光回線

光回線をマンションで利用したい人向け!やるべき手順を丁寧に解説

光回線をマンションで使いたいけれど、設定や契約などがめんどくさい…と思っていませんか?

確かに光回線をマンションで使用したい場合は、いくつか確認する点があります。

ですが実際にはかなり簡単な手続きだけで導入することができます。

今回は、丁寧に解りやすく光回線をマンションで利用する手順をご紹介します。

「光回線を利用して自宅で安定した通信をしたい!」

「ゲームやネットを快適に使いたい!」

と考えている方は以下の確認項目や手順をチェックしましょう!

マンションが光に対応してるか確認しよう

まずはマンションが光に対応しているのか、管理会社や大家さんに確認しなければなりません。

光回線をマンションで利用する場合は、マンションの中に回線が引き込まれていないと使えません。

マンションに回線がある状態で、そこから契約をして改めて使えるようになります。

また注意しておきたいのが「光回線対応」と「光回線完備」の違いです。

「光回線対応」というのはマンション内には光回線が入っているということ。利用するには契約をして自分の部屋まで回線を引き込む必要があります。

「光回線完備」「インターネット完備」の場合はすでにプロバイダとの契約が済んでいる状態のことです。この場合は契約が不要でそのまま光回線が使えます。

マンションが「光回線対応」の場合は契約が必要になるので、以下の手順をチェックしていきましょう。

回線の種類は3種類

固定回線の種類は基本的に3種類あります。

  • 光回線方式
  • LAN配線方式
  • VDSL方式

 

現在の主流は光回線方式。光回線方式の場合は、ルータを壁のパネルにあるコードにつなげてもらう必要があります。これは基本的には業者にやってもらうことになります。

LAN配線方式は壁にある差込口にケーブルをつなげればすぐ利用できるので設定が簡単ですが、高級マンションや大型マンションなど限られた場所でしか導入されていません。

VDSL方式の場合も業者に接続をしてもらうのが基本です。
速度が遅いので今は少なくなっていますが、マンションによってはVDSLしか対応していないケースもあります。

マンションがどの方式に対応しているのかは、光回線のホームページにあるエリア検索でチェックすることができます。

光回線を選ぼう

マンションが光回線に対応しているかどうか調べたら、光回線をどの会社のものにするか選びましょう。

基本的には以下の項目を1.から順番に基準として選ぶといいでしょう。

  1. 携帯とセットでお得になるかどうか
  2. 月額料金が安いかどうか
  3. キャッシュバックが大きくお得かどうか

どの回線を選んでも速度にはほとんど差がありませんので、よりお得に利用できる光回線を選ぶことをオススメします。

特に携帯とセットで割引が適応される光回線の場合は、大幅に月額料金を下げることができるため、セットでお得になるものがあれば確認しておきましょう。

以下の記事ではお得な光回線についてご紹介していますので参考にしてみてください。

参考記事:光回線で最も安いのはどこ!?13回線の中からランキングと選び方を紹介

光回線の対応確認方法

色々な光回線がありますが、すべての光回線が使えるというわけではありません。

エリアによっては契約できない光回線もあります。

人気の光回線のエリアの確認ページは以下のとおりです。自分のマンションではどの光回線が契約できるのかチェックしておきましょう。

上記で挙げていないその他の「ドコモ光」「ソフトバンク光」等の光回線は「光コラボ」と呼ばれるもので、フレッツ光から回線を借りて提供している通信サービスです。そのためエリアはフレッツ光と全く同じになります。

お申込みから開通までの手続き

契約する光回線が決まったら、申し込みから開通までの手続き方法を確認しておきましょう。

①新規申し込みを行う

契約を決めた光回線のホームページから申し込みましょう。

電話でも契約可能ですが、ネットの専用フォームから申し込んだ方が簡単です。

必要事項を入力するだけでOKです。

②工事を行う

ネット申し込みをした後、工事が必要な場合は電話がかかってきます。そこで工事日を決めて業者に来てもらいましょう。

工事は部屋に入ってもらうため基本的には立ち会いが必要です。1時間くらいで終わることがほとんどなので、都合の良い日に工事をしてもらいましょう。

③機器の設定を行う

開通したら、パソコンのセットアップや機器の設定を行います。

工事が終わっても業者さんは機器の設定まではしてくれません。

有料でやってくれるケースもありますが、高額なので自分で設定をしましょう。

設定は簡単で以下の記事でも詳しくご紹介していますので確認しておきましょう。

>>ねこでも出来る!フレッツ光等の初期設定から無線LAN設定まで解説

マンションが対応していない場合はどうする?

光回線がマンション対応していない場合には以下の2つの選択があります。

  • 一戸建て向けの光回線を契約する
  • 無線タイプのインターネットを契約する

 

一戸建て向けの光回線を契約することができる場合がある

光回線はマンションタイプが対応していなくてもエリアさえ入っていれば一戸建て向けの光回線(ホームタイプ)を契約することが可能です。

ただし、

  • 物件そのものに回線の引き込み工事ができること
  • 物件の管理者の許可を取る

という2つの条件を満たす必要があります。

これらの条件を満たすことができればマンションタイプが対応していない物件でも光回線を利用することができます。

関連記事:意外と知らないネット回線のマンションタイプの選び方

無線タイプのインターネットを検討する

マンションタイプが対応しておらず、そもそもエリアが入っていなかったり回線工事ができない等の場合は無線タイプのインターネットを検討しましょう。

現在そのようなケースに備えてSoftbank Air(ソフトバンクエアー)等の据え置きタイプの無線インターネットが人気を集めています。

  • 寮や社宅でインターネットの工事ができない
  • 回線工事するにあたって管理者の許可が降りない
  • 頻繁に引っ越しするので回線工事に手間が掛かる

等の場合はソフトバンクエアーがおすすめです。

まとめ

光回線をマンションに導入するのはそこまで難しいものではありません。

比較的簡単な手続きで行えるので、いままで導入していなかった人は本ページを参考にして手続きをしてみましょう。

キャッシュバックキャンペーンなどお得なキャンペーンを実施している回線業者も多いので、チェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください