フレッツ光

フレッツ光から転用するのはお得なの?メリットや注意点を解説

「フレッツから転用した方が安くなるって聞くけど本当なの?」
「そもそも転用ってなんなの?」

この記事を読んでいる方はそんな方ではないでしょうか。

さまざまな企業が光回線事業を展開しており、結局どこにしていいのか分からない、かといってやたらと営業してくる店舗の販売員や電話、自宅への訪問営業にうんざりしている方も多いでしょう。

結論からいうと、転用した方が安くなる方が多いです。

しかし、転用するにあたって知っておくべきこと注意点もあるのでこの記事では「転用」についてインターネットに詳しくない方でもかんたんに分かるよう解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも転用とは?他のコラボ業者に契約を移すこと

そもそも転用とは「フレッツ光の回線をそのままに、光コラボ事業者に切り替えること」です。

「光コラボ」とはフレッツ光の回線を利用してサービスを提供している業者の回線のことを指しています。

例えばドコモ光やSo-net光は「光コラボ」に分類されます。取り扱っている会社は異なりますが、回線そのものはフレッツ光のものを使っています。

普通の「乗り換え」の場合はフレッツ光を解約し他社に乗り換えるのに対して、「転用」の場合はフレッツ光を引き継ぐイメージです。

フレッツ光からの転用は追加工事や撤去は不要

前述のように、転用の場合はフレッツ光の設備をそのまま使うため、追加で工事する必要がありません。もちろん、撤去も必要ありません。

光回線の切り替えといえば「煩雑な手続きに面倒な工事」というイメージが強くありましたが、転用の場合は切り替え手続きのみで契約は完了です。

また、転用することで、光コラボで行われている新規契約特典やキャッシュバックが受け取れるというのが大きなメリットとなります。

転用先の企業のサービス特典でほとんどの場合お得に

回線が同じなので、転用する意味はあるの?と感じる方も多いと思いますが、光コラボで実施されている特典が得られるという点が最も大きなメリットになります。

フレッツ光よりも、各社の光コラボに契約を移した方が回線料金の割引サービスが受けられたり、スマホや格安SIMとのセット割引が受けられるなどお得になります。

ほとんどの人が転用をすることでお得になるので、月額料金を安くしたい、お得なキャンペーン特典を受けたいという方は転用を検討してみましょう。

ただし、中には高額特典を提示していながらも、実際にその特典を受けるにはオプションの加入が必要だったり、条件が限定的で受け取ることを困難にしているような悪徳業者もあるので要注意。

転用する際は優良代理店などの人気の高い業者を選びましょう。

関連記事:結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較

転用に違約金はかからない

通常、回線の乗り換えをすると違約金が発生することがあります。

ですが転用の場合は回線をそのままで移行するだけなので、違約金がかかることはありません

ただし、現在契約しているプロバイダが転用先で対応しておらず、使えない場合にはプロバイダのみを解約する必要があります。

プロバイダの違約金が発生してしまうケースもあるので確認しておきましょう。

注意!フレッツ光から転用する際に気をつけるべき5つのポイント

ここからは転用する際の注意点について解説していきます。先にまとめると、下記5点に注意が必要です。

  1. 転用で継続できないサービスがある
  2. プロバイダの違約金がかかる
  3. フレッツ光のポイントがなくなる
  4. 再びフレッツ光に戻すのは大変
  5. 店頭で手続きすると時間がかかる

継続できないサービスがある

転用した場合、フレッツ光で加入していたサービスのほとんどは継続されます

しかし、フレッツ光で利用料金を確認したり、支払いをするためのサービスについては転用と同時に終了することになります。

以下は、転用すると終了してしまうサービスの一覧です。

NTT東日本 NTT西日本
・フレッツメンバーズクラブ
・フレッツまとめて支払い
・フレッツ・マーケット
・光ソフト使い放題
・光 フレーム2
・光ステーション
・Club NTT WEST
・フレッツまとめて支払い
・セキュリティ対策ツール

