光回線

乗り換えに圧倒的におすすめ出来る光回線と乗り換える際の注意点

現在光回線やADSL等のネット回線を使用していて、

「今使っている回線速度が遅い」

「月額料金をもっと安くしたい」

「キャッシュバックがあるので乗り換えたい」

と、回線の乗り換えを検討している人も多いと思います。

しかしインターネット回線は様々な種類があり、またプランやキャンペーンも複雑で「わかりにくい…」と感じる人も多いのではないでしょうか。

本ページでは乗り換えにおすすめな光回線と、乗り換える際の注意点を紹介します。

ポイントをおさえて、お得な乗り換えをしましょう。

乗り換えにオススメの光回線の選び方

回線を乗り換える際には、できるだけお得に乗り換えをしたいですよね?

しかし、回線の種類が多くて「どれがお得なのか」というのは分かりづらいでしょう。

そこで、光回線を乗り換える前に、回線の選び方について知っておきましょう。

回線の選び方は下記2つがポイントになります。

  • スマホセット割引で月額料金を大幅に下げられるかどうか
  • キャッシュバック等のキャンペーンがお得かどうか

では、詳しく見ていきましょう。

スマホセット割が使える回線を選ぶ

現在光回線の月額料金は実は単体だとどの回線もほぼ横ばいなため、乗り換えても大幅に安く出来るということはありません。

例えば現在フレッツ光(ファミリータイプ)を使っていて、月額5,000円程度であれば、今人気のドコモ光やソフトバンク光に乗り換えてもほとんど安くなりません(いずれも月額料金は5,200円)。

しかし光回線の中には、「スマホセット割引」が適用されるものがあり、割引が適用されれば大幅に安くすることが可能です。

中には月額料金が最大で1人あたり月々2,000円お得になるという割引もあるため、今使っているスマホに合わせて回線を乗り換えると毎月の支払いを大きく落とすことが可能です。

下記のキャリアのスマートフォン(携帯電話)を使っている人は、割引の使える光回線を選ぶとお得になります。

※それぞれの詳細を知りたい方はリンクをクリックしてみてください。
近年は大手のキャリア以外にも、格安SIMなどが注目されており、格安SIMでスマホを運用しているという方も多いでしょう。

格安スマホでも光回線とのセット割引サービスを行っている会社があります。例えばU-mobileの場合はU-NEXT光、BIGLOBESIMの場合はBIGLOBE光などとセットにすれば割引が受けられます。

格安スマホを使っている方もセット割が使える回線が無いかチェックしておきましょう。

参照記事:ネット代やスマホ代の通信費を少しでも節約する方法まとめ

乗り換えキャンペーンがお得な回線を選ぶ

光回線は新規契約によってキャッシュバックを得ることが出来るものが多いのでお得な感じがしますが、多くのケースで解約時に今使っている回線の違約金が発生するので注意が必要です。

例えばフレッツ光及びauひかりの多くのプランは2~3年の自動更新となっているため、解約月以外で解約すると1万円前後から多い場合は3万円程度の違約金が発生する可能性があります。

新規申込キャンペーンで3万円キャッシュバックがあっても違約金で3万円取られてしまえばほとんど得しませんよね…

特にキャッシュバックキャンペーンを目的に乗り換えを検討している場合、旧回線の違約金を回避するために、違約金を還元してくれる「乗り換えキャンペーン」が行われている光回線を契約することをお勧めします。

違約金還元キャンペーンを常時行っているのは現在次の2つの回線です。

  • auひかり「スタートサポート」最大3万円
  • ソフトバンク光「あんしん乗り換えキャンペーン」最大10万円

金額はソフトバンク光が10万となっているためほぼ確実に100%違約金を還元できるでしょう。auひかりも最大3万円なのでほぼ100%還元されます。

※違約金還元キャンペーンは手続きが必要なので注意してください。

これに加えてそれぞれキャッシュバックキャンペーンを展開しているので、いずれも乗り換えによって数万円お得に契約出来ます。

⇒auひかりのキャンペーンを見てみる

⇒ソフトバンク光のキャンペーンを見てみる

回線速度に悩んでいる場合の乗り換えは?

