光コラボレーションの工事費

やさしくねっと.

フレッツ光の種類と光コラボレーションの工事費について

 

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

光コラボレーションがスタートしてドコモ光を筆頭に多くのフレッツ光ユーザーが光コラボレーションに転用しています。

私の自宅の光回線も去年yahooBB光withフレッツからIIJmioひかりに転用しました。

転用方法は下記ページに記載しています。

フレッツ光からIIJmioひかりに実際に転用してみたのでやり方とか解説

フレッツ光から光コラボレーションへの転用は基本的に工事が不要で初期費用がほとんど掛からず出来ますが、フレッツ光の種類によっては工事が必要で初期費用が掛かってしまうケースがあります。

本ページでは、フレッツ光から光コラボレーションに転用する際に、

「うちのフレッツは工事費掛かるの?」

という疑問にお答えします。


スポンサーリンク



フレッツ光の種類

フレッツ光は2000年頃から東西でサービスが開始されましたが、この十数年間でサービスがグレードアップし微妙にプラン、名称が変わっています。

サービスを年代別にまとめると下記表のようになります。

サービス年代名称備考
00年~12年Bフレッツ
(ファミリー・マンション他)
初代フレッツ光、12年に新規申し込み終了
既存ユーザーもネクストへ順次更新
2004年~光プレミアム
(ファミリー・マンション)
西日本のみ提供。
現在はほぼマンションのみの提供。
2008年~光ネクスト(ハイスピード)
(ファミリー・マンション)
現行種。現在利用者が最も多い。

これ以外にもライトプランがあったり、フレッツ光ネクストマンションプランの中にも「光配線方式」とか「VDSL方式」とかありますが、基本的に上記3つに大きく分類されます。

転用に工事費の掛かるフレッツ光

次に光コラボレーションに転用する際に工事費が発生するフレッツ光、発生しないフレッツ光について解説します。

光コラボレーションは基本的に現行機種であるフレッツ光ネクストに対応していなければいけません

つまりフレッツ光ネクスト以外のフレッツ光(Bフレッツや光プレミアム、ライトプラン等)は高い確率で工事費が発生します(各業者のキャンペーン等により無料になるケースもあります)。

工事費が発生するフレッツ光

工事費が発生するフレッツ光のプランを書き出すと、

    • Bフレッツ全般
    • 光プレミアム全般
    • 光ライトプラン全般

となります。

最も古いタイプのBフレッツを利用している場合、光コラボレーションに転用しようとすると必ず工事費が発生します。

光プレミアムの場合は転用する光コラボレーションの種類によって工事費が掛からない場合もあります。回線業者によって変わってくるので注意が必要です。

ライトプランも転用すると基本的に工事費が発生します。ちなみにほとんどの光コラボレーションにライトプランがないのでフレッツ光ライトから光コラボレーションへ転用すると通常の光回線となります。

工事費が発生しないフレッツ光

工事費が発生しないタイプのフレッツ光は基本的に現行の「フレッツ光ネクスト」のみです。

サービスがスタートした2008年以降は対応している地域から順に新規申し込みはネクストへシフトしているので2010年以降くらいに契約している人はほぼネクストだと思います。

ただ、マンションタイプは現在でも対応していないところもあるので最近契約した人でもネクスト以外であることが稀にあります。

フレッツ光ネクストであれば光コラボレーションへ移行する際、工事が不要なので事務手数料(2~3千円程度)で転用することが出来ます。

工事費はどれくらいか?

光ネクスト以外のフレッツ光は工事費が発生する可能性が高いわけですが、その工事費はどれくらいなのかというと、これもプランや契約する光コラボレーションの種類によって変わってきます。だいたいどこも似たり寄ったりですが微妙に金額が違っていたりします。

一例をあげると、BフレッツからOCN光へ転用する場合、工事担当者の訪問が必要な場合は7,600円、工事担当者の訪問が不要な場合は2,000円となっています。同じBフレッツでも契約した時期によって若干違いがあるため詳細な工事費は確認が必要です。申し込みの際に工事の有無及び工事費を教えてくれます。

参考:OCN光の料金・キャンペーン

まとめと補足

まとめると、原則5~6年以降に契約した「光ネクスト」であれば工事費は発生せず、それ以外だと工事費が発生する可能性が高いということになります。

現在利用しているフレッツ光がどのタイプなのかは契約時の書類や毎月送られてくる請求書等に書かれているので確認してみてください。

また、光コラボレーション業者に問い合わせすると工事が必要かどうか、工事に掛かる費用はどれくらいかを教えてくれるので分からない場合は問い合わせしてみてください。

 

スポンサーリンク



 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。