フレッツ光とソネット光の比較

やさしくねっと.

フレッツ光とso-net光の比較と乗り換えるメリットとデメリット

 

so-net光は人気プロバイダが提供する光回線ということもあって知名度が高く、利用者も多い回線です。

特にso-netを利用している人は光コラボレーション、so-net光への移行を勧められたことがあるのではないでしょうか。

「移行したほうがお得になるの?」
「月額料金や特徴が気になる」

と感じている方も多いのではないでしょうか。本ページでは現在フレッツ光を利用している人はso-net光に転用すべきかどうか、比較しながら解説します。

フレッツ光とso-net光の比較

So-net光はフレッツ光が提供している回線を利用してサービスを提供する「光コラボレーション」「光コラボ」と呼ばれるものです。

回線そのものはフレッツ光と同じものを使っているので違いはありませんが、提供している事業者が異なるため、サービス内容や価格には違いがあります。

フレッツ光とso-net光にはどのような違いがあるのかを詳しくご紹介します。

月額料金比較

まずは一番気になる月額料金を比べてみました。

回線名ファミリーマンションプロバイダ料
フレッツ光
(東日本)
5,100円3,450円
~4,450円
500円~
フレッツ光
(西日本)
4,310円3,030円
~3,920円
so-net光4,800 円
(通常5,700円)
4,000円
(通常4,600円)
無料(基本料に含む)

※フレッツ光は新規申込をした場合の現在の月額料金を表記しています。適用されている割引プランや利用状況によって変わってきます。

※so-net光の料金は長割適用後のものです。

⇒so-net光の公式サイトはこちら

転用キャンペーンが適応でso-net光の方が安くなる

So-netでは転用すると「So-net限定割引」という割引が適応されて戸建ては毎月400円、30ヶ月間割引されます。

割引の適応が終わる30ヶ月目以降は戸建ては5,200円となり、フレッツ光の方が月額料金は安くなりますが、フレッツ東日本の場合はほとんど変わりません。フレッツ光はプロバイダ料がかかることを考えると、割引適応が終わってからも合計金額はSo-net光の方が安くなります。

マンションタイプの場合は30ヶ月目までは毎月100円で月々4,000円、31ヶ月目~60ヶ月目までは毎月200円で月々3,900円となります。5年間も割引が続くのでお得です。

フレッツ光のマンションタイプは人数に応じて加入できるプランが違うため価格に幅があります。しかしこちらもプロバイダ料がかからないことを考えるとSo-net光の方が安くなるケースがほとんどです。

回線速度は同じ

前述したように、So-net光で利用している回線はフレッツ光と同じものです。

原則下り最大1Gbps(VDSLの場合100Mbps)です。

どちらも同じものを使用しているので、回線速度や回線の安定性も基本的には同じということになります。

ただし、So-net光はフレッツ光から回線を借りた状態でユーザーに提供しているので、利用者の数や時間帯によっては混雑して速度が低下してしまう可能性もあります。しかし基本的にはフレッツ光と同じく安定した高速インターネットが利用できると考えておいていいでしょう。

サービスもほとんど同じ

So-net光ではひかり電話やひかりテレビなどのサービスも利用できます。

フレッツ光で契約しているひかり電話を番号そのままで引き継ぐことも可能です。

ひかりテレビのサービスもフレッツ光と同じ「ひかりTVforSo-net」というサービスを利用できます。サービス内容・価格共にフレッツ光と全く同じです。

so-net光はso-netのオプションが利用可能

So-net光には、フレッツ光にはない独自のオプションサービスがあります。

・So-net光コラボテレビ…アンテナなしでテレビが視聴できるサービス
・24時間出張修理オプション…回線トラブルに24時間365日対応するサービス
・カスペルスキーセキュリティ…最大5台までインストール可能なセキュリティソフト
・So-net安心サポート…インターネットやパソコンの相談ができるサポートサービス
・So-netくらしのお守りワイド…水回り等生活トラブルのサポートサービス

それぞれ別途追加料金が必要ですが、使ってみたいオプションがある場合はSo-net光の方がより魅力的なサービスとなります。

so-net光の魅力はauスマートバリュー

So-net光の最大のメリットとなるのが、auスマートバリューが使用できるという点です。

auスマートバリューとは2017年9月からSo-net光で開始されたサービス。auスマホ・auケータイを持っている場合は最大で2年間月額料金から一定額が割り引かれるサービスです。

最大割引額はスマホ一台に付き2,000円

auスマートバリューの割引額は、最大で1台あたり月2,000円です。詳しい割引額は以下のとおりです。

モバイルプラン割引額
データ定額10/13/30(GB)最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額5/8/20(GB)
データ定額5/8(ケータイ)
LTEフラット
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

一般的なデータ定額5GBだと毎月1,410円割り引かれます。これが2年間続くと、合計で33,840円の割引に。さらに家族がauスマホを利用しているという場合は割引額が増えていくのでよりお得になります。

夫婦でauスマホのデータ定額5GBを利用しているという場合は2年間で67,680円もお得に。これだけでもかなりの節約ができます。また、3年目以降も月934円の割引が続くのでお得です。

フレッツ系の回線で唯一スマートバリューが適用される

以前まではauスマートバリューは「auひかり」や、中四国で提供している「ピカラ」など電力系の回線、ケーブルテレビ系の回線でしか利用できませんでした。

そのためフレッツ光の回線しか利用できない地域やマンションなどの集合住宅ではauスマートバリューが適応できませんでした。

そんな中、so-net光がスマートバリュースタートしたのでフレッツ系でもauユーザーがお得に利用できるようになりました。

フレッツ光からso-net光に転用するデメリット

ここまでメリットばかり紹介してきましたが、転用するデメリットもあります。

それはプロバイダをso-netしか選べないことです。

so-net光はプロバイダ一体型の光回線なのでプロバイダは当然so-netしか選ぶことが出来ません。

そのためこれまでフレッツ光でOCNやyahooBBを利用していた人はso-netに転用すると解約することになります。解約せずに契約したままにすることもできますが、月額料金は掛かるのでもったいないですよね。

なので例えばプロバイダから提供されているメールアドレス(@ocn.ne.jp、@ybb.ne.jp等)は利用できなくなります。ちなみにヤフーのフリーメールのメールアドレス(yahoo.co.jp)等は利用できます。

それ以外にもプロバイダ独自のサービスを利用している人は転用する際に解約しても問題ないか注意が必要です。

まとめ au利用者はフレッツ光からSo-net光へ転用するとお得

auスマートバリューが適応されるようになったことで、auユーザーならかなりお得に利用ができるようになりました。

どの回線を選んでも、一番割引額が高くてお得になるのはスマホとセットで割引されるスマホセット割といったサービスです。(ドコモなら「ドコモセット割」ソフトバンクなら「おうち割」など)

ご紹介したようにauスマホやケータイを持っていれば月最大2,000円が2年間も割引されますし、家族でauを使っているなら更に安くなります。

使用している回線が同じで速度やサービスもほとんど同じなので、auユーザーならフレッツ光からSo-net光へ転用するべきです。

フレッツ光からso-netへの転用は工事不要で簡単な手続きで出来るので手間も小さいです。

公式キャンペーンでキャッシュバックもある

公式ページから転用の申し込みをすると、以下のキャッシュバックキャンペーンが受けられます。

・ひかり電話同時申し込みで3,000円キャッシュバック
・毎月最大900円割引!

キャンペーンは終了することもあるので、お得に転用できるうちに手続きをすることをオススメします。

 

光回線 光コラボレーション    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。