光コラボレーションキャッシュバックキャンペーン比較

やさしくねっと.

光コラボレーションのキャッシュバック比較

 

2015年にスタートした光コラボレーション。今では多くの事業者が参入し、競争は激化しています。

各社が契約数を増やすためにキャッシュバックキャンペーンを行っています。

せっかくキャッシュバックがもらえるなら少しでも多い方がいいですよね。

しかしどこのキャッシュバックがいいのかいまいち分かりにくい現状があります。

本ページでは各社のキャッシュバックを比較し、キャッシュバックにおける注意点を解説します。

新規申し込みと転用で額が違う

光コラボを利用する方の中には新規で申し込みをする方とフレッツ光から転用する方がいると思いますが、新規申し込みか転用かでキャッシュバックの額が異なります。

基本的には各社ともキャッシュバックは新規申し込みの方が多く、転用の場合は全くないところもあります。

新規申し込み時のキャッシュバック

まずは新規申込の場合のキャッシュバック比較から。回線工事が必要なので初期工事費を補てんする形でキャッシュバックが支給されるケースが多いです。

種類キャッシュバック工事費
ドコモ光dpoint5000円プレゼント工事費無料
ソフトバンク光20,000円工事費無料
so-net光24,000円(工事費相当)24,000円
ビッグローブ光10,000円月額料金から工事相当の割引あり
ぷらら光15,000〜18,000円(工事費相当)
・マンション15,000円
・ファミリー18,000円
@nifty光なし・マンション15,000円
・ファミリー18,000円
OCN光
5,000円orルータープレゼント・マンション15,000円
・ファミリー18,000円

ドコモ光は現金によるキャッシュバックはありませんが、5000円分のd pointを貰うことができます。

光回線を契約する場合は回線を引くために工事が必要で、多くの場合は数万円の工事費がかかります。

光コラボの多くは新規申し込みキャンペーンによって工事費が無料になったり、工事費と同額だけ月額料金を割引してくれたりします。また、キャッシュバックの額は大きくても工事費相当の場合が多いようです。

現状では工事費無料キャンペーン+キャッシュバック2万円があるソフトバンク光がお得感があります。

※リンク

転用時のキャッシュバック

次にフレッツ光からの転用の場合のキャッシュバック比較です。転用の場合初期工事費は発生しません。

※契約手数料として3千円程初期費用が発生します。

種類キャッシュバック
ドコモ光なし
ソフトバンク光11,000円
so-net光なし
ビッグローブ光5,000円
ぷらら光5,000円
@nifty光なし
OCN光
なし

転用はキャッシュバックがないケースが多いようです。

また、キャッシュバックが発生する場合でも新規と比べてもかなり額が少ないようです。

こちらの場合もソフトバンク光がお得ですが、金額がそれほど大きくないのでキャッシュバック目当てで選ぶことはお勧めできません。

関連記事:フレッツ光から乗り換えるならauひかりと光コラボレーションどっちが良いか

キャッシュバックキャンペーンの注意点

キャッシュバックは新規と比べると転用は額が少なかったり、そもそも貰えなかったりすることもあると分かりました。

他にも、キャッシュバックに関して注意する点があります。

発生条件が緩いものを選ぼう

新規契約では高額なキャッシュバックが並んでいましたが、契約した人なら誰でも貰えるわけではありません。

オプション加入が必要な時や、指定されたプロバイダにした場合だけなどキャッシュバックをもらうための条件があることがほとんどです。

また、他の割引と併用できないことがあり、キャッシュバックを貰った変わりに割引が適用されない、といったこともあります。

キャッシュバックはできるならたくさん貰いたいですが、そのために必要もないオプションをつけたり、お得な割引が貰えないのはもったいないです。

キャッシュバックはできるだけ条件が緩い物を選びましょう。

キャッシュバックの受け取り方に注意

キャッシュバックは契約してすぐに貰えるという訳ではありません。

早い場合は1ヶ月や2ヶ月で受け取れますが、半年から1年ほど掛かることも少なくありません。

キャッシュバックの受け取りには時間がかかることを覚えておきましょう。

また、キャッシュバックの受け取り方が分かりづらいケースもあります。

例えば他社回線から乗り換えた際に発生した違約金分を負担してくれるキャッシュバックの場合は受け取る際に違約金の支払い明細が必要だったり、期間が決まっていたりします。

キャッシュバックを受け取る場合は受け取れるまでの期間や方法についてしっかりと調べるようにしましょう。

代理店独自のキャッシュバックがあることも

光コラボを契約する際は代理店を通して行うことが多いですが、実は代理店も独自のキャッシュバックを行っていることがあります。

普通ならキャッシュバックがなくても代理店が独自のキャッシュバックを行っている、ということもありますので、より高額なキャッシュバックをもらいたいなら代理店選びも重要になってきます。

ただし、代理店の中には悪質なお店も存在します。キャッシュバックや特典だけで選ぶと思わぬトラブルに遭遇することもあります。代理店を選ぶ際は慎重に選びましょう。

上述した通り、光コラボレーションは現状で大きなキャッシュバックは期待できません。

もす5万や10万等のキャッシュバックキャンペーンがあった場合は他の契約、例えばスマホ同時契約などを疑った方が良いです。

現状で光コラボレーションの契約だけで高額キャッシュバックを得ることはできません。

キャッシュバックよりもスマホセット割がお得

光コラボのキャッシュバックは工事費の補完であるケースが多いです。

そのためキャッシュバックでお得に感じるのは契約した直後だけです。長期的にお得に利用したいならキャッシュバックよりもスマホセット割を重視したほうが良いでしょう。

スマホセット割引は携帯電話会社が提供している光回線を契約したときに、スマホもその携帯電話会社のものの場合はスマホの月額料金がずっと割引されるというものです。

使っている携帯がドコモならドコモ光、auならso-net光、ソフトバンクならソフトバンク光で、それぞれセットを受けることができます。

セット割は光回線を契約している間はずっと割引を受ける事ができるので、キャッシュバックよりもセット割を優先したほうが良いでしょう。

例えばドコモ光とソフトバンク光ではキャッシュバック額が多いのはソフトバンク光です。

しかし、スマホがドコモの場合はドコモ光にすればセット割を受けることが出来るので、長期的に見ればドコモ光のほうがお得になります。

ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかのスマホを利用している場合はキャッシュバックよりもセット割が適用される光回線を選ぶとよいでしょう。

まとめ

ここまで光コラボ各社のキャッシュバックを比較してきました。

各社とも新規申し込みの場合はキャッシュバックを貰えることが多いので、お得に契約することが可能です。

一方転用の場合はキャッシュバックが貰えなかったり、貰えても新規と比べると額はかなり低いようです。転用の場合キャッシュバックはあてにしないほうが良いでしょう。

また、光コラボを使う際はキャッシュバックだけでなくスマホとのセット割も考慮しましょう。セット割はその光回線を使っている限りずっと割引されるので、仮にキャッシュバック額が他よりも少なくてもセット割が適用される場合はそちらの光回線を選びましょう。

 

光回線 光コラボレーション    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。