スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

光回線のエリアの調べ方。対応していなかった場合対策も紹介

 

自宅にインターネットを繋げてくれる光回線。今では広く普及し、ネット環境がない家庭の方が珍しくなってきました。

これから新居に住まう人や、いままでモバイル回線でまかなってきていたネット回線を光回線に変えよう、そう思っている方もいると思います。

しかし、いざ光回線に変えようと思ってもなかなか何をすればいいのかわからないものですよね。光回線にする場合、まずはエリアの検索が必要です。

この記事では、エリア検索の仕方について詳しく解説するとともに、もしも光回線のエリアが対応していなかった場合の対策を紹介していきます。

これから光回線を導入する人は、是非参考にしてください。

光回線のエリアは主に3種類

光回線として一番有名なのはフレッツ光ですが、現在ではそれ以外にもいくつもの光回線があります。ドコモ光、auひかり、NURO光、BIGLOBE光など...実は日本中に100種類以上の会社が光回線を提供しています。

しかし、そんな光回線もエリアに関しては以下のように大きく3つに分かれます。

  1. フレッツ光
  2. auひかり
  3. その他域限定光回線(NURO光、電力系等)

回線の種類はたくさんありますが、エリアはこの3つに集約されます。

ドコモ光やBIGLOBE光などはコラボ光と呼ばれる回線で、フレッツ光の回線を利用しています。フレッツ光の回線を利用しているので、当然利用可能なエリアもフレッツ光と同じになります。

そして、100種類以上ある光回線のうちの9割以上がこのコラボ光にあたるので、エリアでわけると前述の3つだけとなるのです。

フレッツ光の調べ方

まずはフレッツ光のエリアの確認方法を紹介します。下記のリンクから、フレッツ光東日本/西日本のサイトに飛びます。

両サイトともに「提供エリア検索」で郵便番号を入力して検索します。
※画像はフレッツ東日本のページです

そのまま住所を入力して進めると、戸建か集合住宅かを聞かれます。

回答すると、以下のような画面が出て利用の可否がでます。

対応していない場合や、詳しい調査が必要な場合は以下のような画面が表示されます。

 

auひかりの調べ方

auひかりのエリアはauひかり公式サイトから確認できます。フレッツ光と異なり全国共通です。

auひかりのサイトの「提供エリア検索」で確認していきます。

郵便番号と住居タイプを選択し、続く住所の入力や建物名の入力をしていきましょう。

対応している場合は以下のような画面が表示されます。

残念ながら対応していない場合は以下のような画面が表示されます。

その他地域限定回線の調べ方

それ以外の光回線もそれぞれ公式サイトからエリア検索することができます。

中部地方のコミュファ光ならコミュファ光の公式サイト、関西のeo光ならeo光の公式サイトから調べることができます。

 

ここでは関東地方で人気のあるNURO光のエリアの調べ方を解説します。

NURO光のエリアはNURO光のお申し込みサイトから確認できます。

NURO光のエリアは関東のみ対応でしたが、2018年1月下旬より東海・関西エリアでも利用が可能になりました。新しく拡大するエリアも検索できるので、確認してみましょう。こちらも同じく「エリア確認」から検索が可能です。

郵便番号・住居タイプ・建物名などを入力していくと、対応の可否が表示されます。下の画像は対応している時の表示画面です。

光回線のエリアが対応していなかった場合

エリア検索をしてみたけど、希望の回線に対応していなかった場合の対策を紹介します。よほどの田舎でない限り、なすすべがないということはほとんどありえません。できるだけ方法を探してみましょう。

auスマホなのにauひかりが対応していない

auのスマホを使っていて、auひかりを契約するとauスマートバリューという割引が受けられます。かなりお得なのでau利用者はまずはauを検討して間違いないです。

しかし、auスマホを使っていても無情にもエリア外になるケースは多々あります。

そんな場合はBIGLOBE光かSo-net光を契約しましょう。この2社はauひかりと同様、auスマホとセットにすることでauスマートバリューの適用が可能です。そしてどちらも前述したようにコラボ光にあたるので、フレッツ光のエリアと同じになります。

関連記事:ビッグローブ光の料金と特徴、評判等をまとめる

関連記事:auスマートバリューが適用されるso-net光コラボレーションの評判や料金の解説

ソフトバンクスマホなのにソフトバンク光が対応していない

ソフトバンク光もauひかりと同様に、ソフトバンクスマホとセットでおうち割というセット割が存在しています。しかし、ソフトバンクスマホを使っているのにソフトバンク光のエリアが対応外というケースもあります。

そんな場合、ソフトバンクエアーを検討しましょう。

ソフトバンクエアーは無線タイプの回線なので、電波が入る地域であれば工事不要で利用することができます。

⇒Softbank Airの詳細はこちら

どの光回線も対応していない場合

自宅にどの光回線も対応していない場合は、ポケットWi-Fiやソフトバンクエアーなどのモバイル電波を利用した回線を検討しましょう。光回線と比べて電波は安定しずらくなりますが、自宅にネットを通す手段として致し方ありません。

また、ポケットWi-Fiなどを利用する場合は光回線と違って外に持ち出しができるメリットもあります。

関連記事:WiMAXとsoftbankAirはどっちを選ぶべきか

まとめ

光回線を契約するためには、エリア検索が必要です。フレッツ光(東西)・auひかり・NURO光の3つのエリアを確認しましょう。

また、auスマホを持っているのにauひかりが対応していない場合はBIGLOBE光・So-net光。ソフトバンクスマホを持っているのにソフトバンク光が対応していない場合はNURO光を契約することで、セット割が適用されます。

どの光回線も非対応の場合はWiMAXなどのポケットWi-Fiや、ソフトバンクエアーを利用しましょう。

 

光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。