ポケットWi-Fi

光回線とポケットWi-Fiの比較!どちらを契約すべき?

インターネットの接続サービスといえば光回線が有名ですが、近年、場所を選ばず手軽に使えるポケットWi-Fiの人気も高まっています。

2つの回線にはそれぞれ特徴があり、どちらが契約するのが良いのかは、インターネットを使う環境や利用状況によって変わります。

ここでは、光回線とポケットWi-Fiのそれぞれの特徴や、どんな人におすすめなのかなど、自分に合った回線を選択しやすくなるように、わかりやすく解説していきます。

光回線とポケットWi-Fiの比較

まず、光回線とポケットWi-Fiの基本的なサービス概要について、比較した表をみてみましょう。

項目 光回線 ポケットWi-Fi
月額料金 一戸建て:5,000円程度
集合住宅:4,000円程度
3,000円~4,000円程度
月間制限 なし 3日間で10GBなどの
制限あり
通信速度 下り最大10Gbps
(主に1Gbps)
下り最大1.2Gbps
(主に300Mbps程度)
対応エリア 全国のエリア対象地域 全国の電波が入る場所
初期工事 必要 不要
申込特典 キャッシュバック
工事費無料
スマホセット割引など
キャッシュバック
月額料金割引など

月額料金はポケットWi-Fiの方が安い

光回線ポケットWi-Fiの月額料金は、プロバイダによって差はあるものの、光回線の「ホームタイプ」と比較した場合、ほとんどのケースでポケットWi-Fiの方が安い月額料金となっています。

同じ光回線の「マンションタイプ」の場合では、ポケットWi-Fiが少し安いか、同程度の価格帯がほとんどですが、「nuro光」などポケットWi-Fiより安くなるケースもあるので、利用状況と価格のバランスで選択することをおすすめします。

光回線は工事が必要だがポケットWi-Fiは不要

申込み後、実際にインターネットを利用できるまでの期間について、比べてみましょう。

光回線

光回線を使う場合は、利用する建物に合わせた回線工事が必要になります。つまり申込みをしてから、実際に使えるようになるまで、日数がかかるということ。

申込みをしてから光回線が開通するまでの期間は、どの回線業者を選んだ場合でも、最短で3週間ほど。3月~4月の引越しが集中する時期などは、2ヶ月以上かかる場合もあるので、注意が必要です。

光回線の開通とプロバイダ申込が揃った状態ではじめて、インターネット接続が利用可能となります。

開通工事には工事料金が発生するのですが、キャンペーンで割引されて実質無料となるケースがほとんどです。

ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiの場合は、使用場所を問わない無線接続のため、回線工事は不要。申込み後、必要な機器が届いて初期設定をすれば、すぐに使えます。

ポケットWi-Fiは、プロバイダがセットになった形で申込みをするので、回線とプロバイダ、別々に申込みをする必要はありません。

どのプロバイダを選択しても、翌日~3日程度、遅くても1週間以内には、機器が届いてインターネットが利用できるようになります。

光回線は無制限だがポケットWi-Fiは制限あり

光回線の場合、データ通信量の制限はないので、動画サイトなどデータ量の多いサイトの閲覧も、無制限で楽しめます。

対してポケットWi-Fiの場合、「通常プラン」では、1ヶ月の通信量が7GBを超えると、月末まで、128Kbpsの速度制限がかかります。

速度制限を気にせず利用するためには、データ通信量の制限がない「ギガ放題プラン」を選択するのですが、月額料金が高くなるというデメリットもあります。

光回線を契約した方が良い人はこんな人

光回線ポケットWi-Fiについて、それぞれの料金・利用できるまでの期間・通信速度制限を比較した結果をふまえて、以下にあてはまる人は、光回線の契約がおすすめ。その理由についてもひとつずつ説明していきます。