現在フレッツ系の回線を利用していて、「回線速度が遅い」という理由で光回線の乗り換えを検討している場合はフレッツ系以外の回線へ乗り換えることをお勧めします。

フレッツ系の回線とはフレッツ光及び光コラボレーション(ドコモ光、ソフトバンク光、so-net光等)です。

フレッツ系の回線は利用者数が圧倒的に多く、地域によっては通信トラフィックがひっ迫していてどうしようもない事態になっていることがあります。

この場合、NTTのフレッツ系回線以外(auひかりNURO光、電力系の光回線等)へ乗り換えるしか解決方法はありません。

特に関東の人口過密地帯にお住いの場合はauひかりやNURO光が選択できる可能性があるので一度エリアの確認をしてみてください。

それらの回線が利用できるエリアであることが条件となりますが、もしフレッツ系の光回線しか入っていなければ無制限のモバイルWi-Fiルーターを検討しても良いと思います。

WiMAXであれば電波環境が良好であれば安定的な動画くらいは十分期待できます。

関連記事:無制限で使えるポケットWi-Fiの比較とおすすめランキング

光回線を乗り換える際の注意点

光回線を乗り換える際には、いくつか注意しておかなければらない点もあります。

いざ乗り換える時に「忘れていた!」という見逃しがちなポイントがあり、思わぬ手間や出費がかかることもあるでしょう。

なので、無駄な手間や出費を回避するために、事前に注意点を確認してください。

違約金の支払いに注意

他社の回線に乗り換えるためには、現在契約している光回線を解約しなければなりません。先述した通りその回線が自動更新プランになっている場合は、違約金の支払いが発生する可能性があります。

フレッツ光やau ひかりなど大手の光回線の場合はほとんどが2年~3年の自動更新プランを適応しています。

例えば2年で更新されるプランの光回線を2015年の10月に契約したとします。その場合は、更新月となる2年後の2017年の9月であれば違約金を支払わずに解約できます。その月を過ぎてしまうと契約は更新されて、違約金が発生してしまいます。

違約金が発生しない期間は1ヶ月しかないので「気が付いたら更新月が過ぎてしまっていた」ということも少なくありません。

つまり、契約して2~3年後にやってくる「更新月」以外に解約すると、違約金の支払い義務が発生するということです、

できれば更新月に解約することをオススメしますが、早く解約したい場合や更新月を過ぎてしまった場合は上記でご紹介した違約金を還元してくれるキャンペーンを行っている光回線へ乗り換えるという方法がオススメです。

電話番号の引継ぎが出来ないことがある

光回線でネットだけでなく固定電話(光電話)を使用している場合は、電話の乗り換えもしなければなりません。NTT発番(NTTのアナログで発番した電話番号)なら、電話番号そのままで乗り換えをすることができます。NTT発番かどうかはNTTに問い合わせれば調べられます。

しかし光発番(ひかり電話契約時に発番した電話番号)の場合は、番号そのままで乗り換えできないので注意しておきましょう。

参照記事:光電話って必要?メリットとデメリット、必要性等解説

回線工事及び工事費が必要なケースがある

フレッツ系回線(フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光等)からフレッツ系回線への乗り換えの場合は回線そのものは同じなので工事が原則不要ですが、「フレッツ系からauひかり」、「auひかりからドコモ光」等の他社回線乗り換えの場合、再度新規開通工事が必要になる可能性があります。

その際原則工事費が発生しますし、屋内回線工事が必要であれば、立ち合いも必要になってきます。

乗り換えでキャッシュバックをもらっても工事費で3万円支払っていてはほとんど意味がないので出来る限り工事費も割引キャンペーンを行っている回線をお勧めします(※お勧めについては後述)。

光回線の乗り換えはスマホやWiMAXの乗り換えと違って少々手間が掛かるのがネックですね。

ルーターの再設定が必要

光回線の乗り換えをした後はルータを改めて設定しなければ、ネットに接続出来ません。

auひかりのように原則設定が不要な回線であれば問題ありませんが、基本的に初期設定が必要です。

再設定の方法はルーターによって若干違いがありますが、以下の方法を参考にしてみましょう。

参照記事:ねこでも出来る!フレッツ光等の初期設定から無線LAN設定まで解説

まとめ

光回線に加入する際に、よく考えずに契約してしまったという人は少なくありません。

今は様々なキャンペーンが行われているものもありますし、料金の仕組みも様々です。

乗り換えることで毎月の支払いをお得にすることも可能なので、今の光回線に不満がある方は乗り換えを検討してみましょう。

よりお得な光回線に乗り換えるには、今回ご紹介した「スマホセット割引」「乗り換えキャンペーン」の2つをしっかりチェックしておきましょう。

また、乗り換えで見忘れがちな「違約金の支払い」「電話番号の引き継ぎ」「ルーターの再設定」も忘れず確認してください。

乗り換えおすすめ回線ランキング(参考)

参考に申込キャンペーン重視で乗り換えにお勧めの光回線を3社ランキング形式で紹介します。

先述した通り光回線は原則スマホセット割引を適用させるとコストを大幅に落とすことが出来るのでお勧めですが、

「現在スマホは小容量のプランを利用していて(スマホセット割)割引額が小さい」

「格安スマホ、格安SIMを利用している」

「割引よりもとにかくキャッシュバックが欲しい

という方は以下の3つの回線がお勧めです。

auひかり by KDDI 最大50,000円

最大50,000円キャッシュバック!

