マンションのネット回線の選び方

やさしくねっと.

意外と知らないネット回線のマンションタイプの選び方

 

光回線には「マンションタイプ」「一戸建てタイプ」の2種類があります。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、基本的に光回線を導入するときに「マンションタイプ」を選ぶことになります。

しかし、今まで一戸建てに住んでいたという方や、マンションで光回線を導入したことが無いと「どうやって選べばいいのか分からない」ということもあるでしょう。

そこで、本ページでは光回線のマンションタイプの選び方について詳しくご紹介します。

自分のマンションがどこまで対応しているのか確認する

実は、マンションの種類によっては対応している光回線のタイプが異なることがあります。

そもそも「マンションタイプ」が利用できないというケースもあるので、まずは自分の住んでいるマンションがどのタイプに対応しているのかを確認しましょう。

「マンションタイプ」を導入しているかチェック

住んでいるマンションが「マンションタイプ」の光回線に対応してない場合は、マンションタイプの回線を引くことができません。

マンションタイプが導入されているかどうかは、光回線を取り扱う各種回線業者やプロパイダの公式サイトや販売店でチェックすることができます。

光コラボレーションと呼ばれる「ドコモ光」「ソフトバンク光」「so-net光」などの回線は、「フレッツ光」と同じ回線を利用しています。そのためフレッツ光を導入している物件であれば利用することができます。

「マンションタイプ」が導入されていない場合はどうすればいい?

「マンションタイプ」の光回線が導入されていない場合でも、光回線を導入できないというわけではありません。

利用可能エリア内であれば、「一戸建てタイプ(ファミリータイプ)」を導入することでインターネットが可能になります。

しかし、マンションで一戸建てタイプの光回線を導入するにはいくつかの条件があります。

例えばauひかりの場合は3階まで、NURO光の場合は7階までという決まりがあります。それ以上の階の場合は一戸建てタイプの光回線を契約することはできません。また、立地によっては3階以下や7階以下であっても工事が出来ず、導入できないこともあります。

また、工事には大家さんや管理会社の許可が必要になるので注意しておきましょう。

マンションタイプの種類について

マンションタイプには、一戸建てタイプ(ファミリータイプ)と違って複数の種類が用意されているケースがあります。

主に「光配線方式」「VDSL方式」の2種類に分かれます。ドコモ光やソフトバンク光等も含めたフレッツ光系の回線や、au 光の場合はこの2つの種類が用意されています。

いずれも光配線方式なら1Gbps・VDSL方式なら100Mbpsといったように回線速度に違いがあります。VDSLはその性質上、利用者が増える時間帯(夕方以降~深夜など)に回線速度が遅くなってしまうケースが多くなります。


VDSL方式とは?
VDSL方式というのは、電話ケーブルを利用して構内配線がされている回線方式のことです。

下の図はフレッツ光東日本公式サイトのものです。図の黒い線で表わされているのが電話ケーブル、オレンジ色が光ケーブルを表しています。

VDSL方式はすでに敷設されている電話ケーブルを再利用するため、構内(マンション内)の配線工事が不要なので光回線が急速に普及した時によく導入されていました。

しかし電話ケーブルは一度に大量のデータ通信をすると、回線速度が著しく低下してしまいます。

そのためマンション内の人がたくさん利用する夕方から深夜に掛けて通信速度が極端に遅くなってしまうことがあります。

かつてADSLの時代に起きていたことがマンション内で起こってしまうわけです。

そのため、ネットで動画やゲームをするのが当たり前になってきた昨今、VDSL方式はあまり利用されつつなくなっています。新しく導入されることも少ないです。

プランはマンションに導入されているかどうかで決まるので、例えばVDSL方式の回線しか導入されていない場合は光配線方式を選ぶことはできません。

マンションタイプが使えない場合はポケットWi-FiでもOK

マンションタイプが導入されていない場合は、一戸建てタイプ(ファミリータイプ)の光回線を導入する方法をご紹介しました。

しかし回線工事ができないケースもあります。この場合は、無線でネットができるポケットWi-Fiの導入をオススメします。

ポケットWi-Fiは光回線の代わりとして利用することができますし、工事も不要なので工事ができない立地や階数に住んでいる方はチェックしておきましょう。

また、マンションタイプが導入されていてもVDSL方式の場合は回線速度が遅く、快適に使えないこともあります。

この場合もWiMAXやソフトバンクエアーといったポケットWi-Fiの利用がオススメでしょう。なぜなら、Wi-Fiの方が速度が速く、快適に使えるケースが多いからです。

特にWiMAXは月額の通信料が無制限で使えるプランがあったり、キャッシュバックキャンペーンが受けられるものなどが増えています。

参照記事:WiMAXギガ放題の新規申込キャンペーン比較と注意すべきことまとめ

まとめ

多くのマンションではネットができるようにマンションタイプの光回線を導入しています。しかし中には古い建物でマンションタイプを導入していないケースもあります。

他にも大家さんの意向や他の住民の方が使用する予定が無いといったような様々な理由から、光回線を導入していないマンションがあります。

このようにマンションだからといって、必ずしもマンションタイプの光回線を使用できるとは限りません。必ず契約の前に使えるかどうかを確認しておきましょう。

もし使用できなかった場合は、大家さんや管理会社の許可がとって、工事ができる条件に当てはまっていれば一戸建てタイプの光回線を導入するという方法があります。

もしくはWiMAXなどのポケットWi-Fiを契約するという方法でインターネットを導入するといいでしょう。

 

光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。