プロバイダの違約金がかかることがある

転用しても違約金がかからないとご紹介しましたが、プロバイダが転用先で継続して使えなかった場合は解約する必要があり、プロバイダの違約金がかかることがあります

例えば現在、回線はフレッツ光・プロバイダはOCNを選んでいたとします。

So-net光に転用をした場合、So-net光は自動的にプロバイダがSo-netとなるので、OCNを継続することができません。

OCNは契約更新月以外に解約すると、戸建て向けプランで2,400円の違約金が発生します。

その他、各プロバイダでは2,000円~5,000円程度の違約金がかかることがあります。

ただし、インターネットから正規の代理店を通して転用の申し込みをするとキャッシュバック特典が受け取れるので、違約金を支払っても最終的にはプラスになる金額の方が大きくなることが多い。

違約金が発生する可能性がある場合は、特典が受けられるオンラインでの手続きを行うことをおすすめします。

フレッツ光のポイントは転用したらなくなる

フレッツ光を利用していると、フレッツ光メンバーズクラブなどのサービスで利用できるポイントが貯まります。

これは転用すると使えなくなるので、転用前に利用しておくようにしましょう。

再びフレッツ光に戻すのは大変

一度光コラボの業者と契約してしまうと、再度フレッツ光に戻すにはコラボ先での解約を行わなければなりません。

手続きが面倒になってしまうので、注意しておきましょう。

※2019年7月1日より再転用が可能になります
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/collabo_change/

ですが、光コラボはフレッツ光と比較して以下のようなメリットがあります。

  • 料金が安くなる
  • お得な特典が受けられる
  • 最新のインターネット接続方式であるIPv6接続に申し込めば高速通信ができる

フレッツ光に戻すことは大変になりますが、光コラボに転用するメリットの方が大きいといえるでしょう。

現在フレッツ光を契約していて料金や回線速度に関して不満を感じているなら、転用を検討することをおすすめします。

店頭で手続きすると時間がかかる

光コラボに転用する際は、ドコモ光やソフトバンク光などの大手キャリアのショップで手続きを行うことが可能です。その他、家電量販店で契約することもできます。

しかし店頭での手続きは待ち時間もかかりますし、追加で不要なオプションなどを勧められてしまうこともあります。

断るのも大変ですし、よくわからないまま契約してしまったという人も少なくありません。

契約をするのであれば、自分で不要なオプションは外すことができ、自宅に居ながら短時間で契約ができるネットを利用した手続きをおすすめします。

フレッツ光から転用するため手順

ここからは、実際に転用をする際の手順をご紹介していきます。

①転用承諾番号を発行する

まずは11桁の転用承諾番号を発行します。

NTT東西の公式ホームページからかんたんに発行可能です。

②光コラボ業者へ申し込む

発行した情報を元に、転用先の光コラボ業者から申し込みをします。

各光コラボの申し込みページから必要事項を記入して契約を完了させます。

③申し込みから2週間後に自動で切り替わる

問題なく移行できれば、最短2週間後に自動的に切り替わります。

工事不要なので申し込みが完了すれば後は切り替わるのを待つだけなので簡単です。

まとめ:転用はネットからするのがおすすめ

特典が受けられたり、月額料金が安くなるなどメリットの多い光コラボへの転用。

実店舗で転用手続きをすると様々な付加商材の営業をされることが多く、無駄に時間がかかるし、精神的にも疲れてしまいます。

そのため、転用を行うなら時間のかからないネット契約がオススメ

ネットで正規代理店から申し込めば、自宅から15分程度で済むのでかんたんに手続きが可能です。

追加商材の営業も受けることがないので、安心して契約が進められます。

人気の正規代理店は以下の記事で詳しくご紹介しているのでチェックしてみましょう。

結局どれがお得?人気光コラボレーション10社比較フレッツ光の卸売りによる光コラボレーションが本格的にスタートし1年余り経ちました。 現在私が把握するだけでも20社以上光コラボレー...