  • 家族みんなでインターネットを使う
  • 家族で同一キャリアのスマホに統一している
  • 毎日、動画を観たりゲームをするヘビーユーザー

家族で使うなら光回線

家族の中でインターネットを使う人が複数いて、各部屋で使うような場合は、光回線一択といってもいいでしょう。

ポケットWi-Fiはルーター本体がなければネットが使えないので、誰かが外に持ち出すと、その間自宅にいる家族は、インターネットが使えません。

また、ポケットWi-Fiはルーター本体に近いほど速度が出るので、Wi-Fiルーターから離れた部屋には電波が届きにくくなり、速度も遅くなります。

その点、光回線の場合、複数の部屋で同時にインターネット接続をしても安定した通信ができるので安心。

もちろん光回線であっても、ルーターを設置した部屋から遠かったり、無線接続の場合、通信速度が下がる要因にはなりますが、ポケットWi-Fiのような大きな速度低下ではありません。

スマホを統一している場合はスマホに合わせた光回線にする

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に統一してスマホを契約している人なら、そのキャリアが提供している光回線を契約すると、「セット割」が適用され、スマホの月額料金が割引されます。

割引の金額は、光回線やスマホの各プランの利用状況によって異なりますが、「セット割」は家族の人数分、適用されます。

キャリアによっては、離れて暮らす家族も含めて割引が受けられるので、同一キャリアを使用する家族が多い人は、トータルするとかなりの金額がお得になるので、一度、調べてみることをおすすめします。

毎日動画を観るヘビーユーザーは光回線にしよう

動画やゲームのヘビーユーザーにも、通信量による制限がない光回線が最適です。

以下の表でわかるように、ポケットWi-Fiはどのプランでも、それぞれ通信量によって制限があるので、動画やゲームをたっぷり楽しみたい人向けではありません。

回線種別 サービス名 通信量による速度制限
光回線
なし
ポケットWi-Fi 通常プラン 月内の通信量が7GB超で制限→128Mbps
ポケットWi-Fi ギガ放題プラン 3日間の通信量が10GB超で制限→1Mbps

ちなみに”通常プラン”で通信制限がかかる「7GB」というのは、動画視聴であれば”約4時間半’程度(画質によっても異なる)です。

通常のネットサーフォン程度であれば問題ありませんが、動画視聴での”4時間半”というのは、あっという間ですよね。でも、光回線なら時間を気にすることなく、思う存分楽しめるのです。

ポケットWi-Fiを契約した方が良い人はこんな人

ポケットWi-Fiの特性をふまえて、以下項目に当てはまる人には、ポケットWi-Fiの契約をおすすめします。

  • 外出時も使いたい
  • ネットをあまり利用しない

ポケットWi-Fiは外出時にも使えるのが最大のメリット

ポケットWi-Fiは、外出先など場所を選ばず、どこでも使えることが大きなメリットです。Wi-Fiルーターも文字通りポケットサイズで持ち運びにも負担になりません。

ネットをあまり使わないならポケットWi-Fiがおすすめ

普段、インターネットはあまり使わないけれど、自宅以外でも手軽に使える回線を用意したい人にも、ポケットWi-Fiがおすすめ。

また、利用状況によっては、スマホのデータ通信をポケットWi-Fiで行うという方法で、スマホ料金を節約できる場合があります。

一般的なスマホの料金というのは、”基本となる音声プラン”+”データ通信のプラン”+”インターネット接続サービス”で構成されています。

この「データ通信プラン」の月額料金が、ポケットWi-Fiの料金より高い、または、同等の金額でも、利用できるデータ量に差がある場合、スマホ側は音声プランだけに絞って、ネット接続の際は、ポケットWi-Fiを使うというのも有効な手段です。

ただ、その場合、スマホとポケットWi-Fiの両方を持ち歩かなくてはいけないことや、スマホの4G LTEよりつながりにくい場合があるなど、デメリットもあるので、注意が必要です。

まとめ

光回線ポケットWi-Fi、どちらを選べば良いのか、回線の特徴を比較しながら、解説してきました。

基本的には、自宅のみで使うなら光回線、場所を選ばず使うならポケットWi-Fiというのがベストですが、それぞれの回線にメリットとデメリットがあるので、利用状況や環境に合わせて、柔軟に選択していくことをおすすめします。

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。