auひかりは現在新規申込によって最も大きい特典を得ることが出来る光回線です。

 

キャッシュバック金額は以下の通り。

ネット回線のみ:43,000円

+光電話契約:50,000円

乗り換えの場合これに加えて最大3万円まで違約金の還元があります。

auひかりのおすすめポイント

auひかりは下記の4つの魅力があります。

1.他社乗り換えサポートで違約金最大3万円還元
2.初めてでも初期設定が簡単
3.auスマートバリューによってau利用者はさらにお得
4.初期工事費割引あり

auを利用していなくてもauひかりの月額料金は他社に比べて若干安いので乗り換えによって損をするケースはほとんどありません。

唯一のデメリットとしてはフレッツ光に比べてエリアが狭いため、場合によっては利用できないことです。

まずはこちらからエリアを確認し、下記からキャッシュバックを最大限に受け取りましょう。
詳細ページ公式ページ

 

NURO光  最大35,000円

月額料金の安さも魅力!

NURO光は申込特典として3.5万円のキャッシュバックを得ることが出来る光回線です。

また、月額料金が他社に比べて安いことも魅力の一つで、それが魅力で乗り換えを検討する人も多いです。

 

NURO光は回線速度も速く、月額料金も安い非常にコスパの高い光回線ですが、関東地方でしか利用できないためこの順位としています。

NURO光のおすすめポイント

NURO光はキャッシュバックの他に以下の魅力があります。

1.回線速度が速い(下り最大2Gbpsで国内最速)
2.月額料金が他社に比べて安い(4,743円)
3.初期工事費が実質無料
4.ソフトバンクモバイルとセットで割引あり

NURO光は乗り換えサポートはありませんが月額料金が安く、工事費も実質無料のため、トータルで見れば最もお得な回線であると言えます。

ただし利用できるエリアが関東地方のみとなっているため、それ以外のエリアでは利用することが出来ません。

現在関東にお住まいで、特に回線速度を重要視したい場合はNURO光が圧倒的にお勧めです。
詳細ページ公式ページ

 

ソフトバンク光 最大30,000円

キャッシュバック最大30,000円※

auひかりに次いでお勧めなのはソフトバンク光です。
(※ただしフレッツ光からの乗り換えは対象外です)

 

ソフトバンク光は現在光コラボレーション(フレッツ系の回線)としては最も新規申込特典が大きい回線です。

乗り換えの場合キャッシュバックに加えて違約金最大10万円還元を行っているので、お得に乗り換えることが出来ます。

ソフトバンク光のおすすめポイント

ソフトバンク光はキャッシュバックの他に下記の3つの魅力があります。

1.最大10万円まで他社違約金還元
2.フレッツ系光回線なのでエリアが広い
3.ソフトバンク利用者の場合「おうち割」によってさらにお得

ソフトバンク光はエリアが広いのでauひかりが入らないという場合は選択肢に入れましょう。

ただしキャッシュバック及び乗り換えキャンペーンはフレッツ光は対象外です。
フレッツ光以外(auひかりやケーブルテレビ、ドコモ光等)からの乗り換えの際に検討しましょう。
詳細ページ公式ページ

おすすめ光回線早見表

現状でお勧め出来る光回線を表にまとめました。

回線名 ホーム マンション キャンペーン等
auひかり 5,100円 3,800円 ・キャッシュバック最大50,000円
・auスマホ割引
・工事費実質無料
NURO光 4,743円 1.900円~2,500円
※導入数少
・キャッシュバック最大3万円
・ソフトバンクスマホ割
・工事費実質無料
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 ・キャッシュバック最大2.4万円
・ソフトバンクスマホ割
ドコモ光 5,200円 4,000円 ・dポイントプレゼント
・ドコモスマホ割引
so-net光 3,980円 2,980円 ・月額料金大幅割引
・auスマホ割引

上述した通り優先すべきはスマホとのセット割引です。

ドコモの場合はドコモ光しか選択肢がないのでドコモ光を選ぶことをお勧めします。

月額1,000円以上差が出てくることが多いのでキャッシュバックよりもスマホ割引を優先しましょう。

auの場合はauひかりとso-net光を選ぶことが出来ます。

現状でauひかりのキャンペーンが魅力的なので出来ればauひかりを選びたいところですが、エリアが対象になってないことがあります。その際はso-net光を選ぶようにしましょう。

ソフトバンクも同じようにNURO光とソフトバンク光を選ぶことが出来ます。

ネット回線そのものについてもう少し詳しく知りたい場合は下記ページも合わせてご参考ください。

自宅のインターネット回線の選び方と選ぶ際の注意点

ABOUT ME
itaru
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください