スマホやネットをお得に使おう

やさしくねっと.

ひかりテレビがオススメ?hi-hoひかりの料金やプランを解説

 

hi-hoひかり

NTTが光コラボレーションを開始して、多くの会社が参入してくる中、プロバイダ業者として多少知名度のあるhi-hoも光コラボレーションを開始しています。

hi-hoは格安SIM、格安スマホも提供していて同社が提供している格安SIMと光コラボレーションとセットでの割引サービスも有ります。

このページではそんなhi-hoひかりの料金や割引サービス、評判を解説していきます。

hi-hoひかりの概要

hi-hoひかりの料金プランはすごくシンプル。

    • ファミリーコース - 5,100円
    • マンションコース - 3,900円

※(価格は税別、以降登場する金額もすべて税別価格です)

hi-hoひかりはプロバイダ一体型なのでこちらの金額はプロバイダ料金込みとなっています。

ソフトバンク光やドコモ光等多くの企業の光コラボレーションのファミリータイプの料金が月額5,000円前後なので平均的な金額ですね。

結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

格安SIMとのセット割

格安SIMも取り扱っているhi-hoですが、格安SIMとセットで利用すると、若干ですがhi-hoひかりの月額利用料金が割引されます。

hi-hoの格安SIM「hi-ho LTE TypeD」と、光コラボレーション「hi-hoひかり」を契約名義人が同一であれば、hi-hoひかりの月額利用料金から毎月200円割引されます。

しかし複数端末契約をしても割引される金額は増えないようなので、注意してください。

割引金額もそれほど大きくないので、わざわざ揃える必要はないと思いますがhi-hoの格安SIMを利用していて他のセット割引き等が特になければhi-ho光で揃えればお得かなと思います。

という程度のレベルなのでまああんまり気にする必要はないかも…

hi-hoひかりのオプションサービス

hi-hoひかりには以下のオプションサービスがあります。

    • hi-hoひかり電話 - 500円/月
    • hi-hoひかりテレビ - 660円/月
    • hi-hoひかりリモートサービス - 500円/月
    • hi-hoウイルスバスター - 419円/月

これらのオプションも特に安いわけではなく、他社によっては無料だったりするものもあるのでオプション目当てで契約する必要もないかと思います。

hi-hoひかりテレビのみhi-ho特有のオリジナルサービスですがその中身は「BSデジタル放送全31chフル対応!(有料チャンネル含む)」ということで普通に有料放送を契約するよりはお得になりそうです。

※ただし対応していない地域も一部あるようです。

hi-hoひかりテレビの詳細はこちら

まとめ

料金、サービスについてまとめると、

    • 月額料金は平均的
    • 格安SIMとのセット割があるが、割引額が多くなくメリットは薄い
    • hi-hoひかりテレビは安くて優良。

以上のことからhi-hiひかりを契約するめりっとはhi-hoひかりテレビのみの一点と言えるでしょう。

それ以外であえて選ぶ理由はないかも…

現在BSデジタルを視聴していてNHKに毎月2000円とか払っているならhi-hoひかりにしてオプションでhi-hoひかりテレビ(月額660円)にした方がいいかもしれません。

hi-hoひかりの公式サイトはこちら

 

光回線 光コラボレーション 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。