトバンクスマホ利用者がいればかなりお得です。

下記はスマホとセットで値引きされるスマート値引きのプランごとの値引き価格です。

利用しているスマホのプランによって値引き額が大きく変わってきます。

スマホプラン名スマート値引き額
少容量(2GB)500円
標準(5GB)(20GB)1,522円
大容量(30GB)2,000円

ソフトバンク光の場合、スマート値引き適応条件にオプションパック(月額500円)が必要ですが、それでも標準プラン1台のみで他社を圧倒する月額料金で光回線を利用出来る計算になるのでソフトバンクユーザーに非常にお勧めです。

スマート値引き試算(ファミリープラン)

1.スマホ標準(5GB)プラン1契約の場合

ソフトバンク光(5,616円)ースマート値引き(1,522円)+オプションパック(540円)

4,634円(税込)

2.スマホ標準(5GB)プラン2契約の場合

ソフトバンク光(5,616円)ースマート値引き(1,522円×2契約)+オプションパック(540円)

3,112円(税込)

スマート値引きは最大10台まで適用されます。

上記試算表では分かりやすくソフトバンク光から値引きしていますが実際は携帯電話料金から値引きされます。

また、下記販売店からソフトバンク光の申し込みをするとキャッシュバックキャンペーンを得ることが可能です。

⇒ソフトバンク光のキャンペーンを確認する

auユーザーはso-netかniftyか

auのスマホを利用している人はso-net、もしくはniftyの光コラボレーションでセット割引が適用されます。

どちらも月額料金5,200円から1,200円の値引きとなり(ファミリープランの場合)、月額4,000円で利用できる計算となります。

但しこちらの値引きはauの1契約のみ適用されるので家族の契約者数によって値引きされるものではありません。

対象プランは双方ほぼ同じでおおよそ下記の通りとなります。

ご利用機器契約プラン割引額
auスマホデータ定額5(GB)以上
LTEフラット
ISフラット等
1,200円
データ定額2/3(GB)
ジュニアスマート
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
500円
auガラケーカケホ+データ定額5(GB)以上1,200円
カケホ+データ付
カケホ+データ定額2/3(GB)
500円

※niftyの1,200円割引適応条件にカケホーダイ+データ定額5/8が見られなかったので対象プランは契約する前に必ず確認してください。

どちらを選ぶべきかというと、月額料金も変わりないですし品質もどちらも申し分ないと思われるので正直どちらを選んでも同じようなもんかなと思います。

現在so-netのサービスを利用しているならso-net、niftyのサービスを利用しているならniftyでOKです。

どちらも利用していない場合は好みで選択してください。

nifty光公式ページへ

so-net光コラボレーション公式ページへ

auユーザーはauひかりが一番お得

少し光コラボレーションから脱線しますが、auのスマホ、ガラケーを利用している方が光回線を選ぶなら実はauひかりが圧倒的にお得だったりします。

というのもauひかりとモバイルのセット値引き、スマートバリューの最大値引き額は1契約当たり2,000円ですし標準的なプラン(データ定額5GBやLTEフラット)でも月額1,410円の値引きがされます。

しかもスマートバリューは1契約ごとなので家族3人auのスマホを利用していればそれぞれ値引きがされるので断然お得です。

さらにauひかりは光回線乗り換え時に掛かる違約金を最大3万円サポートしてくれる乗り換えサポートや販売店、プロバイダのキャッシュバックもあるのでかなりオススメです。

auひかりって結局どうなのよ!?特徴と評判をまとめる

ドコモユーザーはドコモ光

ドコモユーザーの場合、パケットパックを利用しれいれば多くのプランで値引きがされます。

が、シェアパックからの値引きがあるせいなのか、単体(5GBプラン等)で適用される割引額はソフトバンク光に比べて小さいです。

データMパック(5GBプラン)の値引きは800円です。

ちなみにシェアパックというのは家族3人で通信容量15GBを分け合おうというようなプランです。

例えばシェアパック15を利用している場合、ドコモ光の月額料金がファミリープラン(通常5,200円)が3,400円になるため非常に安く利用出来ます。

しかし私はシェアパックはあまりオススメできないかなあと思っています。

というのも通信容量は何かがきっかけで急に上がったり下がったりしてしまうことが多いため、あまり使わないと見込んでいた例えばお母さんが急に使うようになって上手く機能しなかったりすることがあるからです。

ドコモ光はプロバイダを選ぶことが可能ですが、プロバイダをGMOとくとくBBにすると現在1万円前後(定価2万円程度)のWi-Fiルーターがプレゼントされるのでお勧めです。

⇒GMOとくとくBBのドコモ光はこちら

その他格安スマホの場合

ドコモ、au、ソフトバンク以外、格安スマホを利用している場合は今使っている格安スマホと合わせると値引きが適用されるものを選びましょう。

例えばOCNモバイルONEとOCN光、IIJmioとIIJmio光、ぷららモバイルLTEとぷらら光、U-NEXT光とU-NEXTモバイル等といった感じです。

但し格安スマホは元々かなり安価なので値引き額は大きくないです。無理して合わせる必要はないかも・・・

楽天モバイルやDMM mobile等光コラボレーションを提供していない場合は価格の安いものを選んでも良いと思います。

通信速度について

光コラボレーションの通信速度についてですが、

「ドコモ光に変えたら遅くなった」

「ソフトバンク光に変えたら遅くなった」

「ぷらら光に変えたら・・・」

というような意見、評判を聞いてどれが遅いか、速いかが気になる人は多いと思います。

ですが、光コラボレーションはどれもフレッツ光と同じ回線を使っていて、サービスも同じなのでフレッツ光と同じく(表向きは)下り最大1Gbpsとなっています。

なので公表している通信速度はどの光コラボレーションも同じです。ドコモ光もソフトバンク光もエキサイト光も(基本的に)通信速度は1Gpsとしています。

通信速度の良し悪しの判別は不可能

表向きは通信速度1Gbpsとしているわけですが、実際のところ通信業者によって通信速度に差が生じていることが予想されます。

ドコモ光よりもソフトバンク光が遅い、ソフトバンク光よりもエキサイト光の方が遅い可能性はあるわけです。

あるわけなんですが、正直なところどの業者が速くてどの業者が遅いのか、は分かりません。

というのも各業者がどれくらいの利用者に対して設備を整えているか、どのような設備体制なのか分からないからです。

これらの情報は機密情報に当たるので通常表に出てきません。回線工事自体は下請け業者が行っていると思いますが、それらの業者が内情をバラすと仕事を切られるだけでなく賠償金の請求等にもなりかねないので表に情報が出てこないわけです。

なので私達利用者側は品質の良し悪し(通信速度の速さ)を判断することはできません。

会社の体質、信用性等分かる範囲で判断するしかないんですよね。

まとめ 結局どれが一番良いか?

ここまで書いてきた通り、光コラボレーションを選ぶ際は基本的に自分のモバイル(スマホ、携帯電話)の環境に合わせて選ぶとお得に利用出来ます。

    • ソフトバンクを利用中の方はソフトバンク光
    • auの方はso-net光かnifty光、またはauひかり
    • ドコモの場合シェアパックを利用していればドコモ光、利用していなければ価格でOCN光あたり
    • 格安スマホの場合はそれに合わせた光コラボレーションを

といった感じです。

特にソフトバンク光のスマート値引きとauひかりのスマートバリューは非常に値引き額が大きいので乗り換えないと逆に損しちゃいます。

是非ご検討ください。

ソフトバンク光ってどう!?月額料金や話題のスマート値引きを考察

 

⇒ソフトバンク光がお得に申込出来るサイトはこちら

 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。